Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の30件の記事

2008年8月31日 (日)

昨晩の会話

昨日は仙台一番町の三越前で,「がんばれ!栗原震災復興なのはな物産市」が行われた。行きたかったけど,2〜3日前から腰痛が始まっているので自重した。私の場合,腰痛は疲労・風邪のサイン。先週の2学期スタートダッシュがかなりきつかったので,そのせいか?

昨晩,aldoが夜に買い物に出たので,こどもたちは私とお留守番をして,寝ることに。

母親がいないことに慣れていないayuが,寝るときに大泣きした。「泣かないで我慢して寝ろ!」と冷たいお父さん。泣きじゃくるayuとお父さんの会話。

娘:お父さん、どうやったら泣かないで寝れるか分かる?


父:羊を数えると寝れるんだよ。羊の代わりにポケモンでもいいよ。

娘:羊が1匹,羊が2匹…泣きながら数えるのは難しいからお父さん数えてくれる?

父:いいよ,何を数える? 羊? ポケモン?

娘:羊。


その後,羊が1匹からはじめて,100匹目まで数えたところで止めてみたら,もう寝ていた。
羊を数えたの,何年ぶりだろう?

2008年8月30日 (土)

「国民の幸福度」ランキング

昨日,全国学力調査の話の中で,「全国幸せ度調査とか,全国人生満足度調査とか,そういうのがあったらちょっと見てみたい」と書いたのだけど,今朝,日経ビジネスオンラインを読んでいたら,「国民の幸福度」ランキングという話が出ていて驚いた。

本当にあるんだ!

「国民の幸福度」世界一はデンマーク、日本は97カ国中43位

デンマーク、「世界一の幸福国」に認定(日経ビジネスオンライン)

日本は経済大国でありながら,幸福度は低い。
さもありなん。
と私は思うが,皆さんはどうだろう。

デンマーク人の価値観を表す“hygge(ヒュッゲ)”という言葉の意味は,
「要は、ゆとりある穏やかな時間を過ごすこと。くつろいだり、食べたり飲んだり、パーティーをしたり、家族と過ごしたりなどをひっくるめた感覚」
とのこと。

ゆとりって大事だよね〜。
今の教育改革は「ゆとり教育の反省にたって」とかいうからね〜。

2008年8月29日 (金)

全国学力調査の都道府県順位

都道府県の上位下位、昨年と同傾向 全国学力調査

こういう順位の記事が出るたびに,右往左往させられる人が出るんだろうなあと,ちょっとかわいそうな気がする。

去年は秋田(全国1位)に何人の教育関係者が出張したことか。昨年と同傾向ということは,その出張は無意味だったのか。あるいは,効果が出るまで時間がかかるということか。

私は教員だけど,全国学力調査というのにはほとんど興味がわいてこない。全国幸せ度調査とか,全国人生満足度調査とか,そういうのがあったらちょっと見てみたいけど。

学力ってそんなに大事なんだろうか?
幸せな人生,満足できる人生にするためには,より高い学力が必要??

47人を1列に並べれば,1番目と47番目が出るのは当たり前。誰かがつくった問題を解く試験の善し悪しで並べ替えをすることで,なにかいいことあるのかな。そのためのお金を,もっと効果的に使うことはできないのかな。

2008年8月28日 (木)

読了「イーグルに訊け」

A_05イーグルに訊け
インディアンに学ぶ人生哲学
天外伺朗・衛藤伸之
飛鳥新社

 自然から切り離されて生きていることで生じるストレス。日本にはたくさんあると思う。インディアンの生き方,考え方は,昔の日本のそれに似ている。

 しっかり感じて,ゆっくり考える時間のない生活は味気ない…というよりそんな人生は生きているとは言えないよね。与えられた時間を,本当に大事なことに使いたい。

2008年8月25日 (月)

光とともに…

Hikari 仕事部屋を片付けた効果なのか,最近,2階で仕事をしていると,こどもたちが上がってきてじゃまをする。

今も,修学旅行の下見ビデオの編集をしようとしたら,taroが上がってきて,「光とともに…」の1巻を読み始めた。

先日,片付けの最中に,机の前に飾られていた戸部けいこさんのサイン入りの絵を見つけて,「これなあに?」と聞いてきた。「光とともに…」の第3巻の裏表紙になっている,じょうろを持つ光くんの絵だ。

「そこにある漫画を書いた人にもらったんだよ」というと,「有名な人?」と興味津々。前に児童館の先生がこの「光とともに…」を読んでいたのだそうだ。

taroは障害児教育フォーラムのオフなどで,自閉症のこどもたちと一緒に過ごしたことがあり,自閉症の子のことを体験的に知っている。普段,コミックをほとんど読まないtaroだが,この先どうなるんだろう。どこまで読むのか,どんな感想を持つのか,ちょっと楽しみだ。

2008年8月24日 (日)

fedhan20周年オフ

走って間に合った,終電の電車の中で書いている。

仙台パークビル地下1階の「自然食彩浪漫おしか」で、fedhan(障害児教育フォーラム)20周年オフが開かれた。

関東のメンバーを中心に21名が集まった。大人14名(大学生含む)、高等部2名、中学生以下5名。

先生に障害を理解されずに苦しい思いをした小学生の男の子が「このグループ、めちゃくちゃ楽しい!」と言っていたが、私もそう感じていた。

12年ぐらい前には,私もfedhanの仲間に会うのがとても楽しくて,名古屋,新宿,長野など各地のオフ会に参加していたものだ。ここ10年,書き込みはご無沙汰しているが、こうして久々にオフラインでつながると、また書き込みを始めたくなる。

2008年8月23日 (土)

冗長な説明

冗長な説明
fedhanの20周年記念オフに参加するために電車に乗っている。

仙台の普通電車のドアは、自動ではなくボタンを押して開け閉めする。冬に冷気をできるだけ入れないための仕組みだと思う。

で、ドアに貼ってあるその説明がこれ。

お降りの方は「開」ボタンを押してください。ドアが開きます。

なんか冗長じゃない?

「開」ボタンを押すとドアが開きます。

だけでいいと思うのだが。下に書いてある英語の説明は、

Push this botton to open the door.

なんだよ。これで必要十分。
不必要に長い文を読ませるのもサービスのうち?

残暑見舞い

Taro
曇りのち雨。今日も肌寒い。

今日は物置整理の続きと残暑見舞いづくり。
修学旅行の下見のビデオをまとめるつもりだったが,前から頼まれていた残暑見舞いを優先した。

写真を並べただけのお手軽作品だが,Photoshop Element で画像の切り抜きなんかもしていて,実はそれなりに手が込んでいる。画像は taro 用で,写真を入れ替えた別バージョンの ayu 用もある。送り先は学校,幼稚園と,以前お世話になった先生。それぞれ2〜3枚しか送らないのだが,手を抜かずに本気でつくった!!

2008年8月21日 (木)

すてぃじ仙台でランチ

すてぃじ仙台でランチ
すてぃじ仙台は、知的障害者通所授産施設。かりよんというレストランをやっている。

今日はシェフおまかせランチ960円(デザート・ドリンクつき)をいただいた。美味しい。

かりよんランチは500円。こちらも美味しそう。

PARCO MUSIC AUDITION

date fm のサイトで,アマチュアミュージシャンを対象としたオーディション・プログラムを行っている。

私が応援している「幹」(ジュジュ)も,最終審査にしっかり残った。現在,ウェブ投票が行われていて,勾当台公園で行われた夕涼みコンサートでの公開ライブの様子を見ることができる。クリックして見ることが,投票になるようなので,皆さんにも紹介する。

「幹」は,私が蔵王高校に勤務していた頃の生徒で,私のつたない生物の授業を一生懸命聞いてくれた一人である。在学中から抜群の歌唱力で文化祭の主要人物であった。

卒業後にも一度,文化祭に来てもらったことがある。私が文化祭の担当をしていたときで,私が電話で出演を依頼したら,二つ返事で来てくれた。

文化祭当日,昼休み時間にリハーサルをしたときの会場の空気の変化が忘れられない。「幹」が声を出した瞬間,それまで談笑しながら会場の整備をしていた文化祭実行委員たちの手が止まり,目と耳はステージに釘付けに。一瞬にしてその場の空気をかえる力を持っていると感じた。

文化祭のライブは30分という短いものだったが,涙を流す生徒も少なくなく,ライブが終わってからも「幹」のまわりにはたくさんの生徒が集まって感動を分かち合っていた。

そんな「幹」の歌声と曲を,皆さんにもぜひ聞いてほしい。

PARCO MUSIC AUDITION
MUSIC IS MY LIFE

2008年8月20日 (水)

粗大ゴミの自己搬入

Ca3a0135_2 仕事部屋の大掃除と,物置の大掃除ででた大量のゴミを WISH につめて,葛岡工場に自己搬入した。

WISH から次々と降ろされるゴミたち。今はゴミだが,それぞれ数年前や十数年前には,立派に活躍してくれた相棒たちだ。最後にかつての相棒たちに合掌。「ありがとう」。

降ろし終わって立ち去るとき,さびしい気持ちになった。

2008年8月19日 (火)

袋原中学校のリーダー研修会

袋原中学校のリーダー研修会に行ってきた。
5人のファシリテーターで,それぞれ9名程度のグループを担当。

午前2時間,午後2時間の短い研修ではあったが,充実した楽しい時間を過ごすことができた。

【生徒の感想より】

・協力の意味が分かり,楽しく活動できた。
・みんなで1つに協力できたことがすごいと思いました。誰かに手を貸すことで協力が生まれるんだと思いました。
・グループのみんなと兄弟みたいな関係でゲームをすることができて楽しかったです。どんな活動にも必要なことなので,次に生かしていきたいです。
・でんろくさんの積極的なところを見習いたいです。
・協力とは1人ではできないことを,みんなでやることだと思った。

ちなみに,でんろくさんというのは私のこと。今日は「でんろくさん」という名前で活動した。

生徒たちが書いてくれた感想からも,生徒たちがよく学んでくれたことが分かるが,オセロ紹介やフープリレー,スタンドアップなどの活動のあとの振り返りでも,いい言葉をたくさん聞くことができた。

2008年8月18日 (月)

久しぶりに仕事場で仕事

今日は,2階の仕事部屋の片付けをがんばった!
1日かけて,なんとか仕事ができるレベルに片付いた。

ayuが部屋に入ってきて…

「お父さんの部屋ってこうなっていたんだ〜。初めて見た!」
「お父さんの部屋のドアを発見! ドアもあったんだ〜!」

そういえば,ayuが生まれてから,この部屋を片付けたのは初めてだ。なにせ7年ぶりに片付けたから。

夕方から,さっそく明日に向けての準備をしてみた。
明日は,袋原中学校のリーダー研修会に呼ばれている。
楽しい学びの1日にしたい。

スイカと天ぷら

スイカと天ぷらは食べ合わせが悪いとよく言うが,「そんなの迷信でしょう」と昨日の昼食でその組み合わせで食べてみた。

そうしたら,てきめんに胃の調子が悪い。

そんなバカな…と思いながらも検索したら,こんな文章に出会った。

油の多い食物(天ぷら・うなぎ)と、
水分の多い食物(スイカ)を一緒に食べると、
胃液が薄まり、消化不良を起こすことがある。
胃腸の弱い人、特に下痢気味の人は、避けたほうが無難。

なるほど。そんなこともあるのかな。

なんでも梅学 うなぎと梅干し


ちなみにこの投稿は,文字の大きさ「大」で書いている。どうなるかな。

以前,このブログを見た方から字が小さいと指摘されたことがあった。いつも使っている Safari では文字の調整ができないのだが,FireFox で書いてみたら,そういうこともできるらしい。ブログを更新するのに毎回 FireFox を立ち上げるのは面倒な気がするが,まずは試しにどうなるか。


2008年8月17日 (日)

秋保温泉夏祭り

秋保温泉夏祭り
秋保温泉夏祭りに来ている。

お楽しみは金魚すくい、くじ引き。食べ物はたこ焼き、焼き鳥、牛串、焼きそば。

ホテルのお客さんも多いけど、小学校や幼稚園ののお友達にも会った。

夏休みの工作

月山弓張平オートキャンプ場で,毎年クラフトづくりをしている。
今年のtaroと私の協同作品がこれ。

Dscf7462

ロボット。
正面から見るとこんな感じ。

Dscf7465

車輪が6つついていて,それで動く(つもり)。

Dscf7464

いろんな作品が載っている本から,taroが作りたいものを選び,木材をいろいろ組み合わせて工夫してつくっていく。材料が違うので,本に載っているとおりにはできない。そこが楽しい。

つくっている最中,彫刻刀で左手の人差し指をグッサリ刺してしまった。taroではなく私が。刃物のケガは久しぶり。けっこう血が止まらなかったが,圧迫止血をしながらそのまま作り続けた。

山形県県民の海・プール「SPALL(スパール)」

Ca3a0129月山のキャンプからそのまま鶴岡に降りて帰省して,今日(というか日付が変わってしまったので,昨日),4日ぶりに仙台に戻った。

今回の帰省は雨にたたられたので,特に大きなイベントはなし。お出かけは,お墓参りと祖母(こどもたちには曾祖母)のショートステイのお見舞いと,プール。

プールはAldoの希望で湯野浜にある山形県県民の海・プール「SPALL(スパール)」に行った。ここには25mプール,流水プール,ウォータースライダーなどたくさんのプールがある。こどもたちはウォータースライダーに大喜び。休憩時間にはリラクゼーションプールというやや水温の高い温泉のようなプールで身体を温めることもできる。

25mプールでは,ayuがスイミングで習っているというジャンプ呼吸を初めて見た。水中に潜って床を蹴り,ジャンプして顔を出したらまた潜るというのがジャンプ呼吸。全然背が立たないところで楽しそうに,しかも自信をもってジャンプ呼吸をしているので,お父さんはビックリ!

しかも,ジャンプ呼吸をしながら話しかけてくる。
「お父さん!」…ブクブク…「ちゃんと」…ブクブク…「見ててね!」…ブクブク…
すごいな〜。

山形県県民の海・プールSPALL(スパール)

2008年8月15日 (金)

今日は何の日?

ソロモン諸島のガダルカナル。
ミッドウェー。
シブヤン海。
レイテ島。

と書いてピンと来る人はどのくらいいるんだろう。どれも太平洋戦争で死闘がくり広げられた場所である。今日は終戦記念日。

視点・論点 「鬼哭(きこく)の島」
写真家 江成常夫
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/10838.html

テレビのわざとらしさ

昨日,北京オリンピック男子平泳ぎ200m決勝で北島選手が金メダルを取った瞬間を見た。ちょうど外出中だったので,携帯のワンセグで。ワンセグ携帯がテレビとして役に立ったのは初めてだ。

それにしても,最近はスポーツ中継をテレビで観たいとはあまり思わない。スポーツそのものでないところで視聴者の心をつかみたいという意図が見え見えで,辟易させられるから。

試合前にさかんに盛り上げておきながら,実際の試合がフツーだったりして,欺されたような気分になる。特にボクシングとかバレーボールね。

そんな私の気持ちを代弁してくれるかのようなこの記事。

視点・論点 「スポーツ中継を考える」
関西大学教授 黒田 勇
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/10835.html

2008年8月14日 (木)

月山弓張平でキャンプ

Dscf7389月山弓張平オートキャンプ場で2泊3日のキャンプをした。

昨日まで2日間はいい天気だったのに,今日は朝から激しい雷雨。
雨のキャンプは久しぶりだ。

天気がどうあろうとチェックアウトは11時と決まっているので,雨を眺めてノンビリしているわけにはいかない。朝ご飯を食べたこどもたちを車に押し込み,土砂降りの中,撤収開始!

雨が小降りになるタイミングを見計らって,何度かに分けて積み込み作業。テントもタープも泥だらけなので,そのままでは車に入れられない。調理器具やランタンなどの小物を片付けた後,タープの中でテントを解体してゴミ袋につめ込み,最後にタープをゴミ袋に入れて車に押し込んだ。雨は音を立てて激しく降り続き,撤収作業が終わる頃には頭から足の先までずぶ濡れに。夏でホントよかった。

Dscf7394そんなわけで今日の午後は,泥だらけのタープとテントをお洗濯。物干し竿につるし,水をかけて泥と草を洗い流したが,半乾きになったところでまた雨にやられ,テントは室内で除湿乾燥。タープの乾燥はまた明日。

いや〜,雨のキャンプはたいへんだ!

キャンプの中身は,明日のウェブサイトで少し写真とともに紹介する予定。

2008年8月11日 (月)

「いのちを守る地震防災学」読了!

Ec_007 「防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション」の次に新幹線で読み始めた「いのちを守る地震防災学」を,今日,宮城教育大学の210番教室で読み終えた。

これら2冊の本は,扱っている内容がオーバーラップする部分が多く,それぞれ違った角度から述べられていて,参考になるところが多かった。

「いのちを守る地震防災学」では,地震発生からの復興過程を4つのフェーズに分類している。

フェーズ0 失見当期      地震発生〜  10時間
フェーズ1 被災地社会の成立期 10時間〜 100時間
フェーズ2 災害ユートピア期 100時間〜1000時間
フェーズ3 復旧・復興期  1000時間〜

そしてこの時間軸に沿いながら,地震時にいのちを守り,その後,社会基盤を回復させ,生活と仕事を立て直しながら街を復興させていく過程とそのために必要なことを丁寧に述べている。避難所に実際に掲げられたルール一覧も興味深い。

印象に残ったフレーズ。

・復興は,新しい現実の下で生きていくことを被災者が納得できたときに完了する。
・人々が外食できるようになることは復興のしるし。
・これからの地震防災にとっての急務は,震災という問題に対して主体的に取り組める人材を育成すること。

このほかにもたくさん覚えておきたいフレーズがあった。

この本は,初版が出た2003年に購入したものだが,読み始めるまでに5年もかかってしまった。

2008年8月10日 (日)

今日・明日は即席大学生

今日と明日は教員免許の認定講習で宮教大通い。
特別支援教育概論という講義を受けている。

大学に通って1日ずっと講義を受けるのは,午後の眠い時間帯もふくめて懐かしい感覚。

講義の中で,最近の大学生に WISC だったか WAIS をやらせると,動作性IQと言語性IQの差が30以上もあるような学生が増えてきたという話が面白かった。発達に偏りのある学生が増えているのかと思ったらさにあらず。

言葉の意味や読みを知らなかったり,一般的な知識を持たない学生が増えているということのようだ。例えば冤罪を「めんざい」と読んだり,原爆投下の日を尋ねられて「えーと,1961年だったかな」と言ったりするのだという。

新聞を読んだりニュースを見たりすれば,どちらも答えられるだろうと思うのだが,日本社会の共通の知識とか,共通の体験というものが,どんどんなくなっているということだろうか。そういえば,うちでも広島や長崎の平和記念式典の日に,テレビをつけたりしていないなー。「原爆って知ってる?」という話をちょっとしただけ。

2008年8月 9日 (土)

部屋の片付け

「片付ける」という生やさしい言葉では表現できないくらい散らかった仕事部屋。蔵王高校に赴任して以来7年近く散らかり続けていた部屋だから,物を出さないことには何もできない。

今日の午後,部屋から物を運び出し,掃除機をかけ,床を水拭きしたら,7年ぶりに部屋らしくなった。1階は粗大ゴミとたくさんのゴミ袋であふれんばかり。でも充実感がある。

捨てるものと捨てないものの選別をしていると,ふと過去の記憶がよみがえってきたりして面白い。

2008年8月 8日 (金)

読書 in 新幹線

読書 in 新幹線
往復の新幹線で、「防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション」〈クロスロードへの招待〉を読み終わり。

このクロスロードというアクティビティを、ぜひ宮城県にも広めて行きたいと思った。

昨日はお台場の日本科学未来館で翼竜展を見た。
今日は同じくお台場の船の科学館で、南極観測船宗谷の艦内を見学。ポケモンセンターで買い物をして、新幹線へ。

息子と父の2人旅。もうすぐ終わる。

2008年8月 7日 (木)

ASIMO登場

ASIMO登場
日本科学未来館に来ています。
ASIMOが来て走ったり踊ったり、いろいろ芸を見せてくれました。

タローは身を乗り出して見ています。

2008年8月 6日 (水)

クイックペイでゴミ袋買えず(セブンイレブン)

数年間放置して荒れ放題になっている自分の仕事部屋を急に掃除したくなり,近くのセブンイレブンにケータイひとつ持ってゴミ袋を買いに行きました。

私の携帯は,いわゆるおサイフ携帯で,クイックペイが使えるように設定してあります。クイックペイというのは電子マネーの一種で,設定した携帯電話をレジの端末機にかざすだけで支払いができるものです。実際の支払いは登録したカード会社からの引き落としになります。カードを使ったときにたまるポイントが,クイックペイでも同じようにたまるので,最近,コンビニや文房具店などクイックペイを使えるところでは必ずそれで支払いをします。

ところが,ゴミ袋を持ってレジに並び,いつものようにクイックペイで払おうとしたらうまくいきません。レジの店員さんが少し困った表情で「ゴミ袋はクイックペイで支払いができないようです」と言いました。「え,そんなことあるんですか?」と思わず聞き返しましたが,店員さんがレジを何度操作してもうまくいかないのです。サイフを持たずに行ったので,そのまま家に戻るしかすべはありませんでした。

徒歩で行って,徒労に終わるといったところです。くやしかったので家で調べてみると,確かに何でも使えるわけではないんですね。セブンイレブンのサイトのわかりにくい場所に,小さい字でこう書いてありました。

インターネットショッピングのお支払い、公共料金等のお支払い、切手/印紙/はがき、各種プリペイドカード、各種商品券、各種乗車券/回数券、映画券/前売り券/入場券、地域指定ゴミ袋/ゴミ処理券、nanaco発行手数料/再発行手数料/チャージ等はお支払いいただけません。

へ〜。
それにしても,もう少しちゃんとアナウンスしてほしいなあ。
しかたがないので,財布を持ってもう一度買いに行きました。

まあ,2倍歩いて運動になったからいいか。その後,1時間ぐらい掃除をして,部屋も少しは片付いたかな。なにしろ蔵王高校に赴任してから片付ける余裕もなくなり,床が1mmも見えていないような状態だったのです。もちろんそんな部屋で仕事などできません。昨晩は仕事部屋の床と久々に対面しました。

2008年8月 4日 (月)

Where the Hell is Matt? (2008)

Where the Hell is Matt? (いったいマットはどこにいるんだ?)というビデオをご存じですか?
ご存じない方は,まずこちらをご覧ください。

Where the Hell is Matt?

私はこのビデオが大好きで,iPod にも入れて持ち歩いています。その Where the Hell is Matt? の2008年版が出ていました。

Where the Hell is Matt? (2008)

これもさっそくiPodに入れました。

2008年8月 3日 (日)

電子辞書,大活躍!

Body
 青少年赤十字のリーダー研修会にタイの学生が参加するということで,集合場所の仙台駅前に一度荷物を置いた後,仙台駅東口にあるヨドバシカメラで電子辞書を買いました。

 購入したのはシャープの PW-M800 という機種です。定価が 36,750円のところ,売値が 11,800円。ポイント還元も含めると 9,830円となり,なんと7割引です。5年前に発売になった古い型なので安いのですが,英和/和英はもちろん,広辞苑,ことわざ,英会話,7カ国語旅行会話など22種類の辞書が入っていて,私には必要十分。同じように考える人が多いようで,この機種は今でもよく売れているそうです。

 昨日はタイの学生さんとの会話で分からない単語が出てきたときに,電子辞書を渡して入力してもらったり,こちらから話しかけるときに,例えば「よく眠れた?」ってどう言うんだろうと英会話辞典でしらべたり,とにかく大活躍でした。

 携帯電話を一回り大きくしたくらいのサイズで,持ち運びにも便利です。これを買ってしまうと,分厚い辞書を持ち運ぶ気にはなれませんね。


 

2008年8月 2日 (土)

クロスロードの感想(2)

今回は18名の生徒を3班に分けて活動を行いました。各グループの話し合いが終了した後に,それぞれの班からYES/NOの人数と話し合いの内容を発表してもらいました。

生徒の感想より。

各グループの意見をまとめ,グループの代表がそれを話しているとき,私はいろいろな考え方があることに気づかされました。私が思ってもみなかった考え方がたくさんあり,とても驚きました。「あ,なるほど」「そういう考え方もあるんだ」などたくさんの事を思いました。そのとき,人の意見を聞く大切さを改めて学びました。自分一人では絶対想像もつかない考え方を知り,良かったと思いました。

クロスロードの感想(1)

生徒の感想。

ワークショップでは、人それぞれ意見がいっぱいあり、同じイエスの答えでもなぜそう答えたのかが違っていて、他の人の意見にも納得させられることがたくさんあり、皆違うことを考えているのだと、改めて実感しました。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ