Twitter

最近のトラックバック

友人

« 修学旅行の仕事が佳境に。 | トップページ | BGMは Smoothjazz.com »

2008年10月14日 (火)

先生の内発的動機づけ

させられる仕事ではなく,自分がしたい仕事で学校が運営されていく。
学校は,当然そうあるべきだ。

生徒の主体性を伸ばす場所なのだから,先生が主体的に動いていないとだめでしょう? 主体的に働けない先生が,主体的に学ぶ生徒を育てられるわけがない。

そういう観点から見て,品川女子学院・漆 紫穂子校長の実践は実に刺激的だ。

人は変えられない、目標は伝わらない。
そんな時は“心のスイッチ”を入れましょう
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20081007/172941/

先日,うちの高等部でも,研究の話し合いで「主体的に学習する生徒の姿とは?」というお題で,小グループのディスカッションをしてもらったが,目指すところは一緒だと思う。与えられた研究主題ではなく,いかに自分の課題としてとらえてもらえるか。やらされる研究など時間の浪費でしかない。

« 修学旅行の仕事が佳境に。 | トップページ | BGMは Smoothjazz.com »

MAP(冒険教育)」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/42788338

この記事へのトラックバック一覧です: 先生の内発的動機づけ:

« 修学旅行の仕事が佳境に。 | トップページ | BGMは Smoothjazz.com »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ