Twitter

最近のトラックバック

友人

« ノーベル物理学賞 | トップページ | 十三夜…イブ »

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞と理科離れ

日本人のノーベル物理学賞・化学賞受賞者が4人もでたことで,最近の理科離れを嘆く記事が見られる。

新しい指導要領では理科や数学の時間が増やされるらしいが,理科離れ(理科嫌い)は授業時間のどうこうではなく,もう少し根本的な部分にあるような気がする。

・生活経験の不足
・じっくり感じたり考えたりする経験がない
・自然の不思議さや神秘さに感動する心(Sense of Wonder)が育っていない

 決定的なのは,生活経験の不足ではないだろうか。高校の理科で春や晩秋の移動性高気圧がもたらす霜の学習で,「寒い朝,車のフロントガラスに氷がつくよね…」と言ったときの反応の鈍さ。改めて問うと,見たことがないという生徒がいるのである。実際には見ているのに気づいていないのか,本当に見たことがないのか…。いずれにしても,寒い朝のフロントガラスの氷と言われても,ピンと来ないのだから,それが移動性高気圧のどうのこうの…と言われても,自分には関係のない話になってしまう。そんな理科が面白いわけがない。

Sense of Wonder

« ノーベル物理学賞 | トップページ | 十三夜…イブ »

教育」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

ひと言で「生活経験」と言っても,その中身は地域によっていろいろ違うんですね〜。曇ったガラス窓に絵を描くのは,日本全国どこでも同じですね,きっと。

私は,学力低下の原因が授業時間の多い少ないだという考え方を,あまり信用していません(根拠はないですが)。

>中学の自由研究で一緒に
>「葉脈標本」を作ったのは
>楽しい思い出です♪

きっとこういうところに,大切なことがあると信じています。

千葉では氷が付くのは珍しいですが
 水蒸気が冷やされてガラス窓が曇ると
 椎の実もtakaもいつも絵を描いてたな~と
 思い出します。

 takaが中学の時に総合学習の時間が増えて
 代わりに理科の時間が減らされ他教科も
 教科書が一番薄くなったらしいです。
 今になって「学力不足」と言われても困る
 のだけど・・・・・

 中学の自由研究で一緒に
 「葉脈標本」を作ったのは
 楽しい思い出です♪
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/42736846

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞と理科離れ:

« ノーベル物理学賞 | トップページ | 十三夜…イブ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ