Twitter

最近のトラックバック

友人

« アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状” | トップページ | 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 »

2008年11月13日 (木)

泉区社協のボランティア・ステップアップ講座:前半終了

今日の午後,泉区社協のボランティア・ステップアップ講座に呼ばれて,3時間のMAPの活動を行った。2回シリーズで今日が1回目。来週の木曜日に2回目がある。

参加者は19名。普段,いろんなボランティア団体に所属して活動している皆さんである。参加者のほとんどが60代〜70代。話をきいてみると,富士山に5回も登頂した人や,バイクで日本一周をした人,非行少年のサポート活動を30年もやってきた人などなど,皆さん豊富な人生経験をお持ちの方ばかりで,MAPの活動をやめにして「それで,それで?」と話の続きを聞きたい気持ちでいっぱいだった。

今日の活動は比較的高齢の方が対象ということで,普段のMAP活動とは違った配慮が必要だった。事前の話し合いで,走ったりジャンプしたりする活動はできないということは分かっていたが,いざ活動を始めてみると,膝の痛みのため座っての活動しかできない人がいたり,最初は大丈夫でも活動しているうちにだんだん腰が痛くなる人がいたり,こちらの想定以上に身体面・体力面で配慮を必要とした。

こちらとしてはある程度活動内容を計画して講習に臨んでいるのだが,そのままでは無理なことが分かり,イスに座ってできる活動に差し替えるなど,参加者の様子を見て構成を考え直し,修正しながら3時間の活動を行った。

活動そのものは,普段ボランティア活動をするなどアクティブな皆さんなので,とても積極的に取り組んでいただいて,今日のねらいは十分に達成できたと思う。帰り際に,何人かの参加者の方から「とても楽しかった」という感想をいただいた。

今日は「楽しい」活動をメインにしたが,来週はもう少し講座のねらいである「コミュニケーション」に切り込んでいく予定。そこでMAPの本当の魅力を感じていただきたいと思っている。参加者の皆さんの状況も分かったので,計画も立てやすい。

« アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状” | トップページ | 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 »

MAP(冒険教育)」カテゴリの記事

体験型学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/43104995

この記事へのトラックバック一覧です: 泉区社協のボランティア・ステップアップ講座:前半終了:

« アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状” | トップページ | 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ