Twitter

最近のトラックバック

友人

« 泉区社協のボランティア・ステップアップ講座:前半終了 | トップページ | 新聞記事の文章がこれでは… »

2008年11月14日 (金)

鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里

「ほぼ日」で,面白い連載記事が始まった。梅田望夫×岩田聡×糸井重里の鼎談だ。

第1回のテーマは「主体的に時間を使わない限り、人生はすぐに終わってしまう。」

常々,自分の人生は自分でプロデュースしたいと思っている。したくもない仕事に疲れ,家に帰ってテレビをつけて,誰かがつくった番組を見るだけで1日が終わるなんてまっぴらだ。

短い人生だからこそ,意味のある時間を過ごしたいと思うが,鼎談の中に出てくる「放っておくと「意味のあること」をずっとやり続けてしまいますからね。」という梅田さんのひとことにも頷かされる。

そう,意味のあることをしたいと思うと,一見ムダに思える時間を過ごすのがとても難しくなる。でも,それも実は意味のある時間だったりするので,人生はやっぱり難しい。

梅田望夫×岩田聡×糸井重里
適切な大きさの問題さえ生まれれば。
主体的に時間を使わない限り、
人生はすぐに終わってしまう。

« 泉区社協のボランティア・ステップアップ講座:前半終了 | トップページ | 新聞記事の文章がこれでは… »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里:

« 泉区社協のボランティア・ステップアップ講座:前半終了 | トップページ | 新聞記事の文章がこれでは… »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ