Twitter

最近のトラックバック

友人

« 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 | トップページ | 光明祭終了! »

2008年11月16日 (日)

新聞記事の文章がこれでは…

新聞や雑誌を読んでいて,ときどき赤ペンを入れたくなることがある。今朝もこの記事を読んでかなり違和感を感じた。

ブログで日本の国民性称賛 修学旅行で中国の高校長
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/11/2008111501000421.htm

結論を出だしの文で述べているところまではいいのだが,結論の中にある「共感が広がっている」の部分に関連する内容が,後の文章のどこにも出てこない。これではどのように「共感が広がっている」のかさっぱり分からないではないか。

記者が一番述べたいことが結論なのだから,結論を読んだ読者に疑問を感じさせるようでは作文として合格点はあげられない。

そもそも,結論の中に他と独立した内容が出てくるというのは,作文のレベルとしてはかなり低いぞ。

« 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 | トップページ | 光明祭終了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/43128322

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記事の文章がこれでは…:

« 鼎談:梅田望夫×岩田聡×糸井重里 | トップページ | 光明祭終了! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ