Twitter

最近のトラックバック

友人

« 光明祭終了! | トップページ | 視力が落ちたのはドライアイのせいだった… »

2008年11月16日 (日)

taroの学芸会

昨日はtaroの小学校で学芸会があった。私は光明祭と重なって見に行けなかった。

帰宅後にビデオ映像をパソコンに取り込み,iMovie で編集して保存版のムービーをつくった。夕食後に家族全員で鑑賞。行けなかった私も,楽しい行事を共有できた。

taroの役は王様。王様らしいマイペースな演技は,地でいっている感じで面白かった。クラスのみんなも声がしっかり出ていたし,役になりきっていて,見ていてなかなか面白い劇だった。

それにしても,学芸会の脚本から演出まで,担任の先生はたいへんだろうなあ。taroの劇を見て,私にはこんなふうに指導できないと思った。小学校の先生にならなくてよかった〜!

そんな話をしていたらayuが「え〜,○○小学校の先生になってほしかった。だって小学校に行けばいつでも会えるもん」と言った。自分が通う小学校にお父さんがいるとうれしいのだそうだ。幼い頃,お父さんと目が合うだけで泣いていたことを思うと感慨深い。

« 光明祭終了! | トップページ | 視力が落ちたのはドライアイのせいだった… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい,そのころのお父さんは余裕がなくて怖かったのです。生まれたのが,ちょうど前任校の高校に転勤したばかりのころで,娘が3歳ぐらいになるまでは休日のないギリギリの生活が続いていまして。

3年間で1日にちょっとも仕事をしなかった日が何日あっただろう…

だから,抱っこしていた記憶もありませんね〜。ホント,娘には可哀相なことだったし,私としてももったいないことをしたと思います。

今はどんなに忙しくても,仕事が重なっても,週末があるということが奇跡のようにうれしいです。娘にも本当のお父さんとして接することもできるようになったし。

でも,まだ「お父さんと二人で旅行に行こう」と誘うと,「お母さんがいい」と言われます。心底心を許しているわけでもないかな?

目が合うだけで泣いていたとは?

 人見知りがひどかったのか?
 お父さんが怖かったんでしょうかf^^;
じゃあ抱っこで移動中は「誘拐犯」に
 間違われそうな状態でしたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/43128483

この記事へのトラックバック一覧です: taroの学芸会:

« 光明祭終了! | トップページ | 視力が落ちたのはドライアイのせいだった… »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ