Twitter

最近のトラックバック

友人

« 「仕事はストーリーで動かそう」の川上徹也さんにコメントをいただく | トップページ | 仙台そば処 萬乃助 »

2008年12月23日 (火)

学ぶ意欲が低い国ほど高得点を取るというパラドックス

朝日新聞に面白いグラフが掲載された(12月14日付)。

学ぶ意欲、高得点の国ほど低く 国際調査で傾向を再確認
 ↑
こちらに掲載されているので,まずはグラフを見てほしい。

各国の中2生の数学の平均点を縦軸に,数学を「楽しい」と思う割合の関係を横軸にしてグラフ化したものだ。

グラフは見事に右下がり。左上の「高得点だが意欲は低いグループ」から右下の「低得点だが意欲は高いグループ」まで,各国が連続的に並んでいる。その中で日本の位置は左上の端に位置する。つまり,数学の平均点はトップクラスだが,「楽しい」と思う割合は最低ランクということだ。

このグラフからは,高得点で意欲も高いという国はなく,逆に低得点で意欲も低い国もないということも分かる。

高得点を取ることと,学ぶ意欲が高いこと,どちらかひとつしか選べないとしたら,どちらを選ぶべきだろう。

あるいは,それらを両立させるような教育はできないのだろうか。

« 「仕事はストーリーで動かそう」の川上徹也さんにコメントをいただく | トップページ | 仙台そば処 萬乃助 »

MAP(冒険教育)」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/43503196

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶ意欲が低い国ほど高得点を取るというパラドックス:

« 「仕事はストーリーで動かそう」の川上徹也さんにコメントをいただく | トップページ | 仙台そば処 萬乃助 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ