Twitter

最近のトラックバック

友人

« 体重変化 | トップページ | 今日の作品:消しゴム »

2009年1月23日 (金)

阿部恭嗣さんのブログをリンク

Dscf0622友だちリンクに,阿部恭嗣さんの「やすぐす君の心象風景アラカルト」を追加した。

阿部恭嗣さんは,筋ジストロフィー症という難病を患いながら,病院や行政に頼らない自立生活を行うことを通して,人間の尊厳や生きる意味を社会に訴え続けた方である。

話すことはできるが,首から下はほとんど動かすことができない。日常生活のほとんどに介助が必要。そんな恭嗣さんが仲間と自立ホーム「仙台ありのまま舎」をつくり,病院を飛び出して自立生活を始めたのが1987年。

私が恭嗣さんに出会い,夜の介護ボランティアに入ったのが大学院生だった1989年。友人と二人で毎週木曜日を担当した。

小澤夫妻

このエントリーに出てくる「Yさん」が私。

実際に介護に入った時期はとても短かったのだが,私の人生に大きな影響を与えた経験であった。

大学院を修了してからはお会いする機会が減っていたが,3年ちょっと前に奥様から体調を崩して入院したという知らせをいただき,息子を連れてお見舞いに行った。それがお別れのあいさつになってしまった。昨夏,天に旅立った。

秋に,恭嗣さんのブログの抜粋と関わりを持った方からのメッセージを収録した記念誌を送っていただいた。なかなかゆっくり目を通す機会がなかったが,今回のインフルエンザで時間ができて,読み終えることができた。

恭嗣さんといえば,普段はおだやかで,でもおやじギャグが得意で,ケッケッケと楽しそうに笑う姿が目に焼き付いているが,記念誌に収録されたブログ記事を読むと,人生をかけて激しく戦ってきた方なんだということを再認識した。

私も彼に育てられた一人として,恭嗣さんの想いを多くの人に知ってもらいたいと思って,自分のブログにもリンクをすることにした。

どの記事もおすすめだが,いくつか下にあげてみた。

自立を目指したK.Iの事・・・
明日に架ける橋〜O君の夢
アルハンブラ宮殿・・・
秋の夜長に・・・
占い・・・

ちなみに,最後のエントリー「チャコ!!」は,亡くなる数時間前の書き込みだ。最後の最後まで,自分と社会とのつながりを大切にしていた証だろう。

« 体重変化 | トップページ | 今日の作品:消しゴム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/43832339

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部恭嗣さんのブログをリンク:

« 体重変化 | トップページ | 今日の作品:消しゴム »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ