Twitter

最近のトラックバック

友人

« 絵に描いたような日本海低気圧型 | トップページ | アドベンチャー教育のすすめ(1日目) »

2009年2月14日 (土)

やめられないとまらない — iPhoto '09 の顔認識と撮影地

Apple の写真管理ソフト iPhoto '09 の顔認識機能については,こちらの記事「卒業前に9000枚の写真を整理—頼りになる iPhoto'09 の顔認識機能」で紹介した。

この顔認識機能は,卒業アルバムづくりでもたいへん役に立ったが,もちろんプライベートでも楽しく使える。taroとayuの顔を認識させた後,スマートアルバムで「taroが写った写真集」,「ayuが写った写真集」,「taroとayuのツーショット写真集」などを作成している。これらのスマートアルバムは,新しい写真が加わると,自動的にそれぞれの写真集に写真を追加してくれる。また,自動的に iPod のアルバムともシンクするので,iPod でそれぞれの写真集を閲覧することもできる。

さらに今回の iPhoto は,スライドショーの機能がとてもよくなった。こどもたちのスマートアルバムを,このスライドショーで見ていると,まるで専用ソフトでつくったようなスライドショーがすぐに始まる。顔認識機能がここでも生きているので,ズームアップしても顔がはみ出すこともない。BGMも気の利いた曲だ。(自分の曲ライブラリから選ぶこともできる)

顔認識機能と並ぶもう一つの新機能—撮影地—も楽しい。

写真が撮影された場所を地図で示してくれる機能だ。写真にGPS情報が埋め込まれていれば,自動的に表示されるし,撮影地を地図から入力することで,後から表示させることもできる。1枚1枚入力していくのはたいへんだが,アルバムをイベントごとに表示させ,イベント全体に撮影地を適用すれば,けっこう楽ちんに入力できる。

Snapz_pro_xscreensnapz001_2

Iphotoscreensnapz001

地図上にピンが増えていくと,自分が最近地球上のどの当たりにいたかがよく分かる。楽しくて撮影地の入力がなかなか止められないくらいだ。こうなると,GPS機能付きのデジタルカメラがほしくなってくる。

Apple's Eye
No.234 - iLife '09の体験レポート×Tips(前編)
家族や友達の絆を深める ~ やっぱりiPhoto '09はスゴかった!

[2009年2月13日更新]

« 絵に描いたような日本海低気圧型 | トップページ | アドベンチャー教育のすすめ(1日目) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/44054155

この記事へのトラックバック一覧です: やめられないとまらない — iPhoto '09 の顔認識と撮影地:

« 絵に描いたような日本海低気圧型 | トップページ | アドベンチャー教育のすすめ(1日目) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ