Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の37件の記事

2009年3月30日 (月)

NHK解説委員室ブログ:「教育に欠けているもの」

書きたいことがあるのだが,エネルギーがない。昨日の疲れが残っている。

今日は,その書きたいことに関連したブログ記事を,ひとつ紹介して終わることにする。

NHK解説委員室ブログ
視点・論点 「教育に欠けているもの」

文化女子大学教授 野原明さんの文章である。「真の学力」という言葉がでてくるところから,野原教授の立場を感じ取れる。

書いてあることには概ね同意できるのだが,記事の前半部分で紹介されている現代のこどもや親の実態に対して,処方箋が「自ら考える力や習慣を付けること」だけというのは少し物足りなかった。

私はもう一歩踏み込んで「だから,今の教育に必要なのは,社会性と情動の教育(Social and Emotional Learning)だ」という気がしている。

2009年3月29日 (日)

仙台へ

MAXやまびこで仙台に帰る途中。

チケットを予約したとき、びゅうの方に「お子様がいらっしゃるのに1階席しかお取りできなくて申し訳ありません」と言われたが、「こどもはあっという間に寝るのでまったく問題はありません」と答えた。

そのとおりの展開。楽しかった2人旅の夢を、見ているのだろうか。

お昼は桜の下で…

お昼は桜の下で…
弟夫婦と合流して、桜の下でお昼。

日差しがあって暖かい。

お休み処しえん。

東京タワー

東京タワー
とても混んでいるので、階段で…。

展望台より

展望台より
時間調整で世界貿易センタービルの展望台に来た。

東京タワーがよく見える。

2分で終了

2分で終了
買い物は2分で終了。10時2分には店を出た。

ポケモンセンタートウキョー

ポケモンセンタートウキョー
開店前からたくさん並んでいる。

今日、何かあるのかな?

朝食はすき家

朝食はすき家
朝、5時に起床。

7時半から始まるポケモンサンデーに間に合うように、すき家で朝ご飯。

今日はこれから2つまわる予定。

2009年3月28日 (土)

ホテルに到着

ホテルに到着
4時にホテルに到着。

ayuもいないし、おもちゃもないので「つまんない」と言いながら、ホテルのメモ用紙に、今日の日記を書いている。

大恐竜展

大恐竜展
目的地はここ!
国立科学博物館で開催中の大恐竜展。

混雑しているが、動けないほどではない。

お昼を過ぎても、taroは昼食どころではない!

2時間ぐらいじっくり見て、今、外に出た。

出発

出発
2日前に思い立って、インターネットでチケットを取った。

お父さんと息子の旅 2009 の始まり。

2009年3月27日 (金)

送別会

今日は、国際ホテルで、転勤する先生たちを送る送別会があった。

偶然にも、同じホテルの同じ階で、3つの養護学校の送別会が行われていて、ロビーはまるで同窓会のように盛り上がった。

私も、かつて10年ほど前に光明で一緒だった先生や、名取養護、蔵王高校で一緒だった先生たちと再会できて、とてもうれしかった。

2次会も楽しかったが、明日に備えて途中で帰ってきた。今、電車のなか。

転勤して、新たな環境でチャレンジする先生たち。体に気をつけて、教師という素敵な仕事を存分に楽しんでほしい。
そしてまた、いつの日か元気に再会しよう!

2009年3月24日 (火)

防災教育推進フォーラム

午後、年休を取って、夢メッセに来ている。今、防災教育推進フォーラムが行われている。

ワールド・ベースボール・クラシックが気になって集中できなかったが、無事優勝したので、気持ちを切り替えていこう。

2009年3月23日 (月)

ジュアン・レ・パンで送別会

今日は,仕事明けに,近くのフレンチ・レストランで学年の送別会があった。

教師の交流プログラムで岐阜県から来て,3年間うちの学校に勤務した先生が,任期満了でこの4月に岐阜県に帰られる。その先生との名残惜しいひとときを楽しむ送別会だ。

会場は学校からほど近い高台にあるレストラン「ジュアン・レ・パン」。美味しい料理をおなかいっぱい食べながら,大きな窓から見える仙台市街の夜景と,この1年苦楽を共にしてきた学年の同僚たちとの会話を楽しんだ。最後のデザートの写真をお裾分け。

Cimg0029 Cimg0024

会が終わって外に出ると,冬に逆戻りしたかのような冷たい風が吹いて,雪もちらちら舞っていた。気温2℃。でも心はホンワカ暖かい。

胃の調子を心配したが,今のところ大丈夫のようだ。

星を見下ろすレストラン ジュアン・レ・パン
ぐるなび レストラン ジュアン・レ・パン

2009年3月22日 (日)

大満足→DO YOU DREAMS COME TRUE?

Wf2008今日は1日,DO YOU DREAMS COME TRUE? のCDを繰り返し聴いて,一緒に付いてきた WINTER FANTASIA 2008 のDVDを見た。

この1年,発売されたシングルも買わず,ウェブサイトのプロモーションビデオも見ずに,ずっとずっとこのアルバムがでるのを待っていた。あ,でも実は GOOD BYE MY SCHOOL DAYS だけは,ついついレンタルで借りちゃったんだけどね〜。ドリカムのCDを買わずにレンタルするなんて,1989年以来20年ぶりだ。

そんなわけで,全12曲のうち,知っていたのは「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」と,青山テルマが歌った「大っきらい でもありがと」だけ。待った甲斐のある素敵な12曲たちに大満足。手を抜いた曲は1つもない。これこそドリカム品質。うれし〜い! 幸せ!

午後はDVDを見た。こちらは,昨年の冬に行われた WINTER FANTASIA のライブ映像。デビューした1989年にリリースされた2枚目のアルバム「LOVE GOES ON...」から,今回の20周年のアルバム「DO YOU DREAMS COME TRUE?」までに収められた曲の中から,冬に関連した曲を中心に構成されたライブDVDだ。

コンサートではアンコールで歌われた「雪のクリスマス」が,DVDに収録されていないのが,私としてはたいへん残念だったが,それでも見ている1時間半,ずっと楽しくてニコニコ笑顔で聞くことができた。吉田美和さんをはじめ,みんなとても楽しそうに演奏しているのがとてもいい。

私は特に,GATSとデュエットした「雪よ!大地よ!ファンピーよ!!」から,David T. Walkerの「Street Life」に続くところが,とても良かった。

それから,久しぶりに大好きな曲「おやすみのうた」を,映像つきで聴けたのもよかった。

「おやすみのうた」には,暗黒星雲について「新しい星たちが生まれるための暗闇」と歌う歌詞がある(→歌詞)が,これは本当の話だ。暗黒星雲というのは,濃い星間ガスが後ろの星の光を吸収してしまうために暗黒に見える場所で,その星間ガスが収縮すると,新しい星(太陽のような光る星)が生まれる。歌詞にあるように,天の川沿いに多い。

天文ネタというと,ドリカムの曲にはもう一つ,2012年に起こる金環食を題材にした曲もある。1990年にリリースされた3枚目のアルバム「WONDER 3」の最後の曲「時間旅行」がそれだ(→歌詞)。これも本当の話で,2012年の5月21日の朝に,日本の太平洋沿岸で金環食が見られる。ここ仙台でも,ちょっとずれて金環にはならないのだけど,太陽の9割以上が月に隠されて,かなり薄暗くなるはず。

日本で見る金環食 2012年

1990年にこの曲を聞いていた頃は,2012年の金環食なんて,ずっと先の未来の話のように聴いていたものだが,気づけばあと3年後ではないか! さすが20周年。ドリカムが20周年なら,私のドリカムファン歴も20周年だ。もちろん,これからもつづくよ。どこどこまでも。

3連休は療養生活(3日目)— 手づくりおひな様展

お昼前から雨が降り出した。

雨の中,近くの観光センターに家族でお出かけ。今日まで「手づくりおひな様展」が催されていて,その中にayuのつくったおひな様も飾ってある。

Dscf1889_2 Dscf1885 Dscf1888

雅やかな雰囲気。今年の干支のウシくんもいた。

Dscf1877 Dscf1875

ayuのおひな様も,かわいらしくできていた。

2009年3月21日 (土)

3連休は療養生活(2日目)— DREAMS COME TRUE ニューアルバム到着!

胃の調子は昨日よりやや良くなり,明確に腹が空くようになってきた。ayuも順調。

今日は1日ずっとMAPミーティングのまとめをしていた。WORDに録音した音声を聞きながら(Mac 版のWORDはこういうことができる),HTMLにまとめる作業。9時過ぎに始めて,お昼をはさんで5時頃までかかった。

その後,子ども会育成会の会則を入力する作業をしてみたが,さすがに目がかすんできて途中で挫折。今日は目を使うのは,このブログで終わりにする。

さて,目がダメとなれば,あとは耳。

Dydct今日は待ちに待った,DREAMS COME TRUE の20周年記念アルバムの発売日だ。佐川急便がお昼過ぎに持ってきてくれた。cd

DO YOU DREAMS COME TRUE?

前回のアルバムからこれまでに発売されたシングル3枚のうち,2枚を聞かずにがまんしてきたので,知らない曲がたーくさん詰まっている。うれし〜〜い。さっそく iPod に入れて,AKG K24Pmusicで楽しもう。

さらに,WINTER FANTASIA 2008 のライブDVDも付いているので,こちらは明日,目が元気になったら楽しむことにしよう。

うれしーなーcat

2009年3月20日 (金)

3連休は療養生活(1日目)

本当なら今日は3回目の夏油高原スキー場のはずだったのに…。

私が急性胃腸炎から快復中,ayuがインフルエンザB型から快復中,taroも胃腸炎が治ったばかりということで,この3日は家でおとなしくしていることになった。残念!

Dscf1862ayuは和室に隔離されて4日目。リレンザを処方されて熱はほとんど下がっているが,あと2日は隔離部屋でがまんしてもらう予定。暇そうなので,図書館からたくさんの本を借りてきて,さらに本屋さんでお勉強の本を2冊買ってあげた。さっそく,それらに取りかかっているところ。

私の胃腸は,今日になってかなり調子が良くなって,ちゃんと時間に腹が減ってくるようになった。もう少しかな。でも,ここでぬか喜びをしてたくさん食べてしまうと,また元に戻るんだよね。グッとがまんして,夕食も消化の良いものを少しだけ。

今日は,例によってDVDづくりをしていた。私が担当した学習班の1年間のビデオをまとめたDVDが完成した。さらに,幼稚園の卒園記念DVDも追加注文分を作成して,これで年度末のDVDづくりも一段落したと思う。

その後,来年度の高等部研究について,ちょっと考えていた。「生徒のチャレンジを引き出す授業づくり」というテーマで2年間の研究を行う。この研究は,光明養護学校の50周年に合わせた公開研究会で発表することになっている。「生徒のチャレンジ精神をこうして引き出せ!」と胸をはって発表できるような研究にしたい。

「教えて!斎藤さん」の記事にがっかり

この記事は「覚えておきたい言葉」のカテゴリーに入れることにする。このカテゴリーには,私が感銘を受けた言葉だけでなく,がっかりした言葉も入る。特に政治家の発言で気になることは,ここにまとめておきたいと思っている。今日は後者。

ちなみに私はつい最近まで行われていた『ゆとり教育』には正直、反対でした。世界をリードする日本にするためにも、科学技術やコミニュケーション能力を向上させるために、学校教育のレベルを上げる必要があると思うからです。(教えて!斎藤さん:2009年03月15日「17日夕方に雨 砂が混じる!?」より)

民主党から立候補する予定の斎藤やすのりさんは,東北放送のお天気キャスター(元)として宮城県内では有名な方だ。東北放送のお天気サイト「私立TBC気象台」には,私もたいへんお世話になったし,地学の教員としても勉強になった。政界に転身すると聞いたときは残念な気がしたが,それでもがんばってほしいなと思っている。

しかし,「ゆとり教育に反対だ」と言われると,ちょっと考えを改めなければいけないかも。

「学校教育のレベルを上げる必要がある」とのことだが,今の学校教育はレベルが低いということだろうか。斎藤さんの言う「教育のレベル」とはなんだろう。授業の難しさのこと? だとしたら,レベルを上げた結果,それについて行けなくなる生徒のことはどう考えるのだろう。

また,今はやりの「学力向上」の成果として,「科学技術やコミニュケーション能力を向上させる」ことができると思っているのかどうか,聞いてみたい。私は10数年後に「ゆとり教育」のほうがよかったとなるに違いないと踏んでいるのだが。

斎藤さんには,「学力向上」や「ゆとり教育」について書かれている「学力とは何か」(諏訪哲二)をぜひお勧めしたい。ちなみにこの本の帯には『学力低下は「ゆとり教育」のせいではない!』と書かれている。

「科学技術やコミニュケーション能力を向上させる」ために必要なのは,どんな教育だろう。私は,宮城県で取り組んでいるMAPが,かなり正解に近いのではないかと思っている。また,先日学んだ Social and Emotional Learning にも,希望を感じている。斎藤さんは,どんな教育を思い描いているのだろう。ぜひ聞いてみたい。

本当は,もう少しやんわりと,元記事にコメントをつけるつもりだったが,何度やっても「エラー」になってしまうので,自分のサイトに投稿して,元記事にトラックバックを送ることにする。自分のサイトに書いたら,とてもきつい書き方になってしまったが,トラックバックが削除されないことを祈ろう。

<追記>

・Social and Emotional Learning の効果について,ウェブサイトの本家「Sphinxのひとこと」に書いているので,合わせてご覧ください。→こちら

・また,引用した記事の本論の部分について—例えば「教育にもっとお金をかけるべき」「1クラスあたりの生徒数を減らし,先生の数を増やす」など—は大賛成であることを付け加えておく。

2009年3月18日 (水)

「iPhone 3.0」イベント

午前3時に目覚めてしまったので,午前2時から行われた「iPhone 3.0」イベントの後半部分を,リアルタイムでフォローできた。私の希望は4つあったが,今日の発表では,次のような結果となった。

◎ コピーアンドペーストの実装
△ パソコンにつなげてどこでもインターネットができるテザリング
? 日本語入力環境の改善(特に入力予測)
× Flash動画への対応

テザリングというのは,iPhone を経由して,いつでもどこでもパソコンでインターネットができるようにするというもの。これができるようになるなら,私にとって iPhone を購入する意義がたいへん高まる。しかし,OS側でサポートしても,キャリア(ソフトバンク)が対応しないとダメだそうで。現在各国のキャリアと検討をしている段階とか。ソフトバンクにはぜひ早急に対応してもらいたい!

アップル、「iPhone 3.0」イベントを開催--発表内容をライブカバレッジ

iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫

仙台胃腸クリニック

昨日,再び胃の痛みに襲われ,たまらず仙台胃腸クリニックを受診した。風邪にともなう急性胃腸炎という診断。クリニックで検温したときは36度7分だったが,帰宅後にもう一度はかったら7度台に上がっていた。

薬を飲んで早々に2階に上がり,ベランダにつづく窓から青い空を眺めているうちに寝てしまった。5時頃に寝て,先ほど3時過ぎに起きた。胃の調子は昨日より少しいいかな?

ただ,安静にしていると楽だが,少しでも動くと胃に響く。昨日は車の運転にも差し支えるぐらいの痛みだったし,昨日の朝食を最後に何も食べていないので,今日1日はお休みをいただくことにしよう。

以下,自分用のメモ。

食欲がないうちは食べない方がよい。食べなくても水分だけはとること。ポカリスエットなどのスポーツ飲料を温めて飲むとよい。薬も「食後」と書いてあるが,食べなくても飲むこと。

食べ物は消化のよい温かいものを食べる。辛いもの,油もの,冷たいものはダメ。

風邪なので,唾液の飛沫や便からうつる場合がある。トイレの便座を介してうつらないように注意。お風呂も入っていいが,同じ理由で最後に入ることを勧める。

(担当:目黒先生)

2009年3月16日 (月)

おやすみなさいzzZ

WBC。
日本がキューバに6−0で快勝。

WBCの特番が21時からあると知って楽しみにしていたが,眠気に勝てず,もう寝ることにする。岩隈もしっかり投げたということで,活躍を見たいのだが,もう電池切れ。

お休みなさい。
また明日!

2009年3月15日 (日)

1日断食してムービー4本製作

昨日の夕方から,胃がねじられるような痛み。昨日の夕食から今日の昼食まで,まる1日食事をとることができなかった。

胃も痛くエネルギーもないので,頭ははたらかず,難しいことはできない。それで,iMovie で動画の編集をすることにした。私が担当した班の学習の様子をまとめたDVDを作成するためだ。生徒たちはもう卒業してしまったが,修学旅行のDVDなどをつくっていて卒業までにつくることができなかった。完成したら郵送する予定。

今日は,

・日本茶をいれてお客様をおもてなしする
・よい香りのする手作り入浴剤づくり
・空き缶2本でご飯を炊くサバメシとラーメンづくり(防災調理)
・フィットネスクラブで運動体験

の4本をつくった。フィットネスクラブは動画撮影禁止だったので,スタッフにデジカメをあずけてとってもらった画像を FotoMagico でスライドショーにした。

これで1年分の素材はそろったな。次に時間ができたときに,DVDにまとめよう。

胃のほうは今日の夕方に痛みがほぼおさまり,夕食はおにぎりとポトフを食べた。taroも昨日から同じように胃の痛みと嘔吐でダウンしているので,なにかウイルス関係だろうか。

家内制手工業で,DVDの大量生産!

Dscf1844
昨日は朝から晩までDVDづくりに追われた。

・修学旅行DVD…2枚組を22セット(引率教員分)
・卒園記念DVD…1枚もの13セット(担任と希望した保護者分)

DVD−Rに焼いて,レーベル面を印刷し,DVDケースのジャケットを印刷する…と字で書くとどうってことないんだけど,実際にやるとけっこう時間がかかる。DVDーRに焼く作業と,レーベル面を印刷する作業と,印刷済みのジャケットの余白を切り取る作業を同時並行で進めているのに,それでも丸一日を費やした。

完成したDVDが机の上に積み上がっていくのが,とてもうれしくて充実感がある。思い出の品として何度も見てくれるなら,この苦労も報われる。幼稚園の卒園記念DVDは,「1000円でも2000円でも買う!」と言ってくれた保護者もいてうれしかったが,ほぼ材料代の300円でお分けする。

ところで,パソコンでつくったムービーをDVDで見られる状態にするために,レンダリングという作業を行う。かなり時間のかかる作業だが,普通は2〜3時間もあれば終わる。ところが,卒園記念DVDは,そのレンダリング作業に12時間もかかった。謝恩会で使った映像に加えて,3年間の生活発表会のビデオも収録して,収録時間が長くなったのがその理由。前日の夕方からやり始めて,寝ている間もずっと続いて,朝起きて見たらまだ終わっていないので驚いた。

おつかれさま>MacBook Pro。

自民・笹川総務会長のことば 2009.3.14

今、うつ病で休業している先生がたくさんいらっしゃる。国会議員には1人もいない。そんな気が弱かったら務まりませんから。

知識と知恵が両方ないと、苦しい時に我慢できない。ばたっと突き当たるともう駄目になっちゃう。

礼と節をわきまえ、親孝行できるお子さんをつくってほしい。先生自身に国旗も、国歌も認めないなんて言われたら、国の基本が成り立たない。

笹川 堯(ささがわ たかし)Wikipedia

うつ病は気が弱いから? 自民・笹川総務会長が発言


---

・民主党の永田寿康前衆議院議員や自民党の松岡元農水相は,うつ病じゃなかったのかな。

2009年3月14日 (土)

卒園式

昨日はayuの卒園式と謝恩会。

Dscf1728_2 Dscf1797_2

ayuは証書授与のトップバッター。とってもニコニコして心の底からうれしそう。幼稚園に入りたての頃は,行きたくなくて毎日毎日泣いていたのに,いつの間にか泣かなくなり,たくさん友だちもできた。休みの日より幼稚園がある日のほうがうれしいというくらい,幼稚園に行くのがとても楽しくなってよかったね~。

Dscf1661本人は卒園するさびしさより小学校に入学できる喜びでいっぱいだが,親はやはりさびしいかな~。taroから通算して6年間つづいた幼稚園生活が終わってしまうというのは。この幼稚園はまわりを山と畑に囲まれていて,園庭から周りを見渡しても人工建築物がほとんど見えない。自然いっぱいの森の中の幼稚園で,こどもたちは遊び尽くした。モンテッソーリ教育や英語教育といった主義主張のまったくない,昔ながらの教育だったことも私にはよかったな~。幼稚園時代はみんなと遊びたおすことこそが,学ぶことだと思うから。

卒園式後に会場を市民センターに移し,担任の先生をお招きして謝恩会を行った。「幼稚園生活のビデオ」と「幼稚園のこれはなんでしょうクイズ」,それから「先生方からのメッセージ」,歌「きみとぼくのラララ」は私が担当した。器材をセッティングしたり音響の調整をしたり,ディレクター兼アシスタントディレクターの気分。幼稚園生活のビデオは15分もあったので,こどもたちは飽きていたが(どんな生活か知ってるもんね),保護者と担任の先生には喜んでもらえたようだ。

ところで,謝恩会で担任の先生の出身高校を聞いたら,なんとaldoの後輩であることが判明。高校生活は97年から2000年までというから,私たちがその高校の近所で暮らしていた頃と重なる。けっこう近いところにいたんだな~。最後の最後で担任の先生への親近感もグッと増した卒園の1日だった。

新型 iPhone 6月発売か?(加筆)

最近,「iPhone 6月」という検索語でこのページを見に来る方が増えている。あまりたいしたことを書いていないので恐縮だが,せっかく来てくれた方に iPhone 情報を少し…。

【春のiPhone特集(1)】安く買って便利に使う! 後悔しないiPhone購入術
iPhone電池切れ、いざという時のお助け
Life is beautiful: iPhone OS 3.0 に関してひと言

iPhone はまだ持っていないが,自分の中では買うことは決まっていて,あとはタイミングの問題。

いろいろなサイトを読んでいると,現状ではまだ自分の要求する使い勝手にはなっていないようで,次のバージョンアップの内容を見て考えたい。3月17日に「iPhone OS 3.0」のプレス向けスペシャルイベントが開催される見通しで,ここでなにが出てくるか興味を持っている。

・コピーアンドペーストの実装
・パソコンにつなげてどこでもインターネットができるテザリング
・日本語入力環境の改善(特に入力予測)
・Flash動画への対応

私としてはこのあたりを要求したいところだ。無理な注文かもしれないが,iPhone が au にも対応して,さらに緊急地震速報にも対応してくれれば言うことなし!

3月にスペシャルイベントが開かれるということは,6月頃に新しい iPhone が出てくる可能性が高い。ソフトバンクの「iPhone 0円キャンペーン」が5月いっぱいというのも,その期待を裏付ける。今すぐほしい気持ちをグッと抑えて,まずは17日のスペシャルイベントを楽しみにしていよう。

2009年3月12日 (木)

今日が最後の5時からオトコ—Keynoteでクイズ

Quiz
今週はずっと5時から全力中年だったが,それも今日が最後。

幼稚園のいろんな場所を拡大撮影した写真をつかって,「これはなんでしょうクイズ」を作成中。クイズの難しさをどの程度にするかが悩みどころだ。

使っているソフトは Keynote '09。クレヨンで書いたようなフォントを使って,幼稚園らしさを出してみたがどうだろう。このフォントはあくび印のサイトからいただいてきた「くれよん」というフォントだ。

ちなみに,画像の「ふたばようちえん」というのは,野原しんのすけの通っている幼稚園の名前で,ayuの幼稚園は別な名前である。

2009年3月10日 (火)

5時からオトコ

今週末のayuの卒園式に向けて,3つのムービーをつくってDVDにまとめる作業をしている。

卒園式のあとの謝恩会(のようなもの)で上映する,幼稚園の1日をまとめた15分もののムービーと,謝恩会にいらっしゃらない先生がたからのメッセージと,会でみんなで歌う歌のビデオだ。

そんなわけで,今週は毎日5時からオトコ。日中に出し惜しみしたエネルギーを,帰宅してから全開にしている。昨日は深夜1時までかかって15分もののムービーを仕上げた。今日は残り2つができあがった。今,3つめのムービーのレンダリング作業中。

これら3つを,明日1枚のDVDにまとめて完成。最近こんなことばっかりやっているので,仕事なのかなんなのか,わけが分からなくなってきた。…とりあえず寝ようと思う。

岩隈って…。

テレビ観戦をすると負けるというマーフィーの法則なんてあったっけ?
応援しているチームの中継を観れないときは勝つのに,テレビを観て応援するとよく負ける。それって私だけかなぁ。

それはさておき,昨日の朝食時の会話。私が「今日はWBCで岩隈が投げるから,テレビを見なくちゃ!」と言ったら,ayuがおそるおそる聞いてきた。

「イワクマってさぁ,人間なんだよね?」

しばらく意味が分からなかったが,「イワクマ」をクマの一種だと思っていたらしい。

ayuの久々のおもしろ発言をさっそくメモ帳にメモっていたら,ayuが「書くな〜angry」と怒り出した。育児って楽しい!

2009年3月 9日 (月)

おくりびと

おくりびと

おくりびとを見に、ザ・モール仙台長町のMOVIXに来ている。
予想外の混みぐあいに驚いた。

2009年3月 8日 (日)

卒業式練習とビデオの振り返り

Dscf15913月6日(金)に無事卒業式が終わり,昨日は保護者のみなさんと国分町で遅くまで飲んでいた。飲み会から一夜明け,やっと少し冷静に振り返られそうだ。

卒業式というのは,それまでの学習の成果(成長)を見せる場でもあると思う。今年の卒業生は,いろいろな事情で学校に来れなかったり,学校で過ごす時間が限られている生徒が少なくなかった。直前にインフルエンザが流行ってしまったこともあって,式当日になるまでみんな参加できるか不透明な状態だったが,当日は全員,壇上で卒業証書を受け取ることができた。全員が式に参加できたというのは,3年間(あるいは12年間)の生徒たちの成長の証だと思う。

最後のホームルームで保護者のみなさんからいただいた言葉からも,生徒たちの成長を感じ取っていただいたことがよく伝わってきた。
「息子が誰の付添いもなく1人で証書をもらいに行ったのは初めてでうれしかった」
「小中高と3度目の卒業式で,初めて卒業式というものに参加できた」
「隣の友だちが息子の世話をしてくれている様子が,いい雰囲気だった」

この卒業式に向けて,毎日毎日練習をしてきたわけだが,うちのクラスでは保護者席にビデオカメラを設置して毎日の練習を記録し,できるだけその日のうちに見直して,翌日の練習に向けてがんばることを焦点化した。証書をもらうときの動きや呼名に対する返事の声の大きさ,修礼,在校生や保護者に向いて歌っているときの自分の表情など,それぞれ自分の視点でビデオを見て,「明日はまわれ右を間違わないようにする」とか「返事をもっと大きな声でしよう」と,それぞれが次に向けての目標設定をした。そして次の日にそれをやってみて,またビデオを見てちゃんとできたかどうかを確認した。

今までは,担任が見て気づいたことを生徒たちに伝えて,今日はよかったよとかまだダメだよとか言うような指導だった。おそらくそれがよくある学習風景だと思う。そういうやり方では,生徒は「教えられ,評価される」立場だ。

でも,一手間かけてビデオ撮りをするだけで,生徒は「自分で気付き,目標設定をして,自分で評価する」立場に変わる。これが,学習に取り組む主体性を引き出すと,今回やってみて強く感じた。

ビデオは三脚に固定して撮りっぱなしで撮影する。練習全体を撮影すると1時間ほどの記録ができるが,振り返りでは早回しをして要所要所を見直すので,長くても20分あれば終わる。ビデオでの振り返りというと,行事のあとの事後学習などでは多用されていると思うが,事後学習の場合はそれを次に生かすという機会がない。むしろ事前学習の中でこそ,ビデオを活用する意味があるなあと思った。

2009年3月 7日 (土)

2日続けて最終電車

昨日と今日、2日続けて最終電車になった。

昨日は3学年の担任の打ち上げ。今日は保護者(と生徒たち)との飲み会。2日とももっと飲みたかったのに、最終電車の時間が来て、飲み会を途中下車した。

担任同士で飲むお酒も美味しいが、お母さんたちと飲むお酒は格別だ。

お母さんたちが楽しそうに飲んでいるようすを見ていると、うれしくなると同時に、なんだかジンとくるものがある。普段の大変さの一部を知ってているからだろうか。

修学旅行のDVDを作ってくれてありがとうということで、プレゼントまでいただいてしまった。

次は、成人式のときに、またみんなで集まれるかな…。成人した生徒たちに会って、またお母さんたちと、そして今度は生徒たちとも飲めるといいな。

太陽にあたれない兄弟 - ポルフィリン症

卒業式は無事に終わったが,まだボーッとして気持ちの整理がついていない。落ち着いたら,ここに書けるだろう。

気が抜けたまま asahi.com を読んでいて,この記事に目がとまった。

病気で黒ずきん姿の高校生へ警官「お前はタリバーンか」

ポルフィリン症という聞き慣れない病名。検索してみたら,TBSの報道特集NEXTで1年前に特集されていた。

太陽にあたれない兄弟 - ポルフィリン症 (2008/1/6 放送)

私も米子署の警官のように,この病気のことについてまったく知らなかったので,もし街中で出会ったらビックリしただろう(「お前はタリバーンか」とまでは言わないにしても)。でも,今回幸いに知識を得ることができたので,これから出会っても驚くことはないと思う。たったひとつの知識のあるなしで,ずいぶん心構えができるものだ。

病気による生活上のたいへんさに加えて,他人からの視線にも耐えなければいけないというのでは,特に思春期のこどもたちには厳しいだろう。1人でも多くの人がこの病気についての知識をもって,街で出会っても,特に意識しないで共存できるような社会になるといいなと思った。そんなわけで,「おすすめサイト」のカテゴリーに入れて置くことにする。

2009年3月 5日 (木)

明日,卒業式!

明日が卒業式。

ここ数日,明日の卒業式に間に合わせようと,スライドショーのDVDを必死でつくっていた。この期に及んでまだそんなことをするのか…と自分でも思ったが,月曜日に学校へ向かう車の中で,バラバラなイメージがひとつにまとまってしまったのだ。

今日撮った写真も加えて,帰宅後にレンダリングとDVDのライティングを行った。レーベル面のプリントとDVDジャケットの印刷も終えて作業完了。卒業式に間に合った!

ところで,明日本当に生徒たちが卒業してしまうのか,まだ半信半疑だ。体育館の準備も終わり,教室の飾り付けも終わっているのに,今一つ現実感がない。

Dscf1583

2009年3月 2日 (月)

懐かしい声

夕食中に懐かしい人からメールが来た。

3年前,蔵王高校の3年生のときに担任し,看護学校に進んだ生徒である。2月22日に看護師の国家試験が終わって,ホッとしているところだそうだ。

メールに返信したら,すぐに電話がかかってきた。懐かしい声。看護学校のことや蔵王高校のことなど,気づいたら1時間近くしゃべっていた。蔵王高校では3年生の後半が一番楽しかったと言っていた。うれしいな〜。私がつくった3年1組のDVDを,時々みてくれているそうだ。

そう言えば,修学旅行とスポーツ大会と卒業式の写真で,ムービーを3本つくってDVDにしたんだっけ。私はどこでも同じようなことをしているんだなぁ。

うちのクラスからは3名が看護学校に進んだ。みんなこの3月に卒業か。時は着実に流れていく。3人のうち東京の看護学校に進んだ1人だけ近況が分からない。元気でがんばっているといいが…。

国家試験の発表は3月26日だそうだ。
受かったという知らせを,楽しみに待っていよう。

2009年3月 1日 (日)

夏油高原スキー場(2回目)

今シーズン2回目の夏油高原スキー場。

今回はこどもたちもスクールに入れないで,午前券を購入してめいっぱい滑った。午前券は8時から13時までで,大人が3,800円,小学生が2,000円,未就学児は無料。4人で9,600円なり。

スキー場8時到着をめざして,仙台を出発したのは,まだ暗い朝5時過ぎ。高速道路を北に向かって走っていると,だんだん空が明るくなってくる。未明の仙台は雲に覆われていたが,岩手県に入ると雲ひとつない快晴になった。朝の太陽sunが眩しい。

スキー場に着いたのが8時ちょっと前。気温は−7℃。でも,スキーウエアで太陽光線を浴びていると,少し暑いくらいだった。

Dscf1452

いつものように,スキー用具(板,ブーツ,ストック)はファミリー割引で半額でレンタル。今回はそれに加えて,トレーニングベルトを無料でレンタルした。(トレーニングベルトは子どもスキーをレンタルすると無料で借りられる)

前回のスクールでの学習に加えて,今回かなり滑ったことで,taroもayuも,ボーゲンで右左とかなり自由に曲がれるようになった。しかし,ayuは斜面の傾斜がきつくなるとコントロールできなくなるので,まだちょっと危ない。一度4人でゴンドラで上までのぼって降りてきたが,ayuはトレーニングベルトで後ろからスピードを加減してもうまくすべれなくて,二人でえらい目にあった。もう少し緩斜面で練習させなくては…。

Dscf1481

午前券の制限時間の13時までめいっぱい滑り,14時頃にスキー場を出発。昼食はスキー場の高い食事ではなく,金ヶ崎のイオンまで降りてきてマクドナルドfastfoodのテイクアウトにした。携帯クーポンで安く済んだのでラッキー。good

こどもたちは,8時半から13時半まで5時間ほとんど休みなしですべり続けた。ずいぶん体力がついたものだ。しかし,さすがに帰りの車では,あっと言う間に熟睡モード。2回滑って2人ともだいぶ上手くなったので,ayuのリフト券が無料のうちに(つまり今月中に),もう1回ぐらい行きたいなぁ。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ