Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の24件の記事

2009年5月31日 (日)

おやつはクレープ

Dscf3124 Dscf3129 Dscf3130

Category03_item03今日のおやつは,クレープミックスをつかった手づくりクレープ。

説明書を読みながら2人でつくっていた。ところどころ注文をつけたが,だいたい2人でやり遂げた,なかなかやるもんだ。

2009年5月30日 (土)

青葉繁れる—雨の定禅寺通り

MAP研究会の総会が,東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)で行われた。

Cimg0888

雨の定禅寺通り。
ケヤキが青々と繁っている。

Cimg0879

昼食は,東京エレクトロンホール宮城の2階にある「中国料理 東龍門」。650円の五目焼きそば。美味しかったな〜。

2009年5月29日 (金)

白髪みっけ!

ayuが早く起きてきた。
「寒い」と膝に乗ってきて,また寝てしまった。
暖かいけど,文字を打ちにくいな〜。

今週もあっと言う間の1週間だった。カモガヤの花粉のせいだと思うが,1日が終わるとドッと疲れて,寝てもなかなか回復しない。もしかして歳のせいもあるかな?

2〜3日前,こめかみのところに白髪を発見!

10代の頃,ある床屋さんから「この髪質ははげるよ」と言われたことがあったが,40歳を過ぎてもはげる様子もなく白髪もなかった。向山高校の卒業生と飲んだときに「先生は歳をとらない」と言われるのも白髪がなかったからだと思うが,これからは年相応の風貌になっていくのかな〜。

ところで,先日ふと疑問に思ったのだが,ひげと髪の境目ってどこなんだろう。女性には髪はあるけどひげはない。男性の場合どちらも生えるからつながっているように見えるけど,どこかに境目はあるはずだよね〜?

私の場合,ひげの中にはけっこう前から白いのがチラホラとまじっていたが,白髪がなかなか生えないのでそんな疑問を持った。どっちも白髪まじりになってしまえば,あまり気にならないけど。

さて,朝のうちに,ひとつ仕事を済ませてしまおう。

2009年5月24日 (日)

柏鮨秋保店でお寿司のミニチュアセットをもらう

運動会の活躍をお祝いして,おじいちゃんがお寿司をごちそうしてくれた。特にランチメニューの海鮮丼皿(680円)とおまかせ十貫にぎり(1050円)が知られているお店だ(どちらも限定20食)。

柏鮨秋保店(仙台タウン.com)

Dscf3053 Dscf3038 Dscf3037

taroはにぎりの並み,ayuはお子様ずし。私も回転寿司ではないお寿司を久しぶりに食べたが,ネタが美味しいのはもちろんのこと,わさびのきき具合が絶妙でさすがだな〜と思った。

Dscf3041 Dscf3048 Dscf3045

お会計を済ませて帰ろうとすると,ご主人が「ちょっと待ってね〜」と言って何かつくっている。少し待って差し出されたものをみてビックリ。

Dscf3054

写真にすると分からにくいと思うが,タコの下から見えているご飯粒の大きさをよく見てほしい。実は,お寿司のミニチュアセットなのだ。もちろん,食べられる!

Dscf3061

このプレゼントにはこどもたちも大喜び!
家に帰ってさっそく食べた。

運動会

昨日は,うちの小学校の運動会だった。1年生のayuは初めての運動会,taroは初めての組み体操演技。それぞれ楽しみにして当日に臨んだ。

曇り空で適度な気温だったが,風が強くてたいへんだった。競技中になんども砂塵が舞い上がり,見学席に襲いかかる。ポットの注ぎ口に砂が入るのはいいとして,デジカメやデジタルビデオが故障しないかちょっと心配だった。

ayuの見せ場は徒競走とリレー。かけっこ大好きayuは,2年生と一緒に走った徒競走で1位,3年生と一緒に走ったリレーの第一走者も1位と本領発揮。スズメ踊りの演技も上手だった。さすが運動感覚系の人間だ。

Snapz_pro_x001 Dscf3014 Img_0015

taroは運動会のめあてに組み体操をがんばると書いていた。組み体操は4年生から参加できる演目で,今年が初出場になる。見ていてもう少しなところもあったが,最後はしっかり決めていた。徒競走やリレーのほうは,もともとあまり得意ではないが,それでも去年よりはずっと早く走れるようになっていて,去年の担任の先生(転勤したが応援に来てくれた)も親も驚かされた。

Quicktime_player002 Quicktime_player001 Dscf3015_2

今年は兄妹そろって赤組だった。総練習で赤組が優勝したとき,運動会担当の先生から「総練習で優勝したチームは本番で優勝できないというジンクスがあります」と言われたが,今年はayuの活躍もあって(?),わずか4点差で2位をかわして本番も優勝!

ayuはもちろん,taroも運動会で自分の組が優勝したのははじめて。ジンクスを破って気持ちよく終えることができた1日だった。

私と言えば…綱引きにかり出されたゆえの筋肉痛はいいとして,強風でカモガヤの花粉を大量に浴びたようで,のどは痛いし,全身だるいし,いくら寝ても疲れが取れないといった状況。今朝もグッタリ…。

2009年5月23日 (土)

チームへの貢献は自分の長所を生かして

この1週間,仕事が重なって余裕がなかった。ついでに疲れがたまって風邪気味である。新型…ではないことを祈ろう。

さて,今朝は asahi.com から。

「災害被害、貧困層に集中」 国連の世界防災白書(asahi.com)

 国連の国際防災戦略事務局が世界防災白書をまとめたという記事だ。

 その世界防災白書の責任者であるアンドリュー・マスクレイ氏は,朝日新聞の取材に対して「投資や意識の向上で被害を減らすことができる好例を地震や台風の多い日本が示している」と述べて,地球規模での防災に日本政府が積極的な役割を果たすよう求めたという。

 国際貢献というと,かつて「日本はお金しか出さない」とか言われて,最近ではそういう批判を恐れて自衛隊がどんどん出ていくようになっている。確かに国際貢献はお金だけでなく人が行うものだとは思うが,人が出ていく=自衛隊というのが,どうもしっくり来ない。

 野球でよく「打つべき人が打って…」と言うように,チームというものは,メンバーそれぞれが自分の長所を生かしているときが一番強い。打撃が得意な人は打撃で,守備が得意な人は守備で,走塁が得意な人は走塁で,それぞれ与えられた役割を果たせた試合は負けるはずがない。

 国際貢献も,まったく同じだよな〜というのが私の感覚。「軍事力」というのは,平和憲法を持つ現代の日本にとって超不得意分野ではないだろうか。不得意な分野をわざわざ選んで,がんばるろうとするのはなぜだろう。

 逆に,環境汚染や自然災害への対応,つまり環境と防災に関することについては,国際社会でも右に出る国はないくらい,数々の経験を積んで知識や技術を持っている超得意分野だ。そういう得意分野を生かして国際社会で意味のある役割を果たしていこうという姿勢が,これからの日本にはほしいと思うんだけどね〜。そして苦手なことは,自信をもって(!?)他の国にお任せしよう。

 次の選挙で,そういう「国際貢献に対する考え方」みたいなことも,ぜひ論点のひとつにしてほしい。

2009年5月16日 (土)

帰宅途中,大学時代にタイムスリップ…

昨日の帰宅途中,アニメソングが好きな生徒のためにCDをレンタルしようと,帰宅経路からずいぶん離れたTSUTAYAに寄った。

学校を出発した時点ではオーソドックスな経路を考えていたのだが,途中でふと思い立って青葉山から八木山を経由して長町に抜ける道を通ることにした。この道は,1985年から1994年にかけて,つまり大学生時代から初任の仙台向山高校勤務時代によく通っていた道である。

その中でも,桜木町から緑ヶ丘に至る道は,本当に20年ぶりに通ったと思うが,たいへん印象深かった。はじめまったく見覚えがなくて,どこをどう曲がればいいかまったく分からないくらいだったのに,道を進むにつれて記憶がたぐり寄せられて,よく夢に出てくる道路だと気づいた。夢を見たときはどこの道路か分からなかったのだが,ここだったんだ…。

あまりに懐かしかったので,昨日通った道のりを Google Map に落としてみた。「より大きな地図」で表示させてからストリートビューにすると,昨日私の見た景色が広がる。

<
より大きな地図で 2009.5.15 を表示

マイマップ 2009.5.15

・東北大学青葉山キャンパス
 工学部のメインストリートは,大学時代に何度も通った道だ。この道を通るだけで,気持ちは大学時代にタイムスリップ。

・青葉城址のヘアピンカーブ〜八木山橋
 このヘアピンカーブは,学生時代に乗っていたバイク(CB125T)の記憶と結びついている。

・動物公園前交差点
 1987年から1994年まで,ほぼ毎日この交差点を通っていた。

・甘辛弁当と桜木町の一軒家
 初任の向山高校勤務時代に住んでいた家。甘辛弁当にはよくお世話になった。朝6時頃,八木山動物公園の動物たちの鳴き声で目をさました。

・桜木町から緑ヶ丘に至る道
 この道が,ときどき夢に出てくる道である。この道を使っていた時期は短いのだが,どうしてここが夢に出てくるのだろう。

・緑ヶ丘の伊東荘
 伊東荘までは行かなかったが,この近くの通りを通っていった。大学3〜4年にかけて住んでいたアパート。グーグルのストリートビューで見ると,まだ当時のままそこにあることがわかった。2階に住んでいたご家族(奥様がネパール人の方だった)によくしていただいたが,お元気だろうか…。

 それにしても,緑ヶ丘の伊東荘も桜木町の一軒家も,私が住んでいる頃から古い建物だったが,それが今でもちゃんとあるということが,とてもうれしかった。写真に撮って記念に取っておきたいが,他人の家を写真に撮るのは不謹慎かな〜。

2009年5月13日 (水)

天敵現る(カモガヤ)

日曜日に黒いWISHの車体が黄色くなっていて,嫌な予感がした。

その予感的中!

Ca3a0024_3 Ca3a0023_2

私にとって天敵とも言えるカモガヤ(オーチャード・グラス)が花を咲かせはじめた。

私の花粉症の季節は3月から6月までと9月から10月なのだが(1年の半分が花粉症の季節),もともとは5月だ。このカモガヤが私の花粉症の最初のアレルゲンであり,もっともひどい症状をもたらすアレルゲンでもある。

ここ2日は体の中で,不必要な免疫反応がさかんに起こっているらしく,全身がだるく,頭もボーッとしている。普段は薬で完璧に押さえ込んでいるくしゃみ,鼻水,目のかゆみといった花粉症の症状も押さえきれない。1日の仕事が終わったときの疲労感もかなりのものだ。

今年は,作業学習で農業の班に所属しているので,この季節は例年に増してつらいものがあるなあ〜。まあ,ここ2週間が山かな。覚悟を決めてがんばろう!

2009年5月10日 (日)

たまご舎のオリジナルスィーツ

たまご舎のオリジナルスィーツ
夕方、たまご舎の錦ヶ丘店でティータイムミーティング。

シフォンケーキとエスプレッソコーヒーを食べた。シフォンケーキがとても大きくて驚いた。もちろん、美味しかったよ。

2009年5月 9日 (土)

BiND for WebLiFE*2 で Photo Album づくり

この週末は,楽しみにしていたイベントがひとつあったのだが,自分の体調がいまひとつすぐれないのであきらめた。そういうわけで,基本的にどこにも出かけずに家で休養している。

今日はウェブ上につくっている家族のアルバムの更新をした。去年の夏から更新をサボっていたので,2008年の後半部分をつくってから2009年のアルバムを新規作成。2008年までのアルバムは BiND for WebLiFE* のバージョン1で作成していたが,2009年のアルバムからは BiND for WebLiFE*2(バージョン2)で作成することにした。

このページは家族など限られた人にしか公開していないので,このブログからリンクを張ることはできないが,どんなアルバムになったか画像でちょっとご紹介。

Photoalbum_top Photoalbum_2009 Photoalbum_2009_akiuishi

一番左がアルバムのトップページ。2009年というボタンを押すと真ん中の画像のページになる。そして,「秋保石の観察」のボタンを押すと右のページへ。写真をクリックすると,ググッと拡大して表示される。そして右矢印キーを押すたびに次の画像が表示されるしくみになっている。

Photoalbum_popup

今日は昨年のアルバムに時間を取られてしまって,2009年のアルバムは1つの記事しかつくれなかった。明日,続きをやろう。

2009年5月 5日 (火)

オーボナクイユのキャラメル・プリン・ロールケーキ

ブログ【庄内発 美味しい生活日記】の記事で目をつけていた,オーボナクイユというケーキ屋さんに行ってきた。

鶴岡中央高校の前の通りから,道を1本入ったところにあった。

Dscf2878

今日は迷わずにキャラメル・プリン・ロールケーキを1本(1,200円)。

Dscf2882 Dscf2887

うん,うん,なかなか美味しい。鶴岡に帰省したときの楽しみが増えたかな。

ヤドカリ飼えるかな?

これも,鼠ヶ関大漁旗フェスティバルの副産物。磯で見つけたヤドカリを,どうしても持って帰ると言って持ち帰ってきた。

適当にセッティングしてみたが,これをどうやって仙台まで持ち帰るというのか。gawk

Dscf2885 Dscf2888

でも,ヤドカリを見ていると,けっこうかわいい動きだなあ。

こどもたちは,ちゃんと育てることができるだろうか。「ヤドカリを飼うにはお金がかかるから,毎月のお小遣いを2人とも100円ずつ減らします」と宣言してみたら,意外に2人とも「しょうがないな」という肯定的な受け止め方で,こちらが驚かされた。

鼠ヶ関大漁旗フェスティバル

Dscf2890

スケソウダラ 34尾
ハツメ    18尾
カナガシラ   2尾
チダイ     1尾
トカゲエソ   1尾
オキギス    1尾
ハタハタ    1尾

今日の釣果…ではなくて,鼠ヶ関(ねずがせき)大漁旗フェスティバルの,500円詰め放題で取ってきた魚たちである。

Dscf2854 Dscf2865

500円で取ってきたはいいが,処理が大変! ハツメとスケソウダラの一部は天ぷらに。カナガシラ,チダイ,キス,ハタハタ,トカゲエソは,明日の朝のみそ汁に。トカゲエソはすり身にする予定。そして余ったスケソウダラは,一夜干しにしてみた。明日どうなっているかな?

Dscf2905

今晩の食卓は,朝堀りの孟宗竹をつかった孟宗汁と,鼠ヶ関で取れた魚たち。まさに山の幸,海の幸。下の写真にあるエビは鼠ヶ関で1パック500円で買ってきたものだが,これも甘くて美味しかった。

Dscf2902 Dscf2903

第18回鼠ヶ関大漁旗フェスティバル

孟宗竹を買いに

孟宗竹

朝から湯田川温泉に、孟宗竹を買いに来た。

朝掘りの新鮮な孟宗竹で、おばあちゃんに美味しい孟宗汁をつくってもらおう。

2009年5月 3日 (日)

酒田散歩(3)NKエージェント(おくりびと)

というわけで,予定になかった酒田北港緑地展望台に行って,そこで偶然見つけた「おくりびとロケ地マップ」に導かれて,日和山公園に戻ってきた。

日和山公園の第2駐車場(北側)に車を駐めると,そこからNKエージェントは本当に目と鼻の先。50歩ぐらい歩けばすぐに着く。さっき公園内を散歩したときに本当に近くまで行ったのに,その時はまったく気づかなかった。

何はともあれ,まずは表側で記念写真。ひっきりなしに観光客が写真を撮るので,他の人が入らないように撮影するのはけっこう至難の業だった。

Dscf2775 Dscf2778 Dscf2814

そして次は内部の見学。このNKエージェントは,4月初旬から内部の一般公開が始まっている(清掃協力金として大人は1人100円)。見学順路にしたがうと,まず始めに急な階段を下りて1階へ。そこにはNKエージェントの事務所が再現されていて,ちゃんと3本の棺や事務机などが置かれている。隅にチェロと椅子があって,記念写真を撮れるようにもなっていた。

Dscf2792 Dscf2790 Dscf2793

次に一気に3階まであがると,主人公の大悟が社長と2人でふぐの白子を食べた,社長のお部屋があった。たくさんの観葉植物もそのままに。

Dscf2803

最後に2階に降りると,鶴の湯の女主人の納棺シーンで使われた部屋と,映画で使われた小道具(石文,模型の鮭,ケロリンの風呂桶など)の展示があった。

Dscf2806 Dscf2809 Dscf2810

ケロリンの風呂桶は外の売店にも置いてあって,「これほしいね〜」とこどもたちと言っていたら「お出ししますよ」と言われた。でも値段を聞いてビックリ。だって1000円以上するんだもの。

それにしても,高速道路1000円の効果か,周辺には県外ナンバーの車がたくさん(うちの車もそのひとつだ)。内部の見学も,かなり混雑していた。古い建物にこんなに人が入ってい大丈夫なのかと,ちょっと心配にはなった。

今日の酒田散歩は,そもそも画材屋さんに中川ケミカルのカッティングシートを買いにきただけだったのだが,日和山公園でお弁当を食べ,そこの観光地図で見つけた酒田北港緑地展望台へ行き,さらに展望台から「おくりびと」ロケ地へ。ほしいものは手に入らなかったけど,偶然に導かれて予定外の楽しい1日となった。あとは鶴岡に戻るだけ。鶴岡へのドライブは,もちろん iPod で「おくりびと」のサントラを聴きながら…。

酒田散歩(2)酒田北港緑地展望台

「酒田にいるなら展望台に行ってごらん」というおばあちゃんからのメールがあり,予定にはなかったが足を伸ばすことにした。

メールを読んだ時点では,その展望台がどこにあるのか分からなかったが,日和山公園の観光案内図に「北港展望台」というのを見つけて,きっとこれだろうということで行ってみた。

酒田北港緑地展望台

Dscf2761 Dscf2767

一番上にちょこんと出ている帽子のようなところは灯台部分。この展望台の本当の役割は「酒田灯台」なのだ。高さ約30m。エレベーターで一気に7階まで上がる。天気がいいと鳥海山や飛島がきれいに見えるらしいが,今日は曇っていて見通しが悪かった。残念!

ayuがトイレをしている間,1階をウロウロしていて「おくりびとロケ地マップ(酒田編)」というパンフレットを見つけた。すっかり忘れていたが,酒田と言えば「おくりびと」。あの有名なNKエージェント(葬儀屋さん)はどこかなと地図を見てみれば,なんと先ほど遊んでいた日和山公園の隣ではないか!

日和山公園なら帰り道にまた通る。せっかく近くに来ているんだから,これは寄るしかない。予定になかった展望台見学のあとに,またまた予定になかった「おくりびと」ロケ地ツアーをすることになった。

酒田散歩(1)日和山公園

帰省のついでに酒田まで足を伸ばした。

霊山こどもの村のワークショップでつかったカラーフィルムを売っているお店が,酒田にもあるとのことだったので,そのお店に寄るためだ。しかし,お店に行ってみると,残念ながらもう扱っていないとのこと。

ちょうど昼時だったので,お店の人に日和山公園の場所を教えてもらい,ほっともっとの弁当を買って日和山公園へ。駐車場は混んでいたが,公園内はそれほどではない。みなさん思い思いの場所でお弁当を広げたり,キャッチボールをしたりしていた。

ほっともっとのお弁当を食べて,公園内を散策した。

Dscf2719 Dscf2729 Dscf2735

Dscf2730 Dscf2731

Dscf2742 Dscf2753 Dscf2755

NKエージェント

NKエージェント

予定外に、NKエージェントに着いた。

と言っても、おくりびとを見た人にしか分からないね。

ayu「光の家」計画

霊山(りょうぜん)こどもの村で吉田重信さんのワークショップに参加して,光遊びの楽しさに目覚めたayu。

家でも窓にいろんな作品をつくって貼っている。hairsalon

Dscf2660 Dscf2662 Dscf2658_2

東の窓に貼った作品の影が,朝の食卓を彩る。赤や黄色の影がポップでいいかんじ。リビングが幼稚園の部屋のような雰囲気になってきたぞ。

2009年5月 2日 (土)

名取市サイクルスポーツセンター(まとめ)

気温20℃,風速5m。自転車にはちょうどよい気候。

taroの自転車と私の折りたたみ自転車を WISH に積んで,名取市サイクルスポーツセンターに出かけた。海岸の松林に1周4kmの自転車コースが整備されていて,自分の自転車で走ることも,スポーツセンターの自転車を借りて走ることもできる。2人乗り自転車や変形自転車など,いろんな自転車で走るのも楽しい。

受付で料金を支払おうとして,河北新報社の会員サービス「かほピョンくらぶ」のステッカーが貼ってあるのに気づいた。聞いてみると,会員証の提示で1人100円引きとのこと。携帯電話に保存してあった会員証を提示したら300円引きになった。「かほピョンくらぶ」の会員証を初めて使った!

かほピョンくらぶ

ちなみに,「かほピョンくらぶ」は,河北新報を購読していなくても会員になれる。

それはさておき,サイクリング。ayuは久しぶりの自転車だったが,すぐに乗り方を思い出して,スイスイ乗っていた。taroは4キロコースを1人で何度も走った。昼食前に1時間半,そしてレストラン「びあんこ」で昼食を食べたあとも1時間ぐらい走ったので,運動量も十分!

Dscf2681 Dscf2682 Dscf2697

ゴールデン・ウィーク中は特別企画がいろいろあって,その中のひとつでウォークラリークイズのような「サイクルロードゲーム」というのをやっていた。サイクリングロードの各所にクイズがあり,それに答えると抽選で景品があたるというもの。うちのこどもたちもクイズに答えてきたが,さて当たるかな?

Dscf2673

今日ひとつだけ失敗だったのは,2人のヘルメットを忘れたこと。今日はGW中で比較的混んでいたが,補助つき自転車なのに転倒して頭を打ったこどもや(このページの写真にしっかり写っている),ハンドルに固定された幼児用椅子から転げ落ちたらしい幼児など,危ない場面を何度か見た。うちのtaroも変形自転車でスピードを出しすぎて転倒し,膝小僧を擦りむいた。幸い,taroは頭をぶつけたりはしなかったようだが,やはり自転車に乗せるときにはヘルメットが必要だ。

ところで,名取市サイクルスポーツセンターのお楽しみは,実は自転車だけでない。レストラン「びあんこ」の石窯ピザも私たちの大きな楽しみ。今日は3人でマルゲリータを2枚食べたが,こどもたちがたくさん食べたので私の分け前が少なく,腹八分目にもならず,腹六分目ぐらいだった。でもトマトとチーズのおいしさに大満足。

Dscf2707 Dscf2709

Dscf2701 Dscf2715 Dscf2717

昼食はレストランびあんこ

昼食はレストランびあんこ

3人でマルゲリータ2枚。

オナカがすいてブルーになっていたayuも、運ばれてきた大きなマルゲリータを見て大喜び!

オナカを満たしたら、もう一度サイクリングロードへ。

名取市サイクルスポーツセンター(2)

名取市サイクルスポーツセンター(2)

1周4キロのコースを回ってきた。

ayuは、お疲れ気味…。

名取市サイクルスポーツセンター

名取市サイクルスポーツセンター

今日もいい天気。気温と風がちょうどいい。

2009年5月 1日 (金)

豚インフルエンザの風評被害

世界中を巻き込んでいる豚インフルエンザだが,こういうのは恥ずかしいね〜。

途絶えた客足、在日メキシコ人店主「関係ないのに…」(asahi.com)

先週まで予約なしでは座れないほどの人気だったメキシコ料理店。豚インフルエンザの問題が広がる中,客足がぱったりと途絶えた。店の前を通った女性が「メキシコ料理だ。怖い怖い」と言って避けていった。

「メキシコ料理だ。怖い怖い」は,一緒にいた人に向けた冗談だったのだろうか。それとも本気で言っているのだろうか。先の記事によれば,豚インフルエンザで100名以上の死者が出ているメキシコでさえ「人込みは避けているが,特に心配していない」というような状態だという。それに比べてまだ1人の感染者も出ていない(確定されていない)日本で,この騒ぎようはなんだろう?

昨年の岩手・宮城内陸地震でも,地震後の観光客の数は激減した。何か起こるとそこからザザーッと人が引いていく。これも学校で習った集団行動の学習の成果なのか?

日々新しく起こる出来事について正しい知識を持って,周囲の人の気持ちや立場を思いやって行動できる人間になってほしいなあ。こういう時のために,理科を勉強しているんだけどなあ。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ