Twitter

最近のトラックバック

友人

« 帰宅途中,大学時代にタイムスリップ… | トップページ | 運動会 »

2009年5月23日 (土)

チームへの貢献は自分の長所を生かして

この1週間,仕事が重なって余裕がなかった。ついでに疲れがたまって風邪気味である。新型…ではないことを祈ろう。

さて,今朝は asahi.com から。

「災害被害、貧困層に集中」 国連の世界防災白書(asahi.com)

 国連の国際防災戦略事務局が世界防災白書をまとめたという記事だ。

 その世界防災白書の責任者であるアンドリュー・マスクレイ氏は,朝日新聞の取材に対して「投資や意識の向上で被害を減らすことができる好例を地震や台風の多い日本が示している」と述べて,地球規模での防災に日本政府が積極的な役割を果たすよう求めたという。

 国際貢献というと,かつて「日本はお金しか出さない」とか言われて,最近ではそういう批判を恐れて自衛隊がどんどん出ていくようになっている。確かに国際貢献はお金だけでなく人が行うものだとは思うが,人が出ていく=自衛隊というのが,どうもしっくり来ない。

 野球でよく「打つべき人が打って…」と言うように,チームというものは,メンバーそれぞれが自分の長所を生かしているときが一番強い。打撃が得意な人は打撃で,守備が得意な人は守備で,走塁が得意な人は走塁で,それぞれ与えられた役割を果たせた試合は負けるはずがない。

 国際貢献も,まったく同じだよな〜というのが私の感覚。「軍事力」というのは,平和憲法を持つ現代の日本にとって超不得意分野ではないだろうか。不得意な分野をわざわざ選んで,がんばるろうとするのはなぜだろう。

 逆に,環境汚染や自然災害への対応,つまり環境と防災に関することについては,国際社会でも右に出る国はないくらい,数々の経験を積んで知識や技術を持っている超得意分野だ。そういう得意分野を生かして国際社会で意味のある役割を果たしていこうという姿勢が,これからの日本にはほしいと思うんだけどね〜。そして苦手なことは,自信をもって(!?)他の国にお任せしよう。

 次の選挙で,そういう「国際貢献に対する考え方」みたいなことも,ぜひ論点のひとつにしてほしい。

« 帰宅途中,大学時代にタイムスリップ… | トップページ | 運動会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45098408

この記事へのトラックバック一覧です: チームへの貢献は自分の長所を生かして:

« 帰宅途中,大学時代にタイムスリップ… | トップページ | 運動会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ