Twitter

最近のトラックバック

友人

« 部分日食見えてます! | トップページ | iPhone 3GS:落とした! で,ストラップ付けた »

2009年7月22日 (水)

部分日食 at 仙台市天文台(まとめ)

天気に恵まれなかったが,雲を通して欠けている太陽をこどもたちに見せることができて,まあまあ良かった。今思うと,よく見えたものだ!

開場30分前についたら,もう長蛇の列。出遅れた! 並びながら歌集を出して歌を歌っているayu。ちょっと迷惑。9時半になり入場開始,さあいくぞ〜!

Cimg2087 Cimg2088

場内でプラネタリウムの列に並んでいたら,テレビ局のアナウンサーに声をかけられて,インタビューされた。この間,出遅れたのがちょっと痛かったか。会場には日食のライブ中継映像が,液晶プロジェクターで投影されている。

Cimg2089 Cimg2091

あと2人というところでプラネタリウムが満員になり,1時間待つことになった。がっくり! 持参した折りたたみ椅子に座って待つ。列の先頭からは,先ほどのプロジェクターの映像も見えない。ダイヤモンドリングや皆既日食になった瞬間は,場内がどよめいていたが,並んでいるところからは何も見えなかった。

Cimg2092

1時間待って,やっとプラネタリウムに入った。中国の武漢からのライブでは,もう皆既日食は終わってしまっていて,この時間では上海と奄美大島の映像を見せてもらえるはずだった。ところが,待てど暮らせどライブ中継は始まらない。結局,日食が終わって曇っている武漢の映像を1時間ダラダラと見せられたあげく,「仙台では雲間から部分日食が見えていますので,直接見たい方はどうぞ」のアナウンス。みんな一斉にプラネタリウムを出て,天文台の庭に移動した。

Cimg2097

外に出てみると,肌寒くて時々霧雨が降るような天気だったが,雲が薄くなったときに,雲を通して三日月型に欠けた太陽を見ることができた。ここぞとばかりに「日食メガネ」を用意してかけてみるが,雲を通した太陽の光が弱すぎて何も見えない。肉眼でそのまま見るのでちょうど良かった。

Cimg2101 Cimg2103_2 Cimg2107

それでもあえてメガネをかけて写真を撮ってみた。

だんだん影の部分が少なくなり,太陽が○に近づいてくると,太陽の暖かみを感じるようになってきた。12時を過ぎるころからどんどん暖かくなり,時には暑く感じることも。地球にやってくる太陽エネルギーはすごいんだなと実感。

Cimg2109 Cimg2116 Cimg2113

こどもたちは,最初こそうれしそうに見ていたが,後半は石ころ集めをしたり,天文台の庭で遊んだり。私だけがずっと空を見上げていた。日食を見たのはいつ以来だろう。ずいぶん久しぶりな感じがする。今回はちょっと天気が残念だったので,次回(2012年の金環食かな?)の天気に期待したい。

Cimg2118

« 部分日食見えてます! | トップページ | iPhone 3GS:落とした! で,ストラップ付けた »

教育」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45708265

この記事へのトラックバック一覧です: 部分日食 at 仙台市天文台(まとめ):

« 部分日食見えてます! | トップページ | iPhone 3GS:落とした! で,ストラップ付けた »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ