Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の19件の記事

2009年7月31日 (金)

小学校英語:英語ノートをつかった楽しい活動あれこれ

Cimg2199小学校における外国語活動が,平成23年度から本格実施される。小学5年生と6年生が週1時間,英語を学ぶことになる。

今,それに向けて小学校の先生は,不安やら期待やらいろいろ持っていることだろう。

先週の土曜日,MAP研究会では,そんな先生のために英語活動の研修会を開いた。私たちの仲間である kenya から,グループで楽しく学べる英語活動をたくさん紹介してもらった。こちらにその報告を掲載したので,小学校の先生にはぜひ見ていただきたいと思って,ここでも紹介する。

MAP研究会 2009年7月研修
MAPを生かした小学校英語
英語をやるなら楽しくなくちゃ!

—小学校英語ノートを中心とした楽しい学び方

MAP研究会の会員なら,会員専用サイトで動画も閲覧できる。ぜひ動画も一緒にご覧いただきたい。


<関連資料>
小学校 学習指導要領 第4章 外国語活動(文部科学省)
小学校学習指導要領解説・外国語活動編(平成20年8月 文部科学省)

2009年7月30日 (木)

仙台市若林図書館へ

今日はこどもたちと若林図書館に行った。

なんでわざわざ遠くの図書館まで行ったかというと…お目当てはコレ!

・岩泉町龍泉洞公式観光ガイドブック(→Amazon
・琥珀—永遠のタイムカプセル(→Amazon

この夏の岩手・青森旅行の情報収集のためだ。

今年の旅行は,龍泉洞→久慈の琥珀と,地学巡検のようなツアーだ。平成3年に宮城県の地学教員の研修で久慈巡検を行ったが(初任の年!),その時の資料を引っ張り出してきて,琥珀を採集した露頭の位置を確かめた。

18年前に行っただけなので,今回の旅行でたどり着けるかどうか。たどり着いたとして,今も琥珀が取れるのかどうか分からない。でも,行ってみる。

2009年7月29日 (水)

資源戦争:政権交代などと浮かれている場合ではない?

日経ビジネス・オンラインより,とても気になった記事を紹介。

資源ウォーズの世界地図
レアメタル、独り勝ち中国と“無教養”日本
争奪戦で豪腕振るう胡錦涛政権

すごいね〜。
中国の気迫が伝わってくる。

資源確保は,国にとって安全保障とも関わる重大な案件だ。第2次世界大戦は,資源を持たざる国が起こした「資源」戦争という一面を持つ。現代社会においても,例えば昨年のチベット騒乱や,この度の新疆ウイグル自治区の騒乱などは根本に「資源」問題が潜んでいる。

資源の乏しい日本は技術力で勝負していかなければいけないが,それだって製品の原料となる金属資源があればこそ。モノがなければ技術力も発揮できない。中国の戦略的な資源囲い込みに対して,日本の動きは後手に回ってしまっているようだ。これから先,大丈夫なのかと心配になる。

民主党のマニフェストを読んでみたが,内容は国内問題が中心で,外交に関しては最後に少し触れられているだけだ。外交・安全保障・資源の確保,そういった国家戦略をどう描いているのか,あまり伝わってこない。

国内問題で政治がバタバタしている間に,他の国にこれ以上先を越されてしまわないといいのだけど。

金属資源に関する日本の戦略については,下の報告が参考になる。この報告をまとめた資源戦略研究会は,資源エネルギー庁長官(当時)の私的研究会として設置されたもの。ちなみに座長の浦辺徹郎東京大学大学院教授には,大学院時代に沖縄トラフの調査航海でご一緒して,たいへんお世話になった。ちょうど20年前の今頃の話だ。懐かしい!

最近の非鉄金属資源情勢と安定供給に関する検討状況について(資源戦略研究会)


<資料>
鉱物資源を取り巻く情勢(資源エネルギー庁)
中国、資源の宝庫が火薬庫に
 新疆ウイグル自治区はエネルギー戦略の要衝

2009年7月27日 (月)

今年のキャンプは *snow peak で

Cimg2230_2WILD-1でテントを購入した。*snow peak のアメニティドーム

夏休みに岩手・青森方面への旅行を計画している。4人で泊まるホテル代がもったいないので,宿泊はキャンプ場だ。

ただ,いつもの装備だと,テントに家族全員は寝れないので,テントとスクリーンタープの両方をたてなければいけない。今回の旅行では1泊したらすぐ移動なので,設営も撤収もめんどうなスクリーンタープは持たずに行きたい。ということで,ホテル1泊分の代金をつぎ込んで,4人で泊まれる新しいテントを購入したというわけ。

購入に当たっては,Coleman の「タフワイドドーム/300EX II」や,LOGOS の「クイックコネクトドーム300FR-I-Z」も検討したが,最終的に*snow peak のアメニティドームに決めた。決め手は,悪天候時の信頼度と,やはり持っている人が Coleman などより少ないということかな。

*snow peak と言えば,10数年以上前に2人でキャンプしていたころに使っていたウイングタープも*snow peak 製だった。今回はタープを持っていかないつもりでいたが,ウイングタープなら設営や撤収も手間にはならないので,テントとタープでおそろいにして,持っていくことにした。

このウイングタープは,支柱が壊れて10年以上物置に死蔵していたものだ。今回使うことになり,WILD-1で支柱だけ新しく買い換えた。そのときに店員さんから聞いた話では,実はこのタープはレアもので,Yahoo オークションにでも出せば新しいタープが買えるくらいの値段がつくそうだ。ロゴマークも,天幕の端っこにほんの小さいロゴがあるだけなので,よく知っている人でないと,*snow peak のものだとは気づかないだろう。

*snow peak でそろえた新品のテントとレアもののタープ。分かる人だけが分かる組み合わせで,今年のキャンプに行くことになった(実際に行くのはまだちょっと先だが)。いいテントを買ったので,雨でも風でもどんと来い! という心境だ。(今のところは…)

2009年7月26日 (日)

iPhone 3GS:落とした! で,ストラップ付けた

iPhone 落としたshock

みちのくオフの最中に急いで廊下を走っているときに,ウエストポーチから滑り落ちて床にボトッと…。

少し前に,ASCII.jp の記事で,ガラス面がバリバリに割れた iPhone の写真を見たばかりだったので,悪い予感が頭をよぎったが,恐る恐るひろいあげてガラス面を見てみると…セーフ! 動作も問題ない。

そんなわけで,iPhone にもストラップが必要だと痛感した。しかし,iPhone には携帯電話やデジカメにあるようなストラップを付けるための場所がない。Airジャケットなどの iPhone の保護ケースに穴を開けたり,ケースにもともとある穴の部分を活用してストラップを付けたりしている人もいるらしい。

でも,ケースにストラップを付けると本体との密着度が悪くなって,本体がケースからポロッと落ちたりしたらどうするんだ? という疑念がある。

と,あれこれ悩んでいるときに,この記事に出会った。

・都庁前iPhoneクラブ(第15回)
 新常識「iPhoneにストラップは付けられる」

この記事で紹介されているものは,ケースではなく iPnone に直づけできるタイプだ。これなら私の不安も解消するぞ。というわけで,さっそくエザンスに注文した。私はアルミ製のアダプターにした。

届いたものを取り付けてみたのがこれ。ストラップはそのへんのお店で買ってきたものだ。

Cimg2231 Cimg2233

昨日つけて1日過ごしてみた。ウエストポーチに入れるときには,ストラップのカラビナを,ウエストポーチのカラビナに引っかける。こうすれば,みちのくオフのときのように落下することもない。これで安心だ!

2009年7月22日 (水)

部分日食 at 仙台市天文台(まとめ)

天気に恵まれなかったが,雲を通して欠けている太陽をこどもたちに見せることができて,まあまあ良かった。今思うと,よく見えたものだ!

開場30分前についたら,もう長蛇の列。出遅れた! 並びながら歌集を出して歌を歌っているayu。ちょっと迷惑。9時半になり入場開始,さあいくぞ〜!

Cimg2087 Cimg2088

場内でプラネタリウムの列に並んでいたら,テレビ局のアナウンサーに声をかけられて,インタビューされた。この間,出遅れたのがちょっと痛かったか。会場には日食のライブ中継映像が,液晶プロジェクターで投影されている。

Cimg2089 Cimg2091

あと2人というところでプラネタリウムが満員になり,1時間待つことになった。がっくり! 持参した折りたたみ椅子に座って待つ。列の先頭からは,先ほどのプロジェクターの映像も見えない。ダイヤモンドリングや皆既日食になった瞬間は,場内がどよめいていたが,並んでいるところからは何も見えなかった。

Cimg2092

1時間待って,やっとプラネタリウムに入った。中国の武漢からのライブでは,もう皆既日食は終わってしまっていて,この時間では上海と奄美大島の映像を見せてもらえるはずだった。ところが,待てど暮らせどライブ中継は始まらない。結局,日食が終わって曇っている武漢の映像を1時間ダラダラと見せられたあげく,「仙台では雲間から部分日食が見えていますので,直接見たい方はどうぞ」のアナウンス。みんな一斉にプラネタリウムを出て,天文台の庭に移動した。

Cimg2097

外に出てみると,肌寒くて時々霧雨が降るような天気だったが,雲が薄くなったときに,雲を通して三日月型に欠けた太陽を見ることができた。ここぞとばかりに「日食メガネ」を用意してかけてみるが,雲を通した太陽の光が弱すぎて何も見えない。肉眼でそのまま見るのでちょうど良かった。

Cimg2101 Cimg2103_2 Cimg2107

それでもあえてメガネをかけて写真を撮ってみた。

だんだん影の部分が少なくなり,太陽が○に近づいてくると,太陽の暖かみを感じるようになってきた。12時を過ぎるころからどんどん暖かくなり,時には暑く感じることも。地球にやってくる太陽エネルギーはすごいんだなと実感。

Cimg2109 Cimg2116 Cimg2113

こどもたちは,最初こそうれしそうに見ていたが,後半は石ころ集めをしたり,天文台の庭で遊んだり。私だけがずっと空を見上げていた。日食を見たのはいつ以来だろう。ずいぶん久しぶりな感じがする。今回はちょっと天気が残念だったので,次回(2012年の金環食かな?)の天気に期待したい。

Cimg2118

部分日食見えてます!

厚い雲の切れ目から、三日月型の太陽が見えかくれしている!

12時を過ぎて欠けている部分が少なくなるとともに、しだいに暖かくなってきた。

仙台市天文台で日食観察

仙台市天文台で日食観察
9時30分から入場予定だが、9時にはもう長蛇の列になっている。

小雨模様だが、お日様でてきてくれるかな?

2009年7月21日 (火)

みちのくオフ2009(FEDHAN)

連休の後半—19日(日)から20日(月)—は,毎年恒例「みちのくオフ」!

もともとは,ニフティーサーブ(NIFTY-Serve)というパソコン通信サービスのなかにあった,障害児教育フォーラム(FEDHAN)のオフ会である。FEDHANの東北メンバーの集まるオフ会だったが,次第にFEDHAN以外の仲間が増えていき,NIFTY-Serve がなくなってしまった今も続いている。

会場は七ツ森希望の家。今年は宮城,秋田,青森から10家族,計28名が集まった。最近は私が幹事を務めていることもあって,うちの家族は全員参加する。taroもayuも,このオフ会でお友達に会えることをとても楽しみにしている。

こどもたちのお楽しみは,花火とプール。プールは水温が低かったが,そんなことをものともせずに,河童のように水と戯れた。

Cimg1983 Cimg2039 Cimg2044

例年は乗馬をする2日目の午前に,今回は「芝刈りくん」の工作体験をした(乗馬の予約を取れなかったから)。「芝刈りくん」は,靴下の中に土と芝の種を入れ,フェルトで顔を作ると完成だ。家に持ち帰って水をかけると,2週間ぐらいで芝生が髪の毛のように生えてくる。左はサンプル。

Cimg2023 Cimg2020_2

私はこの時間,会計処理をしていてゆっくり見られなかったが,みんなで和気あいあいと工作を楽しんでいたようだった。

また,今回は天気が悪そうだったので,100円ショップでいろいろおもちゃを買っていった。シャボン玉,折り紙,画用紙,紙製ブーメランなど。特にシャボン玉とブーメランが,こどもたちには人気だった。

Cimg2053

そして大人の楽しみは,もちろん夜の飲み会。今年も午前3時まで語り合い飲み明かした。みちのくオフが始まったころに小学部入学だったこどもが,今年は高等部を卒業した。こどもたちの成長を年に1度確かめ合ってきた仲間たちとの語らいは,尽きることがない。もちろん,新しいメンバーとの話も新鮮で楽しい。

ただ,やはり最近は寄る年波に勝てないな〜。3時まで飲んだ疲れは昨日1日では取れず,今日もいろんな形で尾を引いた。今日ももう眠くてしょうがない…。

2009年7月20日 (月)

iPhone 3GS:EmergencyBatteryに入れた eneloop を簡単に外す方法

乾電池式の iPhone 外付けバッテリー「EmergencyBattery」。乾電池の代わりに eneloop を入れると,取り外しが困難になるところが玉にきず。

メーカーのサイトには,フタを使った応急的な取り出し方が写真付きで解説されている。確かにこうすれば指だけで外すよりは外れやすいが,1本はずすたびにフタが割れそうでヒヤヒヤする。

EmergencyBatteryの電池取り外しについて

そこで,eneloop の周りに細長い布をかませてみた。

Cimg2084

写真ではわかりにくいかもしれないが,細長い布で3本の電池をW字のように包んでいる。外すときは布の両端を持って引き上げると,1本目と3本目が簡単に外れる。そうすると,真ん中の2本目は,指で簡単に外すことができる。

やってみたら予想以上にいい感じ。これで安心して eneloop を使うことができるぞ!

2009年7月18日 (土)

iPhone 3GS:外付けバッテリ(EmergencyBattery)

なんとか夏休みにたどり着いた。一応ホッとはしたが,いつものような解放感がない。心身の疲れがたまっているのかも。特に最後の1週間はひどかったからな〜。

3連休の初日。今日は WISH の点検のあと,仙台駅前に行って iPhone 3GS の外付けバッテリーを購入してきた。

iPhone はバッテリーの持ちの悪いのが欠点とよく言われる。私の iPhone 3GS は1日持たないということはないが,今日のように外出して街中でいろいろ使っていると,あっと言う間に残量50%を切ってしまう。夏休みは外で使うことも多いので,外付けバッテリーを急ぎ購入することにした。

しかし,iPhone の外付けバッテリーはたくさんあって,どれを選べばいいのかさっぱり分からない。いつもならネットで下調べをしてからいくところだが,今回はお店に行って,そこにあるものを見て考えることにした。ヤマダ電機2店とヨドバシカメラをまわって,一番気に入ったのがこれ。

Emergencybattery_main

トリニティ株式会社の「EmergencyBattery for iPod/iPhone」。単4型のアルカリ電池かニッケル水素電池3本で充電するタイプ。私はこれに eneloop を入れて使うことにした。eneloop ならアルカリ電池と違って何度でも再利用できるので,初期投資は高いがすぐにその費用を回収できるだろう。また,iPhone の利用時間が長くなって eneloop の電力を使い切ってしまっても,コンビニでアルカリ電池を買えばまた充電できる。「Work with iPhone」のマークがあるのも安心。

ただ,買うときにちょっと心配だったのが,iPhone をケースに入れたまま充電できるかどうか。私のケースは「Airジャケット」というシンプルで薄いものだが,EmergencyBattery のパッケージの外側から iPhone を当ててみると,どうにも微妙な感じ。姉妹品で同じ大きさの「MobileBattery」を購入した人が,Amazonのカスタマーレビューで「ケースに当たって入らない」と★1つのレビューを書いているのを読んで,確認してから買うことにした。

ヨドバシカメラ仙台店のスタッフにお願いしたら,その場でパッケージを開封し,新しい電池も持ってきてくれて,確認することができた。その結果,Airジャケットを着けたままでもちゃんと充電されることが分かり,安心して購入することができた。

実はヨドバシの前にヤマダ電機LABI仙台のスタッフにも同じことを聞いたのだが,そのスタッフは「この商品は開けられません」とにべもなかった。もちろん,そんなところでは購入などできるわけがない。私のヤマダ電機に対する心証は,今日かなり悪くなった。

それにしても,買い物の最中に iPhone で品物について調べられるのは便利だなあ。Amazonのカスタマーレビューを読んだり,買った人のブログの記事を読んでいると,購入に当たってとても参考になる。

ところで,この EmergencyBattery だが,乾電池の代わりに eneloop を入れると,使用後の電池の取り外しに大変苦労する。メーカーのサイトにもそのへんの注意が書いてあり,指示通りにすると確かに外れたが,今度はフタを壊しそうでちょっと怖かった。だんだんなじんでくると外しやすくなってくると書いてあるけど…。本当にそうなることを祈ろう。

EmergencyBatteryの電池取り外しについて

<追記>

その後,私なりに解決方法を考えついた。

iPhone 3GS:EmergencyBatteryに入れた eneloop を簡単に外す方法

2009年7月15日 (水)

人生は25年単位で

仙台市長選挙に立候補している岩崎恵美子氏が,米国で出会った医師から受けた言葉。

「人間は25年ずつ分けて生きるべきだ。自分のため、家族のため、社会のためと」

仙台市長選候補者の横顔(上)/届け出順

 0歳〜24歳 自分のため
25歳〜49歳 家族のため
50歳〜    社会のため

なんとなくこんな順番で…というイメージはあったが,25年ずつと具体的に年限を切ってもらうと,とても明快になるね〜。

今,自分は真ん中の25年。こどもが成長する時期と重なるので,やはり週末を中心に家族と過ごすことを意識している。平日の帰宅時間も,一緒に夕食を食べられる時間にしている。

こどもが高校,大学と大きくなっていけば,今のように家族で週末を過ごすことも少なくなっていくのかな。子育てが一段落すれば,やはり時間の使い方は社会貢献を意識したものに変わっていくことになるのだろう。

 0歳〜24歳 自分のため
25歳〜49歳 会社のため
50歳〜    会社は居心地が悪く,家も居心地が悪い

みたいな人生にはしたくない。

さて,50歳以降の社会貢献。
自分はどんなことをしているんだろう。
まずはそれまでちゃんと生きていないとね。

2009年7月11日 (土)

スーパーヴァームの力を借りて…

Photo_super太白区P連バレーボール大会。校長先生や教頭先生だけでなく,担任の先生方も選手として,あるいは応援として参加してくれて,共に楽しい時間を過ごすことができた。

我が小学校の女子チームは2戦2勝。我々男子チームは2戦2敗。対照的な結果となった。今,打ち上げをしているところだが,きっと女子の皆さんは盛り上がっていることだろう。私は子守で参加できないが,男子はどうなっているかな?

女子チームの1勝目は,格上かと思われたチームに2−1での逆転勝利。練習で上手く見えるところが勝つとは限らないのが面白い。男子の方は,練習でも強そうだった相手チームがそのまま勝利。最後のセットはデュースまでもつれたのだが…。

自分のプレーは,昨年のような満足感はなかった。まずスパイクの決定率が悪かったし,レシーブのほうも瞬間的な動きが自分のイメージ通りにいかない。相手のスパイクのワンタッチや,味方の体に当たって方向が変わったボールへの反応が不確実で,ボールを相手コートに返すことができない。微妙な体のコントロールができなくなってきていると感じた。チームの得点にあまり貢献できずに,悔しさが残る。

唯一満足できたのはサーブ。このバレーボール大会では,完全なアンダーハンドサーブしか認められていない(斜めもダメ)。真下から振り上げるサーブで,無回転の変化するサーブを打って,相手のレシーブを崩すことができた。この感覚は来年までしっかり覚えておこう。

体調の悪い中での2試合だったが,元気にプレーできたのは差し入れのスーパーヴァームのおかげ。試合の30分ぐらい前に飲んでアップをすると,体が温まって汗がじんわり噴き出してくる。その状態で試合に臨むと,体が軽くなっていつもの1.5倍は上手く動けているような気がする。いや,気がするだけでなく,実際に動けるようになるのだ。試合後の方が体調がいいのは,汗と一緒に風邪のウイルスも出ていってくれたからかな。

気持ち的には悔いが残るが,体はしっかり汗をかいて心地よい。適度な疲労感のおかげで,今日はぐっすり眠れそうだ。

太白区P連バレーボール大会始まる

太白区P連バレーボール大会

仙台市体育館で、太白区P連バレーボール大会が始まった。

私は一昨日、微熱を出して、体調はいま一つ。でも、練習の成果がでるようにがんばろう。

2009年7月 8日 (水)

庭のブルーベリー初収穫

小学校で夜9時半までバレーボールの練習をして帰ってきた。シャワーで汗を流してさっぱりしたところ。今日が大会前の最後の練習。最後の練習でやっと納得のいくスパイクが打てるようになった。

勘を取り戻すのに,だんだん長い時間が必要になってきたな〜。ただ,まだ失敗も多いので,大会では確実に決めていきたい。…と言っても,今年は強いチームが相手なので,スパイクを打たせてもらえないかも。

Img_0066

写真は今日の夕方に収穫した,うちの庭のブルーベリー。今シーズン初の収穫だ。大きいものは2センチに迫る大きさだ(MAX 1.8mm)。なかなか立派に育ったものだ。味もとても良かった。これからしばらく,毎日食べられそうで楽しみだ。

おっと今日はまだ明日の高等部研究会の資料ができあがっていないんだった。もう一仕事がんばるぞ。

AKG K24P が壊れ,K414P を購入

お気に入りだったヘッドホン AKG K24P が壊れた。イヤーパッドを交換したばっかりなのに…weep

Dscf3284 Dscf3286

折りたたむときの可動部分が折れてしまっている。原因は不明だが,こどもに使わせたあとそのまま床に置いてあったので,誰かが踏んでしまったのかもしれない。

試しに瞬間接着剤でくっつけてみた。それで少し使っていたが,使っている最中にクニャッと再び折れてしまった。やはり頭に装着しているとこの部分に力がかかるのだろう。

AKG K24P はもう生産中止で手に入れることはできない。しかたがないので,現行機種で近い物を買った。それが K414Pだ。こちらはセミオープンだった K24P と違って密閉型。 K24Pは鳴っている音がシャカシャカと外に漏れるので,外で聞くことはできなかったが,こちらは音漏れしないので電車で聞いても大丈夫。

Dscf3282

AKG K414P

2009年7月 6日 (月)

輪王寺のハナショウブと資福寺のアジサイ

今日は月曜日だが,土曜日の体育祭の代休でお休みだった。

こどもたちは学校に行ったので,久しぶりに2人でお出かけ。行き先は北山の輪王寺と資福寺。今の季節,輪王寺ではハナショウブ,資福寺ではアジサイがきれいに咲いている。

輪王寺の第一駐車場に車を止めて本堂へ。本堂の右側に庭園への入口がある。一人300円。

Cimg1699

ハナショウブはちょっと時期が過ぎていたようだ。あまり咲いていなかった。うちわみたいな花びらの白い花を付けている木は,タイサンボクというモクレン科の植物。いい匂いがする。

Cimg1709 Cimg1727 Cimg1718

参道を下り,重要文化財の仁王門をくぐって,次の資福寺に向かう。この山門は,1691年につくられたものらしい。肝心の仁王様は「修復中」ということで不在だった。

Cimg1736

歩いて隣の資福寺へ。こちらのアジサイは今が盛り。参道の両側から迫るように咲いていた。くっきりとした青が印象的だ。

Cimg1745 Cimg1750 Cimg1759

ほっともっと荒巻店でのり弁当とお茶を買って,水の森公園へ。日ざしを避けて木陰のベンチでお弁当を食べた。

Cimg1767 Img_0059

おっともうこんな時間。こどもたちが学校から戻る前に,家に帰らなくては。ジャスコで食材の買い物を済ませて,急いで家に帰った。

2009年7月 5日 (日)

今日の庭から

今日の庭から

昨日,体育祭が終わり,今日は少し落ち着いた休日を過ごしている。

といっても,今までできずにためていた仕事を片付けるだけで,今日は終わってしまいそうだ。

写真は,先ほど外に出たときに iPhone で撮影した花の写真。オレンジ色がきれいで気に入っている。なんていう名前だったか,忘れてしまったけど。

2009年7月 3日 (金)

7月22日:日食観望の準備

7月22日の皆既日食,私は自宅で家族と観望する予定。そのために用意したのがこれ。

Dscf3135

「太陽日食観察メガネ!」(ドラえもん風に読んでみよう)

太陽の黒点や日食を肉眼で観察するためのメガネで,光の透過率は紫外線でほぼ0%,可視光〜近赤外線で0.1%以下となっている。アストロアーツのオンラインショップで購入。お値段は1つ399円(送料200円)。

ちなみに,黒い下敷きやサングラスなどで太陽を見てはいけない。可視光線が遮られる素材でも,赤外線や紫外線は目に見えないので,赤外線や紫外線をしっかり遮っているかどうかは分からない。それらが素通りだとまぶしさは感じなくても目を痛めることになる。

今回の日食は,こどもたちにとって生まれて初めて見る日食だ。どんな反応を示すか楽しみだ。三日月型の木漏れ日も忘れずに見せよう。あ〜晴れてほしいな〜!

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ