Twitter

最近のトラックバック

友人

« 北山崎(陸中海岸国立公園) | トップページ | 野田玉川で琥珀採集 »

2009年8月11日 (火)

黒崎オートキャンプ場

北山崎から3kmほど北上すると,黒崎オートキャンプ場がある。岩手・青森キャンプ旅行の1泊目はここ。

Cimg2497_2このキャンプ場は普代村農林商工課が窓口になっていて,電話をすると役所の人が出る。電話で聞いたら予約は特にいらないということ。お盆ちかくの週末なので,混んでいないか不安だったが,着いてみるとうちの家族の他に人影もテントも見あたらない。それどころか管理人さんもいない。

Cimg2499 Cimg2500 Cimg2501

管理棟の窓に「どこでも好きな場所にテントを張ってください」というようなことが書いてあるので,なんだか「注文の多い料理店」みたいにだまされるのかな…と不安になりつつも,トイレにほど近く,水はけの良さそうな場所を選んで,勝手にテントとタープを張った。テントはこの旅行のためについ先日購入した*snow peak のアメニティ・ドーム。そしてタープは10年以上物置で眠っていた,同じく*snow peak のウイングタープだ。写真にもちらっと写っているが,このキャンプ場では,どのサイトにも備え付けの木のテーブルがある。テーブルとしては使わなかったが,ものを置く台として重宝した。

Cimg2490 Cimg2535

場内の設備はこんなかんじ。左からトイレ,ひろびろトイレ,水道と炊事場。トイレはきれいだが殺風景。明かりとファンはトイレに人が入ると自動でスイッチが入るしくみになっている。但し,長トイレだと消えてしまうので,夜間に消えると驚くだろう。でもセンサーが個室の上にもあるので,たぶん手を動かしたりすると反応してまた灯りがつくのではないだろうか。

Cimg2507 Cimg2508 Cimg2532

こどもたちは,トイレの近くに手づくりブランコを見つけて大喜び。

Cimg2505 Cimg2543

テントとタープを張り終わって夕食の準備をしているころに,管理人さんが軽トラでやってきた。はじめて人間に会って,ちょっとホッとする。オートキャンプの区画料として2,000円を支払った。夕食はオムハヤシライス。ayuとtaroもちょっと手伝った。

Cimg2495 Cimg2537

ちなみに,このイワタニプリムスのガス式ツーバーナーも,15年前ぐらいから使っている年代物だ。

夕食の後はお風呂。このキャンプ場には風呂の設備はないが,隣の国民宿舎「くろさき荘」で日帰り入浴ができる。大人400円,こども300円で夜9時まで。展望大浴場からは海がバッチリ見えるらしいが,曇っているし夜なのでなにも見えなかった。お風呂から上がって外に出ると,あたり一面にガスがかかっていて,潮の香りが漂っていた。

Cimg2524 Cimg2523

テントに戻って就寝。うちの家族だけなので,時々パラパラとテントに雨が落ちてくるほかは,とても静かだ。新しいテントの寝心地もなかなかよい!

岩手・青森キャンプ旅行(2009)のまとめに戻る


« 北山崎(陸中海岸国立公園) | トップページ | 野田玉川で琥珀採集 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45897617

この記事へのトラックバック一覧です: 黒崎オートキャンプ場:

« 北山崎(陸中海岸国立公園) | トップページ | 野田玉川で琥珀採集 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ