Twitter

最近のトラックバック

友人

« 野田玉川で琥珀採集 | トップページ | 種差キャンプ場 »

2009年8月11日 (火)

久慈琥珀博物館

国道45号線を北上すると,久慈の市街地の手前から「琥珀博物館」への案内表示が出る。案内にしたがって久慈琥珀博物館に到着。

ここも10数年ぶりに訪れたが,新館ができていたり(こちらが受付になる),リトアニア館というショップができていたりして,当時とは雰囲気が一変していた。

Cimg2583 

こどもたちは,虫入り琥珀のサンプルをのぞいたり,ビデオをみたりして,飽きることなく楽しんでいた。

Cimg2593 Cimg2596_2 Cimg2600_2

久慈の琥珀は中生代白亜紀後期の琥珀で,現在,世界で採掘利用されている琥珀の中では最古年代の琥珀だそうだ。その他,琥珀にまつわるいろんなことを知ることができて,大人も十分楽しめた。例えば…

・縄文時代の遺跡からも出土するほど昔から利用されていた。
・奈良盆地周辺の古墳から出土する琥珀の多くが久慈産の琥珀である。
・装飾品としてだけでなく,蚊取り線香や船舶のさび止め塗料,レーダーの絶縁体など工業的な用途にも用いられた。

新館から本館にまわり,アクセサリーショップを通過して外に出ると,昔の坑道跡に入ることができる。こどもたちは「龍泉洞みたいだ」「さむ~い!」などと大はしゃぎ。見学時間は5分足らずで,すぐに終わってしまうのだが。

Cimg2609 Cimg2604

帰り際にリトアニア館でお土産を購入した。630円の小瓶入り琥珀と,琥珀入りお香。琥珀入りのお香は,蚊取り線香がわりに使えるかな?

岩手・青森キャンプ旅行(2009)のまとめに戻る


【補足】
・久慈層群と琥珀は「日本の地質百選」に選ばれている。
・博物館の新館に置かれていたアンケートに答えて,受付に持っていったら,記念品として1cmぐらいの琥珀をプレゼントされた。

« 野田玉川で琥珀採集 | トップページ | 種差キャンプ場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45898044

この記事へのトラックバック一覧です: 久慈琥珀博物館:

« 野田玉川で琥珀採集 | トップページ | 種差キャンプ場 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ