Twitter

最近のトラックバック

友人

« モダン・タイムス(学力工場)追記 | トップページ | あぶくま洞(と石灰岩の成因の説明について) »

2009年8月14日 (金)

リカちゃんキャッスル(まとめ)

taroの自由研究のネタとしてあぶくま洞(→Wikipedia)に連れていくついでに,そこからほど近いリカちゃんキャッスルに寄った。

家を出発したのが6時頃。セブン・イレブンで朝食を購入し,24時間営業の出光でガソリンを満タンにして,いざ高速へ!

昨日は平日だったが,特別に「高速料金・休日最大1000円」が適用される日だ。仙台から福島に向かう方は上り線なのでまあまあ空いていたが,対向する下り車線は早朝から車の量がものすごい。ちょうど宮城県と福島県の境目あたりがもっとも混んでいて,2車線とも車がひしめく超ノロノロ状態,ひどいところでは走行車線上で車が完全に停車していた。SAに入るにも長蛇の列。これを見て,帰りの高速利用はあきらめた。

さて,朝早く出たかいがあり,開城30分前にリカちゃんキャッスルに到着。入口で待ち構えていて,開城と同時に1番で入城した。受付でチケットを購入して,すぐに右のほうにある「なりきりドレス無料貸出」のコーナーに向かう。ここで,好きな色のドレスを無料で貸してくれて,ドレスを着たままリカちゃんキャッスルの展示を見ることができる。

Cimg2690_2 Cimg2694

ドレスを着たら,さらに右にある「なりきりパーティールーム」へ。ソファやドレッサーに座って,リカちゃんになりきって記念写真!

Cimg2701 Cimg2702 Cimg2786

ひとしきり記念写真を撮ったところで,2階の展示スペースへ。ここでは私が生まれた1967年頃の初代リカちゃんから現代の5代目リカちゃんまで,家族も含めて展示してある。私が見てもさっぱり分からないが,aldoはさすがに覚えがあるらしい。aldoとayuは熱心に,taroと私はアクビをしながら,展示を見て回った。(いや,決してつまらなくはなくて,けっこう面白かったんだけど…)

Cimg2713 Cimg2717 Cimg2736

Cimg2747 Cimg2761 Cimg2764

2階からはリカちゃんをつくっている工場を見学することもできる。首だけののっぺらぼうのリカちゃんに,型をかぶせて着色している様子を上からのぞくことができて,なかなか楽しかった。リカちゃんは,一つ一つこうやって手づくりなのかな? それともここの工場だけなのかな?

Cimg2739

ayuの一番のお楽しみは,自分でドレスなどをコーディネートして「オリジナル・リカちゃん」をつくるお人形教室。「教室」と言っても,先生が教えてくれるわけではなく,むしろ「お人形バイキング」といったかんじ。

Cimg2769_2 Img_0149 Cimg2774

Cimg2780 Cimg2781 Cimg2799

人形+ドレス1着+ぼうし+ピアス+くつ+くしの6点をセットにして1,600円。ドレスをもう1着追加すると2,200円。せっかくなので,今回はドレス2着にしてみた。

一通り見学して,人形をつくって1時間半。入場料は大人500円・こども200円とリーズナブルな設定だ。ウェブサイトの20%オフ券を印刷して持っていくと2割引になる。ウェブサイトには「あぶくま洞・リカちゃんキャッスル共通割引券」というのもあり,今回はそちらを持っていった。これだけの値段で,こどもがこんなに喜ぶ様子を見られるのだから,安いものだと思った。

« モダン・タイムス(学力工場)追記 | トップページ | あぶくま洞(と石灰岩の成因の説明について) »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45922324

この記事へのトラックバック一覧です: リカちゃんキャッスル(まとめ):

« モダン・タイムス(学力工場)追記 | トップページ | あぶくま洞(と石灰岩の成因の説明について) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ