Twitter

最近のトラックバック

友人

« 久慈琥珀博物館 | トップページ | 湊日曜朝市 »

2009年8月11日 (火)

種差キャンプ場

岩手・青森キャンプ旅行,2日目の宿泊地は種差キャンプ場

琥珀博物館から再び国道45号線を北上して青森県入り。階上(はしかみ)町から県道1号線で海岸を北上すると種差海岸に着く。種差キャンプ場は種差海岸駅からほど近い海岸線にある。海岸線はうねうねと天然の芝生地が広がっていて,海と緑の芝生のコントラストが,日本的ではない不思議な雰囲気を漂わせている。

Cimg2651 Cimg2655 Cimg2668

ちなみに,種差キャンプ場には,このブログの写真を見て泊まりたくなった。*snow peak のテントに決めたのも,このブログの写真を見たから。

'07 Summer Camp Report vol.4 ~種差海岸キャンプ場~(Life with しーた R)

黒崎オートキャンプ場は予約がいらなかったが,こちら種差キャンプ場は予約が必要。「休屋」と書かれた建物で受付をする。テント持ち込みで1張り1,500円。受付をしてくれたおばさんは,気さくな雰囲気だ。

Cimg2670 Cimg2673

オートキャンプ場ではないので,リアカーを借りて車からサイトまで荷物を運ぶ。テントサイトまでは登り下りがあり,リアカーでもけっこう体力を使う。駐車場は県道1号線をはさんで反対側にある。うちのテントから車まで,歩いて5分弱ぐらいかかったかな? (荷物の積み卸しの時はもう少し近くに駐められる)

Cimg2674 Cimg2614 Cimg2627

テントサイトは広いのだが,傾斜地が多く,またトイレと水場がサイトの隅の方にあるので,陣取る場所によっては遠くなる。少し悩んだ末に,トイレと水場の中間地点に陣取ることにした。トイレは新しくてそれなりにきれいだが,網戸がないために蚊が飛んでいるのと,みんなの使い方が悪くてゴミだらけになっていて,ゆっくり使う気にはなれなかった。(管理人さんが朝に掃除してくれるのだが…)

Cimg2629 Cimg2630

テントサイトにはトイレがひとつしかない。しかし,駐車場の手前の芝生地にもうひとつトイレがある。こちらは洋式トイレもあり,使い方もきれいだったので,私は主にこちらを利用した。

今日は他のキャンパーも5~6グループいて,若い人たちのスクリーンタープからはにぎやかなはしゃぎ声が聞こえてくる。うちの家族だけだった黒崎オートキャンプ場とは雰囲気がずいぶん違う。若者たちは0時過ぎまで騒いでいたが,私以外の3人は9時すぎに,私も10時頃には寝てしまった。

岩手・青森キャンプ旅行(2009)のまとめに戻る

« 久慈琥珀博物館 | トップページ | 湊日曜朝市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/45898475

この記事へのトラックバック一覧です: 種差キャンプ場:

« 久慈琥珀博物館 | トップページ | 湊日曜朝市 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ