Twitter

最近のトラックバック

友人

« くりこま高原自然学校で稲刈り | トップページ | さよならチャッピー »

2009年10月17日 (土)

くりこま高原自然学校の稲刈り体験(まとめ)

今日はtaroとayuと私の3人で,くりこま高原自然学校・松倉校の隣の田んぼの稲刈りをしに行った。父と子の楽しい1日になるはずだったが,田んぼに集まって自己紹介をしたところで,taroがなんと発熱のためダウン。こどもたちにはかわいそうな稲刈り体験となってしまった。

松倉校の田んぼはこんなかんじ。今晩には雨が降るという予報なので,今日中に全部刈り取ってしまおうという予定だったが,ブログを見ると少し残ってしまったようだ。うちが戦力にならなかったのも一因だろう。申し訳ない!

Img_0395

田んぼのわきには馬(チョコ)とヤギたち(名前忘れた)もいる。こどもたちは動物たちに大喜び。草をたくさんあげていた。

Cimg4184 Cimg4185

この稲刈り体験は,もともとtaroが行きたいというので連れてきたもので,ayuは付け足しというか,一人で家において来れないのでしかたなく連れてきたというのが本当のところだ。しかし,taroが熱を出して松倉校の一室で寝込んでしまったので,ayuにはtaroの分も働いてもらうことにした。

とは言うものの,正直ほとんど期待はしていなくて,すぐに音を上げるかと思ったのに,意外や意外,疲れを見せずにどんどん刈り続けた。鎌を持って刈り取る作業がことのほか楽しかったらしい。

Cimg4194 Cimg4198 Cimg4203

寝込んでいるtaroの熱がどんどん上がったので,昼前に病院に連れて行った。病院に着いた時点で38度8分。当然,新型インフルエンザを疑われて別室治療。しかし,熱を出して間もないためか,迅速診断では判定は出なかった。カロナールという解熱剤を処方された。

グッタリしているtaroを連れて松倉に戻ると,ayuはみんなと一緒に昼食を食べていた。私もおにぎりなどを美味しくいただいた後,午後の稲刈りが始まる前に,みんなに挨拶をして帰途についた。ayuはもっと稲刈りをしたいと駄々をこねたが,しかたなく一緒に帰ってきた。

Cimg4204

taroは稲刈りを楽しめず,ayuは楽しい稲刈りを半分で終わらせて帰ってくるということになってしまって,楽しい休日のはずだったのに,ちょっと残念な1日になってしまった。

帰宅後のtaroだが,その後も熱が下がらない。明日まで高熱が続けば,またインフルエンザの検査をしてもらわなければならない。先ほどまではインフルエンザで確定だと思っていたが,taroのくちびるが妙に赤黒く腫れてきたので,もしかして口唇ヘルペスの初感染ではないのかという疑いも出てきた。素人診断だから,根拠は薄弱なんだけど。さて,明日はどうなるか。

稲刈り—くりこま高原自然学校ブログ

« くりこま高原自然学校で稲刈り | トップページ | さよならチャッピー »

体験型学習」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/46511665

この記事へのトラックバック一覧です: くりこま高原自然学校の稲刈り体験(まとめ):

« くりこま高原自然学校で稲刈り | トップページ | さよならチャッピー »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ