Twitter

最近のトラックバック

友人

« レインコートを買う | トップページ | くりこま高原自然学校に到着 »

2009年10月 8日 (木)

台風の形

台風18号が,先ほど午前5時過ぎに知多半島付近に上陸したらしい。

この台風,「過去10年で最強クラスの勢力を維持したまま」(河北新報)の上陸ということで,いろんな被害が心配される。台風の進路にあたる方は,次のサイトも参考にしてほしい。

台風に備える(Yahoo! 災害情報)

ところで,皆さん台風の形というと,どんな形を想像するだろう。

1)CDのような薄い円盤形
2)缶詰のようなずんぐりした円柱形
3)缶ジュースのような縦長の円柱形

気象現象が主に起こっている対流圏の高さがだいたい10〜15キロメートルで,台風の上昇気流はそこまで達する。一方,台風の直径は,気象衛星からの映像で見て,たとえば西日本や東日本が覆われる程度だと500キロ,本州がすっぽり入ると1000kmほどになる。

そうすると,高さ10kmで直径が1000kmということだから,答えは何番でしょう?

はい,1番が正解。

地学の授業で台風を扱うときに,必ず生徒に出していた問題だが,ほとんど正解者はいなかったように記憶している。教科書や資料集には,高さを何倍にも誇張して書かれた台風の断面図みたいなものがあるので,それを見た記憶が邪魔をするのだろう。2番と答えた人が多かったのではないだろうか?

それはともかく,CDのお化けのような台風が,反時計回りにグルグル周りながら近づいてきている。台風がCDの大きさなら人間は0.00000017mmほどのちっぽけな存在。台風の雨や風に立ち向かおうなどと思わずに,安全を確保して命を守ろう。

« レインコートを買う | トップページ | くりこま高原自然学校に到着 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の形:

« レインコートを買う | トップページ | くりこま高原自然学校に到着 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ