Twitter

最近のトラックバック

友人

« 脱水症状と頭痛 | トップページ | 気になる言葉:ワールド・カフェ »

2009年12月12日 (土)

矢印カーソルをもっと見やすく— パソコン教材づくり(Mac OS X)

昨日,早朝の仕事タイムに「この音なんだ?」という教材を,PowerPoint でつくってみた。

身近な音に注意を向けさせたいというのがねらいで,自立活動の「環境の把握」の学習を頭に置いている。まずは「鳴き声編」として,トラや鳥の鳴き声を聞かせて,どの動物が鳴いているか,画面の写真をクリックして答えるというものをつくってみた。

授業で試しに使ってみたが,画面上のポインタ(矢印)が小さくて,もともと注視の苦手な生徒たちということもあって,うまくクリックできない生徒が多かった。

Windows には,カーソルを別なものに変える「アニメーションカーソル」というものがたくさんある。Mac でも 昔は似たようなユーティリティがあったが, Mac OS X の時代になってからは見かけなくなった。

でも,探せばちゃんとあるものだ。

まずは灯台もと暗しで,Mac OS X の標準の機能の中に,カーソルを巨大化させる機能があった。

【システム環境設定】→【ユニバーサルアクセス】と進んで,「マウスとトラックパッド」のタブの中に,「カーソルのサイズ」という項目がある。

001_3

これが通常の大きさ(画像クリックで100%サイズ)。これを拡大すると…

002_4

こうなる。とても大きくて見やすい(かえって見づらい?)。この方法は無料でできる。

もう一つは,PinPoint というシェアウエアのシステム環境設定を使うやり方。

このソフトは,矢印カーソルの周りを丸で囲んだり,点線をクルクル回したりして,カーソルの視認性を高める。上の2つの画像で矢印カーソルが緑の円で囲まれているが,これも PinPoint の機能を使ったものだ。お値段は $10だ。円高の今なら少し安く手に入る。

003

システム環境設定の「その他」の欄にインストールされるので,設定はシステム環境設定から。

004

これは赤い点線がクルクル回って,非常に視認性が高い。今度の授業では,これを使ってみよう!

○参考にしたサイト○

TidBITS #765/07-Feb-05
TidBITS ご用達ツール: PinPoint と Mousepose
http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/tidbits-jp-765.html#lnk2

WALK ON THE BRIGHT SIDE OF LIFE
プレゼンやPC操作デモで役立つTips
http://www.takanomasahiro.com/index.php?ID=187

« 脱水症状と頭痛 | トップページ | 気になる言葉:ワールド・カフェ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/46999991

この記事へのトラックバック一覧です: 矢印カーソルをもっと見やすく— パソコン教材づくり(Mac OS X):

« 脱水症状と頭痛 | トップページ | 気になる言葉:ワールド・カフェ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ