Twitter

最近のトラックバック

友人

« 批判されるべきなのは市長ではなく市民では? | トップページ | 住所録を Bento 3 に移行 — 宛名職人に別れを告げて »

2009年12月23日 (水)

人を批判する資格があるか考えてからモノを言う—片山右京さん遭難

誰かを批判するときは,自分にその資格があるか考えてから発言したほうがいい。的外れな批判をして,周囲から迷惑がられる(バカにされる)のが嫌ならね。

有名人がどうしたこうしたというたぐいのニュースに興味がない私だが,携帯電話を開いて「片山右京さん富士山で遭難」という文字が目に飛び込んできたときには,思わず声が出て,背中がゾワワ〜ッとなった。

あまり知られていないようだが,片山右京さんは発達障害や自閉症の人との交流がある。2008年の2月に国立赤城青少年交流の家で開催された「青少年自立支援者のための研究協議会」に参加したとき,右京さん本人から,サイクリングを通じた自閉症の人との活動の話をうかがった。自己肯定感が低い発達障害のこどもたちのこともしっかり考えて,サイクリングを指導されていた。

その時の片山右京さんの印象は,しっかり目標設定をして,リスクを取りながら自分の人生にチャレンジしている人。だから,今回の南極登山のトレーニングとしての富士山登山も,周到な準備をして臨んでいるだろうし,その中で起きてしまった不幸な事故なのだと思った。

ところが,この件について批判が相次いでいるという。批判している人は,登山をしたことがある人なのかな〜。何かに命をかけたことがある人なんだろうか。まあ,おおかた自分の発言にすら責任を持てないような人なんだろうな〜。そうでなければ,批判なんかできっこないよ。

命をかけてチャレンジしているに人しか見えないことがある。そういう想像力をもたないと。自分にすべて見えているかのように自信をもって批判できる人は,自分がそういう想像力の持てない,リスクテイクもできない器の小さな人間ですと公言しているようなものだ。恥ずかしいったらありゃしない。

小さい器でぬるい人生を生きたい人はそうしたらいいが,命をかけてやってる人の足を引っ張るべきではない。自分の身の丈にあった発言をしよう。

野口健公式ブログ
片山右京さん遭難について
http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/51368887.html

« 批判されるべきなのは市長ではなく市民では? | トップページ | 住所録を Bento 3 に移行 — 宛名職人に別れを告げて »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

久々に読みましたけど、なかなか青臭い文章だ。
今ならこうは書きませんが、同じような事件事故が起これば、同じように感じるでしょう。

はじめまして。
批判する人を批判するアナタにその資格があるか考えてみました。
片山さんは、周到な準備なんてしてませんよ。
「周到な準備」とは、遭難の可能性を考慮したものでなければなりません。


>>今回の南極登山のトレーニングとしての富士山登山も,周到な準備をして臨んでいるだろうし,その中で起きてしまった不幸な事故なのだと思った。

片山右京さんら「登山計画書」を提出せず
http://archive.is/TH0RW#selection-531.0-531.19
登山と計画
http://www.jma-sangaku.or.jp/tozan/plan/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 批判されるべきなのは市長ではなく市民では? | トップページ | 住所録を Bento 3 に移行 — 宛名職人に別れを告げて »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ