Twitter

最近のトラックバック

友人

« 冬のくりこま冒険塾,始まる! | トップページ | Nike+iPod Sensor を購入——iPhone をジョギングのお供に »

2009年12月29日 (火)

「主体的」と「能動的」の違いって?

「主体的な学び」と「能動的な学び」って何が違うんだろう?

研究紀要に書く内容の構想を練っているときに,こんな疑問にとりつかれた。

同じことを言っているような気がするんだけど,もしかして区別して使ってる人もいるのだろうか。そう思って,考え込んだり,インターネットを検索してみたり。「主体的・能動的に…」と並列表記にしている人も多いが,そう書く人はそれぞれの言葉にどんな意味をこめているのかな?

辞書を引くと…

主体的:自分の意志・判断によって行動するさま。自主的。(Yahoo辞書
能動的:自分から他に積極的に働きかけるさま。自分の方から他に作用を及ぼすさま。(Yahoo辞書

現段階での私の結論としては,「主体的」というのはその人の心の状態で外からは見えないもの,「能動的」というのは行動の状態で外から観察可能なもの。例えば私が「主体的と能動的の違いって何だ?」と考え込んでいるときは,主体的ではあるが能動的ではない(他に働きかけてはいない)。でも,それらの言葉を iPhone の大辞林で調べたり,インターネットを検索したり,こうやってブログを書いたりするのは,主体的でありかつ能動的。

私たちの研究で「主体的な生徒」に育てたいというときに,想定している姿は「能動的に学ぶ姿」だと思うんだけど,必ずしもそれらはイコールではないということを心にとめておいた方がいいかもしれない。

« 冬のくりこま冒険塾,始まる! | トップページ | Nike+iPod Sensor を購入——iPhone をジョギングのお供に »

教育」カテゴリの記事

コメント

どうもです〜。さっそく来ていただいて,ありがとうございます。

学校で主体性を育む研究をしているんですけど,私たちが生徒の主体性を何で見てるかというと,それは能動的に動いているかどうかなんですよね。でも,行動に表れない主体性もあるということを,ちゃんと気にとめておきたいなと…。

周囲の人やものに主体的に関わっていくためには,自己肯定感がなによりも大切。息子さんが通級指導教室で学んだことの中に,きっとそういう部分もあったのではないかと想像しています。

先ほど、ツイッタ―でお話させていただいたものです!

色々なお話を伺えることと、愉しみにしております。

『想定している姿は「能動的に学ぶ姿」だ』という視点を伺って、なるほど~!と納得です。

子どもは、2年生から小学校の通級指導教室に、正味4年ほど通っていましたが
本人的には「何の意味も見出せなかったらしく…」

その意味では、とても残念に想っています。

けれど、目には見えない意識していない部分で、とても大きな力になったことと
親としては、本当に感謝しています。

ぜひ、学びの場所は様々でも、子どもたちの育ちと学びが豊かで実りあるものになって欲しいと
心より願っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/47142838

この記事へのトラックバック一覧です: 「主体的」と「能動的」の違いって?:

« 冬のくりこま冒険塾,始まる! | トップページ | Nike+iPod Sensor を購入——iPhone をジョギングのお供に »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ