Twitter

最近のトラックバック

友人

« mobileme のアカウントで受信メールの取りこぼし?(迷惑メールボックスの設定で解決) | トップページ | iPhone で血圧が下がる! »

2010年1月16日 (土)

「走る=苦しい」は学校で学んだこと

今朝は雪景色なので,朝のランニングはパス!

Nike + iPhone でランニングをするようになって約3週間になる。雪の日が意外に多く,走った回数はだいたい2日に一度ぐらいにとどまっているが,その間に走った距離は42.88kmにもなった。

今まで「ランニングなんて苦しいことをする人の気が知れない」とずっと思ってきたが,Nike+iPhone のおかげで40歳も過ぎて初めて「走るって意外に楽しいな」と感じることができた。

考えてみると,「走る=苦しい=嫌なこと」という関連性は学校で学んだことだと思う。特に中学校と高校かな。こどもの頃に田んぼや山で遊んでいて,走った後に苦しいとか嫌だとか思ったことはないもんな(たぶん)。部活のランニングや学校行事のマラソン大会を通して,ランニングに対するマイナスのイメージが形づくられたと思う。

苦しいことに立ち向かって乗り越えるという比喩としてのランニングもあっていいと思うが,楽しく体を動かすというランニングも一緒に教えないと片手落ちではないのかな。

学校体育の目的は生涯スポーツだよね。ちなみに,高校の指導要領にはこう書いてある。

 心と体を一体としてとらえ,健康・安全や運動についての理解と運動の合理的な実践を通して,生涯にわたって計画的に運動に親しむ資質や能力を育てるとともに,健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り,明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てる。(高等学校学習指導要領 第6節 保健体育 第1款 目標)

この点から言ったら,苦しいランニングは体育の目的に合ってない。
楽しいランニングをもっとたくさん教えなくては!

« mobileme のアカウントで受信メールの取りこぼし?(迷惑メールボックスの設定で解決) | トップページ | iPhone で血圧が下がる! »

健康」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/47289536

この記事へのトラックバック一覧です: 「走る=苦しい」は学校で学んだこと:

« mobileme のアカウントで受信メールの取りこぼし?(迷惑メールボックスの設定で解決) | トップページ | iPhone で血圧が下がる! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ