Twitter

最近のトラックバック

友人

« 他者と自分を比べはじめると勉強が嫌いになるのかな? | トップページ | 仙台で4月2日に「ぼくはうみがみたくなりました」を上映! »

2010年2月11日 (木)

カーソルの形を変えて,パソコンの画面で長い文章を快適に読む

ダイアログ Bar を主宰する西村勇也さんがつくった「ワールド・カフェの準備と手順マニュアル」というPDF書類を読んだ。新たな視点が得られてとてもワクワクしたのだけど,それは別な記事に書くことにして,この記事ではパソコン上でちょっと長い文章を読みやすくする工夫を紹介してみたい。

パソコン上で字面を追って長い文章を読み進めるのは,私にとってはけっこう心理的に負担が大きいのだが,皆さんはどうだろう。その負担の大きさは,1行読み終わってから次の行に読み進めるときに,目の置き位置が分かりにくいからだと思う。ウェブ上の記事では多くの場合,段落ごとにちょっとした隙間ができるため,その隙間を手がかり(目がかり?)にできるのだが,PDF書類のように紙に印刷したように表示された書類にはそのような隙間はないのが普通だ(私は印刷物も隙間ができるようにワープロソフトを設定しているが)。

そんなわけで,次の行に目を移すときに分かりやすくする方法はないかなと考えて,ちょっとしたことを思いついた。紙に印刷された文章を読むとき,しおりを横にして読んでいる行の下に置いて1行ずつずらしながら読み進めることがある。カーソルの形を変えるソフトを使って,カーソルを横線のように表示できれば,それに似たような仕組みにできるではないか!

私のマックには,カーソルの形をいろいろ変えることができる PinPoint というソフトが入っている。そのなかから,Full Screen Crosshair というスクリーン全体に伸びる十字線のカーソルを選んで,「ワールド・カフェの準備と手順マニュアル」を読んでみた。これはなかなかイケるアイディアだった。読んでいる文章の中身がよかったからということももちろんあるが,視線が迷子になることなく,気持ちよく読み進めることができた。

ちなみに,読んでいるときの画面はこんなかんじ。表示されている書類は「ワールド・カフェの準備と手順マニュアル」ではなく,特別支援学校学習指導要領解説<自立活動編>である。クリックで拡大する。

20100211_83711_3

とても快適だったので,途中から iPhone の Air Mouse Pro というユーティリティを起動させて,十字線の移動やページめくりは iPhone の画面で操作してみた。パソコンをちょっと向こうに押しやり,書類をパソコンの画面いっぱいに拡大表示して,操作は手元の iPhone で。珈琲を飲みながら優雅な読書タイムとなった。これは快適だ!


« 他者と自分を比べはじめると勉強が嫌いになるのかな? | トップページ | 仙台で4月2日に「ぼくはうみがみたくなりました」を上映! »

iPhone」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/47535876

この記事へのトラックバック一覧です: カーソルの形を変えて,パソコンの画面で長い文章を快適に読む:

« 他者と自分を比べはじめると勉強が嫌いになるのかな? | トップページ | 仙台で4月2日に「ぼくはうみがみたくなりました」を上映! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ