Twitter

最近のトラックバック

友人

« 満員御礼「ぼくうみ」上映会(仙台) | トップページ | MacBook Pro (Mid 2010):新しいパソコン購入 »

2010年4月 5日 (月)

時事通信に Voice4u の記事(自閉症の人のための会話支援ソフト)

私も日常的に使っている Voice4u という iPhone/iPod touch のアプリの話題が,時事通信に掲載されている。

自閉症向け会話ソフトが人気=実体験踏まえ日本人主婦が開発-米
http://bit.ly/dwC8Rp

自分のブログでも早くしっかりと紹介したいと思いながらも,なかなか書けずにいる。というのは,私の使い方はこのアプリの本来の使い方とちょっと違うような気がするから。

このアプリの本来の目的は,自閉症の本人が周囲に伝えたいことをこれで伝えるというもの。でも,私自身は自閉症の本人ではないので(多分にその素質はあると思うが),私が使う場合,自閉症の生徒に「私の」言葉として何かを伝えるときの支援装置になる。こんな書き方で伝わるかな。

自閉症の生徒に絵カードを示してこちらの意志を伝えることがあるが,私の Voice4u の使い方は,その絵カードがわりだ。例えば,「着替えに行こう」とか「グラウンドでマラソンをしよう」みたいなことを話しかけるときに,一緒に iPhone で Voide4u に登録したジャージの写真や,グラウンドでその生徒が走っている写真を見せるのだ。そうすると,その生徒は iPhone に手を伸ばしてきて写真にタッチする。そして iPhone から「きがえ」「まらそん」と聞こえてくるのを確認して,ニヤッと笑い,動き出す。自発語のない,知的にはかなり重度の自閉症の生徒である。

Voice4u にはたくさんの言葉と絵が始めから入っているが,iPhone で写真を撮って簡単に新しいものを追加することができる。指導中に「あ,これがほしい」と思ったときにすぐに追加できるのは大変便利だ。

昨年度のクラスでは,もう一人自発語のある自閉症の生徒がいて,この生徒には絵カードの携帯ブックを持たせていた。言葉はあるが自分から意思表示ができないと申し送られた生徒だが,絵カードを持たせたらあっと言う間に自発するようになった(言葉がある自閉症の生徒に絵カードを持たせるという発想は,残念ながらこの業界でまだ一般的ではない)。本当は,その生徒自身に iPhone を持たせたいのだが,自分の iPhone を貸すわけにもいかず,そのままになってしまった。生徒が使ったことのない段階で,お母さんに「iPhoneとVoice4uを両方買ってね」とお願いするのもちょっと…と思うので,ソフトバンクの孫さんが Voice4u と iPhone を半年ぐらいでいいので無料で貸し出してくれることを期待したい。

※Voice4u を使っている自閉症青年が登場する,こちらの動画も合わせてどうぞ!

"自閉症" - 一人の青年の記録 - "シリアスベービー"
http://www.youtube.com/watch?v=_Go_Ibdu2TM

« 満員御礼「ぼくうみ」上映会(仙台) | トップページ | MacBook Pro (Mid 2010):新しいパソコン購入 »

iPhone」カテゴリの記事

お気に入りアイテム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/48002007

この記事へのトラックバック一覧です: 時事通信に Voice4u の記事(自閉症の人のための会話支援ソフト):

« 満員御礼「ぼくうみ」上映会(仙台) | トップページ | MacBook Pro (Mid 2010):新しいパソコン購入 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ