Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月の2件の記事

2010年11月16日 (火)

宮城県立光明支援学校で主体性をテーマにした公開研究会

12月10日(金)に,宮城県立光明支援学校で公開研究会が行われます。研究主題は「自立に向けて,主体的に学ぶ生徒の育成を目指して」です。2年間の研究の2年目の研究です。

公開当日は,小・中学部および高等部の授業公開,各学部の分科会,そして宇都宮大学教育学部の梅永雄二先生の講演が予定されています。多くの先生に参観していただき,学びを深める1日にしたいと思って,このブログでもご案内します。詳しくは,こちらの案内文書をご覧ください。

宮城県立光明支援学校 創立50周年記念 自主公開研究会 (ご案内) PDF
参加申込書(Word ファイル)
宮城県立光明支援学校

私は高等部の研究担当という立場なので,高等部の研究について少し補足します。

高等部の研究主題は「生徒のチャレンジを引き出す授業づくり」です。うちの高等部の生徒の主体性を引き出すために必要なことは,自己肯定感自己効力感)を高めることと,他者にかかわろうとする意欲を高めることというのが基本的な考え方です。

そのために必要なのが,日々の授業の中にある「成功体験」です。「自分でできた」という成功体験を積み重ねていくことで自己肯定感を高め,「自分はできるんだ」という自己効力感を向上させていきたいのです。

成功体験を得るための場面設定が研究主題にある「チャレンジ」です。チャレンジというからには成功を約束されたことをするのではありません。失敗するかもしれない。でも,仲間に励まされ,あるいは仲間と一緒にチャレンジして,それをやり遂げることで,自己効力感の向上と,他者とかかわる意欲を高めていきたいと思っています。

教師は,チャレンジを成功体験に導くために,体験学習サイクルにそった授業展開をします。目標設定をして,チャレンジし,それを振り返る。なぜそのような結果になったのかを考え,次のチャレンジに生かす。そういうサイクルを回しながら,成功体験のレベルを上げていきます。

…と書くのは簡単ですが,それを実行するのはなかなか大変。まだまだ発展途上で突っ込みどころも満載です。でも,この2年で生徒たちの雰囲気が変わりました。以前よりも全体的に積極的で明るい雰囲気になったと思います。

先日,高等部の研究の時間に,「今の生徒たちの主体性はどうだろう,研究を始める2年前と比べて変化したか」という話し合いをしました。その話し合いのなかでも,よい方向に変わったという意見が多く聞かれました。面白かったのは,生徒がどう変わったかという話をしてと言っているのに,教師についての話題がとても多かったことです。生徒も変わったけど,実は「変わったのは私達(教師だ)」という声がそこここから聞かれました。

普段のすべての授業が,上に書いたように体験学習サイクルに基づいて行われているとは,まだまだ言えないのですが,それでも2年前に比べて「そうそう!」と膝を打ちたくなる授業や生徒とのかかわり方が増えたのも事実です。

ぜひ公開に来ていただいて,私たちのチャレンジに叱咤激励をいただければと思います。そして,楽しい学びの1日にしましょう。皆様の参加をお待ちしております! (あ,蛇足ですが,高等部の分科会はワールド・カフェっぽくやる予定です)

2010年11月 7日 (日)

鳴子峡の紅葉〜潟沼(火山性の湖)〜鳴子温泉郷

昨日,2年ぶりに鳴子峡の紅葉を見に行った。

朝6時に仙台を出発。きれいな秋の青空を楽しみながら,大深沢橋手前の無料駐車場についたのが7時半過ぎ。鳴子峡はなんと大粒の雨が降っていたが,身支度を調えている間にどんどん青空が広がってきた。

Cimg0446 Cimg0443 Cimg0451

大深沢橋を渡り,レストハウスの見晴台からしばし眺めを楽しむ。雨にぬれた紅葉が,朝日を浴びて輝いていた。

他の時間には見たことがないのだけど,鳴子峡の紅葉は朝が一番きれいなのではないだろうか。見晴台から大深沢橋を眺める定番の景色は,視線が北西の方向になる。つまり,朝日がまっすぐに当たる角度なのだ。

Cimg0457

大深沢橋手前の無料駐車場に戻り,駐車場のわきに今年新しくできた展望台ものぞいてみる。川の流れがはっきり見えるところがいいね。(でも中山口の橋が見える景色の方が好きだけど)

Cimg0471 Cimg0473

ここから大深沢越え遊歩道を歩くつもりだったが,天気が思わしくないのと,紅葉の見頃まであと一歩という情報もあったので,予定を変更して潟沼に行くことにした。

潟沼は鳴子温泉郷から車で数分,山道を登ったところにある。最後に坂道を下ると大きな沼が突然視界に現れて,ちょっとした感動がある。

ここは昔の噴火でできた火口湖と考えられていて,湖岸には黄色い硫黄を伴う噴気口があり,湖底からブクブクと噴気が生じている場所もある。スコップで砂浜を掘ると即席の露天風呂になったりするようなところもあるらしい。

沼のまわりには小径が整備されていて,苔むした道を歩いていると気持ちよい(硫黄のにおいがプンプン)。昨日はドングリがいっぱい落ちていて,娘が立ち止まっていつまでも拾っているのでなかなか前に進めなかった。

Cimg0487 Cimg0509 Cimg0516

Cimg0521 Img_1833 Img_1838

潟沼(Wikipedia)

最後に,娘が今日一番楽しみにしてる温泉へ。いつもなら早稲田桟敷湯に行くところだが,今回は父と子どもたちの3人旅行なので,娘が一人になってしまう。それはイヤだというので(まだ心配だし),今回は家族風呂を使えるところを探して,旅館すがわらの日帰り入浴にした。

旅館すがわらの日帰り入浴は一人500円で,10時半から14時まで。料金内で貸切風呂(4つ)を使うことができる。MAPPLE の「宮城県の日帰り温泉ランキング」の第1位。昨日は,湯めぐり駐車場に車をとめて,そこから歩いて行った(もちろん旅館の駐車場も普通に使える)。10時過ぎに着いて,貸切風呂が空いているかを確認したところ,2階の2つは泊まり客が使っていたが,1階の2つが空いていたので,そちらを使わせてもらうことにした。

Cimg0533 Cimg0549 Cimg0551

源泉掛け流しの温泉で,とってもヌルヌルした感触だ。温泉のサイトに「メタケイ酸は美肌成分」と書いてあるが,旅館すがわらの分析表によると,このメタケイ酸が 500mg/kg とかなり高い値だ。

中庭には,池の鯉を眺めながら入れる足湯もあった。私は内湯で十分に温まったので入らなかったが,こどもたちは喜んで足を浸していた。この足湯はTVチャンピオン・プロデュースとのこと。私はその番組は見たことないが。

この後,湯めぐり駐車場に行く途中の一之坂餅屋に寄り,栗だんごとずんだ饅頭を購入。車に戻って帰途についたのがちょうど正午だった。

帰り道は,対向車線が鳴子峡に行くであろう車の列で大渋滞! 朝食を家でゆっくり食べて10時頃に出てくると,この渋滞にはまるのかな〜。鳴子温泉から川渡温泉までほぼ切れ目なく渋滞で,さらに「あ・ら・伊達な道の駅」から古川方面にかけても渋滞になっていた。この人たちはいつ鳴子峡にたどり着くのか…。

鳴子峡の紅葉を休日に見に行くなら,朝7時台に駐車場に着くように行くといいですよ。渋滞もないし,無料駐車場も空いているし,一之坂餅屋の栗だんごも売り切れていないし。そしてなにより,朝日を浴びた紅葉がとてもきれいですから。

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ