Twitter

最近のトラックバック

友人

« [学都仙台・宮城]サイエンスデイ 2011 に行ってきた | トップページ | 月山トレッキング(姥ヶ岳〜牛首) »

2011年7月24日 (日)

【新刊】大震災・自閉っこ家族のサバイバル(髙橋みかわ著)

Sinsai
大震災・自閉っこ家族のサバイバル(髙橋みかわ編著)
ぶどう社
定価1600円+税

3時間で一気に読んだ。

さすがみかわさん,的確にまとまってる。仙台と石巻の自閉っこ​とその家族たちが,地震やその後の避難生活をどう乗り切ったか。​これからの災害に備えて学べることが,本の中にたくさんちりばめられている。

1章 ライフラインのとまった街で
   我が家の3・11…あのときなにがあったのか

2章 ブログとメールでつながりあった
   みかわ屋通信の1カ月

3章 津波に襲われた街で
   家は浸水したけど、家族で一緒に暮らせるなら
   震災は障害を軽く越えた!って感じ

4章 地域の避難所で
   中学校で:娘の頑張りとみなさんの理解で
   支援学校で:息子に寄り添い続けて
   学校を避難所としてひらいた先生たち

読みながら少し涙ぐむ。自分も震災直後のことをいろいろ思い出した。震災後4ヶ月でけっこう忘れているものだ。こうやって当時を思い出すと,今から次に向けてやっておくべきことがいろいろあるなーと再確認した。例えば特別支援学校は,災害時に在校生や卒業生,地域の人を受け入れるための備蓄をしておく必要がある。今回はそれがまったくなかった。

こういう本が必要だと思っていた。震災直後からずっと。

自分がつくらなければいけないと思った時期もあったなー。地学の教員で防災教育にもかかわっていて,自閉症のこどもたちとのつながりもある。実は,本を作るとしたら,どんな章立てで誰に原稿を頼んで…なんてメモもつくっていた。ところが,学校が始まるとそれどころではなくなって…。

でも,私じゃなくて,みかわさんがつくって大正解〜!

震災後3ヶ月で印刷に回すというスピード出版だったが,本当によくまとまっていると思う。当時のメールでのやりとりや,それぞれの手記はとてもリアルで,読みながら当時の日々をもう一度追体験したような気持ちになった。皆さんも,この本を読むと地震の瞬間やその後の被災生活を仮想体験できると思う。

未曾有の大震災に「次」はないことを祈りたいが,地震列島日本に住んでいる限り,誰もこの震災を他人事で済ませることはできない。東海・東南海・南海地震が連動したときの被害想定では,今回と同じぐらいの死者数が見込まれている。今回の震災が想定外だったように,専門家も思ってもみない場所で,次の大震災が起こるかもしれない。

ぜひこの本を手にとって,被災地で起こったことを仮想体験し,「次」への対策を練ってほしい。今,学校で学んでいることが,震災時にどう生きるのか,生きないのか,じっくり考えてほしい。

« [学都仙台・宮城]サイエンスデイ 2011 に行ってきた | トップページ | 月山トレッキング(姥ヶ岳〜牛首) »

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/52295559

この記事へのトラックバック一覧です: 【新刊】大震災・自閉っこ家族のサバイバル(髙橋みかわ著):

« [学都仙台・宮城]サイエンスデイ 2011 に行ってきた | トップページ | 月山トレッキング(姥ヶ岳〜牛首) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ