Twitter

最近のトラックバック

友人

« 高校生・青少年赤十字リーダーシップトレーニングセンター(宮城) | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その1) »

2011年8月10日 (水)

JRC高校生トレセンメンバーが仮設住宅でお茶わん市を開催

※この記事の写真は拡大しません!

Cimg1965青少年赤十字(JRC)のトレセンが終わって3日後の日曜日,東松島市のグリーンタウンやもとの仮設住宅で,トレセンに参加した高校生たちが無料のお茶わん市を開催した。

このお茶わん市は,神戸から来たひまわりオジサンと,栗原市のNPO法人あづまーれの皆さんのサポートで実現した。

参加した高校生は,先日行われた2泊3日の青少年赤十字リーダーシップトレーニングセンター(トレセン)に参加したメンバーの一部で,石巻好文館,石巻商業,宮城水産,聖和学園,東北生活文化大学高校の生徒たち。この活動の発端は,トレセンで行ったワークショップである。

一つの班が,ワークショップの話し合いで,被災者の笑顔を集めて写真集をつくるという「笑顔・夢プロジェクト」という企画を生み出した。しかし,笑顔の写真を撮るには,何か笑顔になることがないと…。そう考えたときに,仮設住宅に入ったばかりの人に,ひまわりオジサンと一緒にお茶わんを配ったらどうだろうと思いついた。

ひまわりオジサンに相談したら,被災地に配るためのお茶わんはまだたくさんあって,ひまわりオジサンもその活動をサポートしてくれることになった。その班の中には,仮設住宅で暮らしている生徒がいたので,配布先はその仮設住宅にすることにした。実行する日は次の日曜日。トレセン終了間際にいろんなことがトントン拍子で決まっていった。

仮設に住む生徒は,帰宅してからさっそく,親に企画の内容を話し,自治会の人たちを訪ねて許可をもらい,掲示板に案内ビラをつくって貼り(上の写真),準備を整えた。

そして当日。

会場には,「笑顔・夢プロジェクト」を生み出したグループを中心に,他のグループのメンバーも手伝いに来て,みんなで汗を流した。

Cimg1945 Cimg1940

Cimg1948 Cimg1960

食器がたくさんつまった段ボール箱を車から降ろして運び,いろいろな食器を出して仮設の皆さんにオススメし,新聞紙や空き箱などを片付け,食器をたくさん入れて重くなった箱をおばあちゃんの家まで運んであげて…と,若さを生かして伸び伸びと活動していた。

お茶わん市はたいへん盛況で,仮設住宅に住む皆さんがたくさんいらっしゃって,持ってきたほとんどすべてのお茶わんが1時間ほどで引き取られていった。きっとその晩から,高校生たちが配った茶わんが活躍していることだろう。

Cimg2025そして同時に,「笑顔・夢プロジェクト」のための笑顔の写真撮影もぬかりなく。笑顔の写真をたくさん撮れたようだった。お茶わん市が終わってから,仮設の集会場に移動し,プリンタですぐに印刷して集会場の壁に次々と張り出していた。

今回のトレセンメンバーは,トレセンの3日間で友情を育んで,とてもまとまりのある集団になった。「この仲間で1つのクラスならいいのに」という声が出るほど男女関係なく仲良しで,ほんの1週間ほど前まではお互いまったく知らない者同士だったとは思えないほど,今日も仲良く,楽しく,笑顔で活動をしていた。

青少年赤十字には「気づき,考え,実行する」という態度目標がある。トレセンのワークショップでは,苦しんでいる人の存在に気づき,自分たちに何ができるかを考えて,最終日に発表を行う。いつもなら,最後の「実行する」は,それぞれのメンバーが自分の学校に帰ってから行うということになるのだが,発表しっぱなしで「実行する」がないままになってしまうことも少なくない。

今回は,トレセンが終わって3日後に,ワークショップで計画した企画を,生徒たちは実行してみせた。その実行力がすごいなと思うと同時に,こういう機会を与えてくれたひまわりオジサンに感謝したい。生徒たちは,この体験から,きっと大事なことを学んだことだろう。

今回参加した高校生たちは,10年後に復興した宮城県を引っ張っていく世代の人たちだ。こうやって日曜日にみんなで集まって,地域のために,友人のために楽しそうに活動する生徒たちを見て,心から頼もしいヤツらだなと思った。宮城の将来をこの生徒たちに託したい。しっかり頼んだぞ!

Cimg2016


« 高校生・青少年赤十字リーダーシップトレーニングセンター(宮城) | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その1) »

体験型学習」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

椎の木さん,その節はお世話になりました。
私のところにも,はがきが届きました。こういうところをしっかりできるって,すごいなーと思います。最後のお茶わん配りのときには,この記事の写真にある高校生たちが再集結したんですよ。私も参加したかったのですが,何かと重なっていて残念ながらその場にはいられませんでした。

今さっき,私のパソコンに保存している地震から1ヶ月ぐらいの写真を見返していました。やはり今もまだ胸がザワザワします。1日1日がとても貴重だと毎日思って暮らしています。

今日「お茶わんプロジェクト」完了のご報告
 の葉書をいただきました。
 関係者の方はお忙しいのに
 お心遣いに感謝します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/52439802

この記事へのトラックバック一覧です: JRC高校生トレセンメンバーが仮設住宅でお茶わん市を開催:

« 高校生・青少年赤十字リーダーシップトレーニングセンター(宮城) | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その1) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ