Twitter

最近のトラックバック

友人

« JRC高校生トレセンメンバーが仮設住宅でお茶わん市を開催 | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その2) »

2011年9月18日 (日)

自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その1)

8月27日(土)から28日(日)にかけて,早稲田大学で開催された自閉症カンファレンス NIPPON 2011に参加した。仙台から参加となるとお金も時間もかかるし,この日程だとすでに2学期が始まっているということもあって,最近はなかなか参加できずにいたが,やはり参加すると,毎回新しい学びがあり,昔からの仲間との再会があり,知識とやる気とエネルギーをもらうことができる。今回も素晴らしい2日間だった。

2002年に初めて開催されたこの研究会も,今年で10周年を迎えた。実は第1回の2002年に分科会で発表する機会をいただいて「ビデオによる視覚支援2例」という発表をした。今回10周年ということで,もう一度発表しませんかというお誘いをいただき,いいチャレンジを与えられたと思って,発表させていただくことにした。

いや,本当のところは,自分にその役が務まるとは思えなかったのでお誘いを受けるかどうかしばらく悩んだ。最近の自閉症療育事情にはまったくついていけてないし,TEACCHプログラムに基づく実践も皆さんに紹介できるレベルでできているわけでもない。

Finder001_2皆さんにお伝えできるとすれば,昨年度まで高等部で取り組んでいた,生徒の主体性を引き出す研究のこと。体験学習サイクルを意識した指導で生徒にたくさんの成功体験を与え,自己効力感を高めるという考え方や,その実践から導かれた「主体性を引き出す14の手だて」は,全国からカンファレンスに集まってくる意識の高い皆さんに,お伝えする価値があるかもしれないと思った。

そんなわけで,自閉症カンファレンスなのに,話の中に「自閉症」という言葉がほとんど出てこない発表ではあったが,時間をいただいてお話しをしてきた。分科会の進行をつとめていた村松陽子先生には,自己肯定感を高めていくことはとても大切で,その具体例を紹介してくれたのが良かったという趣旨のコメント(ちょっと記憶が曖昧…)をいただいたりして,会場の皆さんに概ね好意的に受け止めていただいたようでホッとした。

講演要旨:目標設定と体験学習サイクルで生徒のチャレンジを引き出す(自閉症カンファレンスNIPPON 2011)
http://hiroy.kir.jp/autism-conference2011.pdf

ビデオによる視覚支援2例(自閉症カンファレンスNIPPON 2002)
http://hiroy.kir.jp/tokushu/conference02/kouen/index.html

興味深かったのは,TEACCHにあまり関係がないと思っていた自分の発表の中に,メジボフ教授の講義内容と関連するところがいくつかあったところだ。自分たちが取り組んできたことに裏付けを得た気持ちで,これにはとても勇気づけられた。

ところで,余談にはなるが,今回の発表で私はひとつの挑戦をした。それは,発表のプレゼン資料を iPad2 でつくり,iPad2 の Keynote(プレゼンアプリ)で発表すること。

iPad2 に Apple VGAアダプタ をつなぐと,iPad2のディスプレイに映っている映像を液晶プロジェクタに出力することができる。特に難しい設定はなく,接続するだけで簡単に表示される。そうやって表示させたプレゼン画像を,iPad2 と Bluetooth接続した iPhone の Keynote Remote アプリで操作すると,iPhone でスライドをめくったり,発表原稿のメモを見たりすることができる。iPad2 を一度も触らずに,iPad2 の置き場所を気にすることもなく,お客さんの方を向いてプレゼンを進めることができて,とても快適だった。

323121_203634869696229_100001491538写真は,iPad2 の Keynote アプリでプレゼンをつくっている時の様子だ。iPad2 の Keynote アプリは,Mac本体の Keynote アプリよりシンプルなつくりになっていて,使えるフォントやトランジッションが少ないなど制約が多かった。でも,使っている間にその制約にも慣れて,アプリがシンプルな分,プレゼンもシンプルなつくりになって,かえって良かったかもしれない。ただ,プレゼン画面と発表者ノートの編集画面を同時に出せないので,プレゼンを見ながらセリフを考えて入力するのは辛かった。その作業だけは,データをパソコンに移動して編集し,それを iPad2 に戻すというやり方で行った。


« JRC高校生トレセンメンバーが仮設住宅でお茶わん市を開催 | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その2) »

iPhone」カテゴリの記事

MAP(冒険教育)」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519609/52763467

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その1):

« JRC高校生トレセンメンバーが仮設住宅でお茶わん市を開催 | トップページ | 自閉症カンファレンス NIPPON 2011 に行きました(その2) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ