Twitter

最近のトラックバック

友人

« 2015年1月 | トップページ | 2016年11月 »

2015年8月の2件の記事

2015年8月17日 (月)

根尾谷断層の観察

岐阜本巣特別支援学校の講演からの帰り道,同じ本巣市にある根尾谷断層に寄った。根尾谷断層といえば,高校の地学の教科書には必ずと言っていいほど写真が載っている,世界的に有名な断層である。

Img_3941

1891年(明治24年)10月28日朝6時半過ぎ,推定M8.0の直下型地震(濃尾地震)が発生し,この本巣市根尾周辺は震度7の激震に襲われた。朝ご飯を食べているままの状態でつぶれた家から発見された犠牲者もいたほど,あっという間の出来事だったようだ。その激震によってこの地域には大きな断層があらわれ,そのずれ幅は,中地区で左に7m,水鳥(みどり)地区では垂直に6mもの大きなずれだった。この地震によって断層が発生したことは,後に地震の原因が断層活動であると分かるきっかけとなった。

そのような貴重な断層を,いつかこの目で見てみたいと思っていたが,今回やっとその願いが叶うことになった。

私は,今まで教科書にある写真を見て正断層だと思っていたのだが,今回現地で観察したところ,それは大間違いであることが分かった。基本的には左横ずれ断層。それがよく分かるのが,根尾中学校を少し北に行ったところにある中地区の畑である。断層で約7mずれたお茶の生け垣が今も保存されている。畑の境界もそれぞれ数mずれてしまった。お茶の生け垣のすぐそばで土地の持ち主の方が農作業をしていたので話を聞いてみた。お茶は自分が飲むために栽培しているのだという。また,地震でずれてしまった土地は,ずれたままの形で所有しているとのこと。そのおかげでこうして今も地震の爪痕を見ることができるのだが,生活には不便だろうな~。



Img_3918_2 Img_3960_2 Img_3920

左:現在の写真。お茶の生け垣がグイッと曲がっているところが横ずれ断層。約7mのずれ。今は小屋が建ってやや見にくくなった。
中:小屋の建つ前の写真。
右:ここにある説明板。

有名な断層写真で知られる水鳥地区の方は,垂直に6mもずれた縦ずれ断層。本当なら横にずれたかったのだが,ここで断層が曲がっているために横にずれることができずに縦ずれになった部分。古い有名な写真を見ると断層崖が傾斜しているように見えるが,これは表面付近の柔らかい礫層が崩れたためのもののようだ。断層観察館でトレンチを見ると,見事に垂直な断層であることが分かる。切れ味の良い包丁でスパッと切ったような断層面は,見応えがあった。断層面に接している礫は,引きずられて立っている。

P8044761 Img_3992 P8044756

左:根尾谷地震断層観察館の反対側の展望台から見た根尾谷断層。有名な写真とほぼ同じ角度からの眺めとなる。
中:断層の近くにある記念写真の場所。
右:そこから振り返ると,根尾谷地震断層観察館がある。

P8044752 P8044750 P8044773

左:根尾谷断層のトレンチ。断層面に接している礫が引きずられて立っている。
中:左の写真の断面の地質構造。
右:6m隆起した側から断層観察館を望む。道路に段差があるのが分かる。(逃げ水で少しずれている)

岐阜本巣特別支援学校で「防災の日常化」講演

8月3日に,岐阜本巣特別支援学校の校内研修会で,「防災教育の日常化」のお話をする機会をいただきました。

前回,滋賀県での内容から,また少し内容を変えています。その後に起こった災害を取り上げ,東北大学の研究で明らかになった「災害を生き抜くための8つの生きる力」を追加し,先方からのリクエストで震災時の特別支援学校の様子について盛り込みました。

下のリンクをクリックすると,ブラウザでプレゼンを見ることができます。Prezi中の小さい文字や写真等は,クリックすると拡大します。

下の Start Prezi をクリックすると,この枠内で見ることもできます。下のフルスクリーン・アイコンをクリックするとフルスクリーンになります。

« 2015年1月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ