Twitter

最近のトラックバック

友人

教育

2015年8月17日 (月)

根尾谷断層の観察

岐阜本巣特別支援学校の講演からの帰り道,同じ本巣市にある根尾谷断層に寄った。根尾谷断層といえば,高校の地学の教科書には必ずと言っていいほど写真が載っている,世界的に有名な断層である。

Img_3941

1891年(明治24年)10月28日朝6時半過ぎ,推定M8.0の直下型地震(濃尾地震)が発生し,この本巣市根尾周辺は震度7の激震に襲われた。朝ご飯を食べているままの状態でつぶれた家から発見された犠牲者もいたほど,あっという間の出来事だったようだ。その激震によってこの地域には大きな断層があらわれ,そのずれ幅は,中地区で左に7m,水鳥(みどり)地区では垂直に6mもの大きなずれだった。この地震によって断層が発生したことは,後に地震の原因が断層活動であると分かるきっかけとなった。

そのような貴重な断層を,いつかこの目で見てみたいと思っていたが,今回やっとその願いが叶うことになった。

私は,今まで教科書にある写真を見て正断層だと思っていたのだが,今回現地で観察したところ,それは大間違いであることが分かった。基本的には左横ずれ断層。それがよく分かるのが,根尾中学校を少し北に行ったところにある中地区の畑である。断層で約7mずれたお茶の生け垣が今も保存されている。畑の境界もそれぞれ数mずれてしまった。お茶の生け垣のすぐそばで土地の持ち主の方が農作業をしていたので話を聞いてみた。お茶は自分が飲むために栽培しているのだという。また,地震でずれてしまった土地は,ずれたままの形で所有しているとのこと。そのおかげでこうして今も地震の爪痕を見ることができるのだが,生活には不便だろうな~。



Img_3918_2 Img_3960_2 Img_3920

左:現在の写真。お茶の生け垣がグイッと曲がっているところが横ずれ断層。約7mのずれ。今は小屋が建ってやや見にくくなった。
中:小屋の建つ前の写真。
右:ここにある説明板。

有名な断層写真で知られる水鳥地区の方は,垂直に6mもずれた縦ずれ断層。本当なら横にずれたかったのだが,ここで断層が曲がっているために横にずれることができずに縦ずれになった部分。古い有名な写真を見ると断層崖が傾斜しているように見えるが,これは表面付近の柔らかい礫層が崩れたためのもののようだ。断層観察館でトレンチを見ると,見事に垂直な断層であることが分かる。切れ味の良い包丁でスパッと切ったような断層面は,見応えがあった。断層面に接している礫は,引きずられて立っている。

P8044761 Img_3992 P8044756

左:根尾谷地震断層観察館の反対側の展望台から見た根尾谷断層。有名な写真とほぼ同じ角度からの眺めとなる。
中:断層の近くにある記念写真の場所。
右:そこから振り返ると,根尾谷地震断層観察館がある。

P8044752 P8044750 P8044773

左:根尾谷断層のトレンチ。断層面に接している礫が引きずられて立っている。
中:左の写真の断面の地質構造。
右:6m隆起した側から断層観察館を望む。道路に段差があるのが分かる。(逃げ水で少しずれている)

2015年1月28日 (水)

滋賀県防災教室指導者講習会IIにて「防災教育の日常化」プレゼン

1月27日に,滋賀県栗東市の栗東芸術文化会館SAKIRA(さきら)を会場に,「滋賀県防災教室指導者講習会II」が行われました。その中で,またまた「防災教育の日常化」についてお話をする機会をいただきました。前回の全知P連の内容に若干の修正を加えています。

http://prezi.com/fffzlogcsith/?utm_campaign=share&utm_medium=copy&rc=ex0share

Prezi中の小さい文字や写真等は,クリックすると拡大します。

下の Start Prezi をクリックすると,この枠内で見ることもできます。ちょっと小さいですが…。

また,時間の関係で最後の「情報提供・豆知識」のところを話せませんでしたので,ここに話そうと思っていた原稿を掲載します。「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "滋賀県防災教室指導者講習会IIにて「防災教育の日常化」プレゼン" »

2014年11月30日 (日)

全知P連連絡協議会「防災教育の日常化」プレゼン

2014年11月30日(日)に東京・都市センターホテルで行われた全知P連(全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会の連絡協議会で,「防災の日常化」という講演をしました。

その時のプレゼンをこちらからご覧いただけます。
Prezi中の小さい文字や写真等は,クリックすると拡大します。
下の Start Prezi をクリックすると,この枠内で見ることもできます。ちょっと小さいですが…。

取り急ぎアップします。
後ほど文章を追加します。

2014年3月 2日 (日)

自閉症・発達障害児者の支援ツール「コミュメモ」についての講演会を行います!

久しぶりの書き込みです。

この度,(株)おめめどう代表取締役の奥平綾子さん(ハルヤンネさん)と,(株)おめめどうオブザーバーの大西俊介さんをお招きして,仙台で講演会を開催することになりました。

仙台や宮城県で自閉症・発達障害児者の支援に関わっている皆さん(保護者,学校,施設等)や教職を目指している大学生の皆さん,ぜひ一緒に学びましょう!

テーマは,「コミュメモ」という筆談コミュニケーションです。自閉症・発達障害児の人に書いて伝える,また,書いて意思表示してもらうことによって,会話だけでは難しかった意味のある(機能的な)やりとりが成立するようになります。「コミュメモ」はそのためのツールで,用途によっていくつかの種類があります。

  • ◯×メモ
  • えらぶメモ
  • こたえるメモ
  • おはなしメモ など

自閉症や発達障害の人に視覚的支援は効果的ということはよく知られるようになりましたが,実は形だけをマネしてもうまくいかないことがあります。そこに隠された意味,やり方のコツ,考え方などは見ただけではなかなか分かりません。長年,息子さんの支援をしてきた奥平綾子さんから,「コミュメモ」の使い方やその意味,支援のコツや考え方などを伺いながら,視覚的支援の見えないコツを学びましょう!

  • 講師:奥平綾子さん(Ayako Okudaira)…ハルヤンネさん
  • 講師:大西俊介さん
  • 定員:30名
  • 参加費:1000円(お昼に軽食をご用意します)
  • 対象:自閉症・発達障害児者に関わる家族,学校,支援者等
  • 会場:Schaleおおまち
    • 仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル 4F
    • TEL:022-263-1402
    • カフェは3階ですが講演会は4階で行います。

Chirashiokudaira20140427_4


※チラシ(PDF)はこちらです。申し込みはチラシに記入してFAXしてください。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/29967076/chirashi-Okudaira20140427.pdf

※奥平綾子さんの近著はこちらです。
「自閉症・発達障害の人と伝えあおう、わかりあおう」
〜コミュニケーションメモ帳の使い方ガイド〜
著:奥平綾子(エスコアール出版部)
http://www.amazon.co.jp/自閉症・発達障害の人と伝えあおう、わかりあおう-奥平綾子/dp/490085168X

※障害ある人のいごこちのいい暮ら しを応援する おめめどう
http://omemedo.tanba-sasayama.com

【補足1】メモ帳に書いて伝えるということは,電源がいらないので,災害時にもいつもとまったく同じ方法でコミュニケートすることができます。日常やっていることが災害時にも使える。これもたいへん大事な点です。

【補足2】コミュメモは,文字が読める・書けるにかかわりなく使えるツールです。

2013年6月15日 (土)

6月12日:震災体験を伝えるということ

6月12日。1978年宮城県沖地震の起きた日です。当時小学6年生。地震の揺れは私が暮らしていた日本海側の鶴岡市にも伝わってきました。鶴岡では震度IV。東日本大震災を体験するまで,私の経験した最も大きな地震でした。

私が小学生だった1970年代の鶴岡は,1964年に起こった新潟地震の記憶がまだ鮮明で,避難訓練の度に担任の先生が新潟地震の経験の話をしてくれました。校庭で地割れが起こってこどもが挟まったという話には恐怖を覚え,宮城県沖地震の時に小学校の校庭で野球をしていた私は,この足下の地面が裂けたらどうしよう…と心配しながら三塁ベースの近くで揺れに身を任せていた記憶があります。

時が経って宮城県で高校の地学の教員になり,地震の単元になるときには,宮城県沖地震のときに何をしていたか,と周囲の先生にインタビューをして,それを単元の導入で使わせてもらっていました。修学旅行の引率中で,旅行先で一晩を過ごして仙台駅に帰ってくるまでがとても長かったと教えてくれた女性の先生,もう退職されているけど元気かな。幼稚園児で仙台市ガス局のガスタンクが爆発したのを見ていたという養護教諭の先生,フルーチェを作っている最中に地震が起き,地震後に台所に戻ってみたらフルーチェの中に棚からいろんなものが落ちていて悲しかったと言っていた講師の先生。そういう一人一人のエピソードは記憶に残って忘れられないものです。

うちの学校では今年から「学校安全計画」をしっかりと作成して,それに基づいて防災教育を行っています。6月12日(の前後)には,宮城県沖地震のことを朝のHRや帰りのHRで教えるということになっていて,うちのクラスでも,その指導を行いました。

朝の会では,女性の担任の先生から(小学1年生だったそうです),お友達がブロック塀の下敷きになって亡くなった話と,おばあちゃんの畑が液状化で大変なことになったという話がありました。私からは,帰りのHRのときに,宮城県沖地震の概略について(マグニチュード,震度,死者など)を東日本大震災と比較しながらお話しした後,ホワイトボードにブロック塀が壊れる絵を描いて,道路で地震が来たら何に気を付けるか,問いかけながら伝えました。

宮城県沖地震は,県民の多くが体験していて,それぞれにストーリーがあります。こういうストーリーを,さまざまな機会を捉えて伝えていくことが大事なんじゃないかなと思います。しっかりと授業時間を設定して行う防災学習も大切だけど,朝のHRなどのちょっとした時間に語られるストーリーにも,同じように力があると感じた6月12日でした。

Voice4uの自作データがバップアップできるようになりました!

Voice4uを使ってコミュニケーション支援を行っている人に朗報です。

iOS版バージョン2.5.2から,Voice4uで作ったデータがバックアップできるようになりました〜!
パチパチパチパチ!

http://voice4uaac.com/ja/tutorials/copy-data-ios-devices/

これでVoice4uのデータを失ってしまう不安から解消されます。以前, iPod touch がクラッシュして復元したときに,Voice4uのデータをうまく救出できなくて自作データを一から作り直したことがありました。あの時はとてもガッカリしました。そんな気分に陥ることも(ちゃんとバックアップすれば)なくなります。

また,私にとってこの機能の特にうれしいところは,学校の iPod touch を使って指導していた生徒が,自分用の iPod touch を買ってもらったときにデータをすぐに移行できるところです。これも今までは新しい iPod touch に一つ一つデータを作り直して保存する必要があり,とても大変でした。

試しに学校で使っている iPad のデータをバックアップして,自分の iPad に移し替えてみました。朝の会や帰りの会の司会用カテゴリがしっかり移植されて,私の iPad でも使えるようになりました。

この機能は確かバージョン1.0.0からリクエストし続けていたものですが,この機能を待っていたのは(そしてリクエストしていたのは)私だけではないはずです。いやー,うれしいな〜。

今後はカテゴリー単位でのバックアップができるようになると,さらにいいと思います。これからのバージョンアップも楽しみです。

Voice4uをお使いの皆さん,最新版にアップデートして,ぜひこのバックアップ機能を活用しましょう!

2012年7月28日 (土)

具体的な方法より前に価値感を共有する

講演会や研修会で一番伝えたくて一番伝わらないのが,価値感かもしれない。

うちの学校で夏休みに入って2つの研修会があった。一つは「分かって動ける授業づくり」で有名な藤原先生が校長先生をしている筑波大学附属大塚特別支援学校の安部先生の講演,もう一つはTEACCHについての講演(こちらは出張で聞けなかった)。

安部先生の講演は,私たちが2年前に取り組んでいた研究とシンクロするところが多く,心の中で何度も膝を打ちながら聞いていた。こどもたちが授業の中で分かって動けること,自閉症の人の文化を尊重して共存すること。これらのことは,そういう価値感をもっている人には言われなくても自明のことなんだけど,どうも周りを見渡していると,そういう発想のない人が少なくない。

MAP(みやぎアドベンチャープログラム)にしても,こどもたちの体験から学びを引き出していくとか,多様性を大切にしながら集団として機能させていくということは,私たちからすると当たり前のことなんだけど,これが意外なほど通じないことが多い。

講演会や研修にあるのは具体的な方法で,そのベースとなる価値感は,講演や研修の深層を流れている。もともとそういう価値感をもっている人のアンテナには引っかかる。でも,そういうアンテナを持っていない人は,自分の力でそれを掬い取ることができないのかもしれない。

何日も何時間もかけて具体的な方法を研修しても,価値感が共有できないままだと,結局身に付かない。逆に,価値感をしっかり共有できれば,具体的な方法は自分から学びたくなるんじゃないだろうか。

でも,価値感を共有するってムズカシイ。どうすればいいんだろう。

リッツカールトンのクレドと,クレドを使った毎朝のミーティングは,一つの参考になりそうだ。でも,講演会や研修会という1回きりの機会ではそういう方法は使えない。ワールド・カフェはどうだろう。これなら1回の研修でもなんとかなるか。

教師として大切にしていることは?
教師をしていてうれしいと感じるときは?
こどもたちが伸びるのはどんな授業?
こどもたちが幸せな人生を送るために,今必要なことは?

明日の日曜日,MAP研究会では「体験ベースのクラスづくりワークショップ」という研修会を行う予定だった。しかし,参加者がグループワークをするだけの人数に達しなかったので中止となってしまった。先日の初任研でも宣伝したのだけど,結局,初任研のMAP体験会を受けて参加申込みをしてくれた人はいなかった。「価値を伝える」とか「価値感を共有する」ということに,もっと気を配るべきだったと今,感じている。

でも,2時間に満たない体験会で,価値感の共有は至難の業だよね〜。2泊3日の初任研の宿泊研修の中の,せめて1日目の午後全部をMAPにやらせてもらえないかな…。

2012年3月25日 (日)

自閉症の妹を撮ったドキュメンタリー「ちづる」仙台で上映会

世界自閉症啓発デーにあわせて,宮城県自閉症協会が今年も映画を上映する。

映画『ちづる』公式サイト
http://chizuru-movie.com/index.html

公式サイトのムービーをまずはご覧ください。
そして,会場でお目にかかりましょう。

日時:平成24年4月1日(日)

   午前の部:10時00分〜11時30分
   監督講演:11時40分〜13時00分
   午後の部:13時30分〜15時00分

会場:仙台福祉プラザ 2階 ふれあいホール
   仙台市青葉区五橋2−12−2

料金:一般500円(宮城県自閉症協会の会員は無料)

申込みはこちらから→宮城県自閉症協会ブログ「映画「ちづる」上映会のお知らせ」

ホームページ「防災主任の学習室」立ち上げ

この度,「防災主任の学習室」という新しいホームページを立ち上げた。

防災主任というのは,宮城県教育委員会が,この4月からすべての県立学校に配置することにした防災担当教諭のこと。東日本大震災を受けて学校防災が大きく見直される中で新しく導入された役割なので,仕事の内容などはまだ明確になっていない。報道などによれば,おおよそ次のような役割になると思われる。

・防災面で学校と地域の橋渡し役(保護者,町内会,消防等との連携)
・災害に備えた緊急物資の確保など学校の防災機能強化と地域防災拠点機能の強化
・児童生徒の防災教育や避難訓練の企画・運営(自分で自分の命を守る主体性の育成)
・教職員向けの校内研修の企画・運営
・学校が避難所になった場合の運営サポート

県教委では,市町村教委にも配置を要請していて,4月から防災主任となる教諭は750名にも及ぶ見通しだ。その750人がどのような顔ぶれなのか興味があるが,おそらく,その中の相当程度の先生は,理科の教員ではないし,地学や自然災害の知識が特に高いわけでもないだろう。各校に1人しかいないので,学校で誰かに聞くわけにもいかず,前年度のファイルがあるわけでもない。学校では孤立無援。

となれば,学校の枠を越えて,防災主任同士が横のつながりを深めることで,なんとかやってていくしかないではないか。というわけで,インターネット上に防災主任が集える場があるといいなと思って作ったのが,この「防災主任の学習室」である。

同時に,Facebookには「防災主任の喫茶室」という秘密のグループもつくった。こちらは,私とFacebook上でつながりのある防災主任の皆さんに声をかけて,少しずつ参加者を増やしているところ。非公開の場で,いろいろやりとりができるといいなと思ってつくった。

学習室と喫茶室の2つの場を活用しながら,4月から始まる防災主任の仕事をしっかり務めていきたい。

2012年3月20日 (火)

「人が死なない防災」(片田敏孝・著)

Safari002人が死なない防災

片田敏孝・著
集英社新書

「釜石の奇跡」で知られる群馬大学教授・片田先生の新刊である。釜石の小中学生への防災教育がとても有名になったので,本書の内容も防災教育に関するものかと思うかもしれないが,それだけではない。題名の「人が死なない防災」の人というのは,子どもたちはもちろん,地域の人々全員を意味している。なので,本書の中で紹介される事例も,こどもたちのことだけではない。

災害によって地域の人が一人も死なないためにどうすればいいか。それを解く鍵は「主体性」にある。裏返すと,今の日本で生活している人は,昔の日本人より防災に対する主体性がないということだ。

どうしてそんなことになってしまうのか。自分はどうなのか。ぜひ,本書を手にとってお読みください。

Amazon「人が死なない防災」

■群馬大学・広域首都圏防災研究センター
 速報:釜石が繋いだ未来への希望−子ども犠牲者ゼロまでの軌跡−

より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

  • www.flickr.com
無料ブログはココログ